西浦和也さんの実話怪談。



「獄の墓」がJR板橋駅近くにあると、ネットでは書かれているようだが、埼玉にあるらしい。

2017.05.16 | ├ 実話怪談 | トラックバック(0) | コメント(22) |

獄の墓は確かに埼玉県某所に有りました

西浦和也さんのTwitterを遡ると
ヒントが隠されております。

私は、サワリの森について調べた後の次に、獄の墓を調べ、場所にたどりつきましたが、
障りを生じました。

今は完治しましたが、正直、お勧めできません

2017.07.17 16:35 URL | 獄の墓を探して障った野郎 #- [ 編集 ]

ご忠告ありがとうございます。

2017.07.17 23:23 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]

北与野

2017.08.05 06:28 URL | #KC6r7fPU [ 編集 ]

…というより、さいたま新都心。

2017.08.05 10:35 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]

あの下を北与野に向けて暗渠が通ってて、その先
手付かずの土地っつったらあそこしかないじゃん

2017.08.05 14:42 URL | #KC6r7fPU [ 編集 ]

>手付かずの土地

獄の墓には、フツーに家が建ってると西浦さんが言ってるから、手付かずの土地ではないでしょ。

むかしの中山道は県道164号で、コクーンシティが下原刑場跡。暗渠になっているのは、高沼遊歩道、JR用地、さいたま新都心合同庁舎1号館と2号館の間の道路、小学校の校庭の下まで。国土地理院地図だと、水色の破線になるから、確認してみましょう。

2017.08.05 16:40 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]

あれ?ビルも建ってないって言ってなかったっけ
俺の勘違いか

2017.08.05 19:39 URL | #KC6r7fPU [ 編集 ]

そんでこれに引っ張られたかな
https://twitter.com/nishiurawa1999/status/696540067989303296

2017.08.05 19:56 URL | #KC6r7fPU [ 編集 ]

西浦さんはそのように書いているけれど、

中山道分間延絵図(10巻之内1)および1920年の地形図などによると、北与野駅がある場所は、上落合村の神明社の鎮守の森なので、刑死した罪人の遺体を捨てた場所とは考えにくい。

ウィキペディアの「コクーンシティ」の項目に《江戸時代、一帯は野原で、下原刑場と呼ばれる処刑場であり罪人を高沼用水の河原で斬っていた》との記述がある。処刑した罪人の遺体は、江戸時代は、その場に打ち捨てたり、埋めたりするので、わざわざ500mも離れた北与野駅まで運ぶとは考えにくい。

調べると、「獄の墓」の話はどんどん怪しくなってくる。

ちなみに、ウィキペディアの「下原刑場」の項目は以下のとおり。
-----
江戸時代、中山道大宮宿の南方に、罪人の処刑場として下原刑場を設置した。現在の吉敷町にあたり、現在のさいたま新都心駅の東側一帯に相当する。当時一面原野であった。下原刑場は、主に武蔵国の罪人の処刑が行われ、長谷川宣以(鬼平犯科帳の長谷川平蔵)に捕らわれた盗賊団の頭目・真刀徳次郎の一族郎党の処刑(1789年[寛政元年]4月)も記録されている。大宮宿には罪人の親族が罪人と最後の別れを許された橋「涙(泪)橋」があり、説明板が設置されている。同様の橋は千住の小塚原刑場、品川の鈴ヶ森刑場近辺にもある。

1868年[明治元年]の明治天皇の氷川神社行幸の際に、地元から刑場廃止の嘆願書が出され、廃止に至った。跡地は片倉工業の製糸所として利用された。

1992年[平成8年]に工場が廃止されると隣接する大宮操車場跡地の開発であるさいたま新都心計画の一環として再開発が進んだ。工場跡地周辺はコクーンシティなどの商業施設が整備され、往時の面影を残すものは刑場の供養塔である「火の玉不動」のみとなっている。
-----

2017.08.05 22:57 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]

やっぱ埼京線って話自体がフェイクなのかな

2017.08.06 22:49 URL | #KC6r7fPU [ 編集 ]

これとかも
https://twitter.com/nishiurawa1999/status/589020181084573697

2017.08.06 22:50 URL | #KC6r7fPU [ 編集 ]

《各宿場町の(江戸寄りの街道筋)には、刑場や札所があります。そうやって探すと、色々見つかりますよ。ちなみに五街道でその例外になっているのが、品川宿隣接の鈴ヶ森刑場で、ここだけは江戸寄りではないんですよね。》←確かに、下原刑場も大宮宿の江戸側にあります。板橋刑場も板橋宿の、小塚原刑場も千住宿の(隅田川を渡った)江戸側で、鈴ヶ森だけ品川宿の京都側です。

「ブラタモリ」で大宮をやったとき、なぜか下原刑場(火の玉不動)と涙橋がスルーされてました。

2017.08.07 01:39 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]

フツーに家が建ってるとは言ってないよ
何も建ってないと言ってる

2017.08.08 00:33 URL | s #KC6r7fPU [ 編集 ]

《「死地」ではない》と言っている。

「死地」は、本来の意味では、1)死に場所、2)生きて帰れないかもしれない非常に危険な場所、3)せっぱ詰まった立場や状態という意味だが、西浦さんは、ふつうに家が建てられないので、学校などの公共施設が建っていたり、空き地になっている場所の意味で使っている。もともと警備会社に勤めていたので、業界用語なのかもしれないけど…。

そうではないと言っているんだから、公共施設などではない、何かが建っていると思われる。「獄の墓」が怖いのは、その土地のいわれも事情も知らずに、住んだり、仕事場として使っているかもしれないってことなんじゃないのかな。

しかし、べつのところでは、駅前なのに、空き地のままとも言っている。

2017.08.08 09:18 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]

学校などが建ってない
ビル一つ建ってない
自分が貼った動画でそう言っている

2017.08.08 14:54 URL | s #KC6r7fPU [ 編集 ]

三菱マテリアル工場跡なら、今も何にも建ってないけどね。
ただし、ここは、さいたま新都心駅前だけど、下原刑場跡地ではない(刑場跡地の隣)。

2017.08.08 16:56 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]

そもそも刑場と獄の墓は別でしょう
なんかフワフワしてきましたね
大丈夫ですけ

2017.08.09 01:30 URL | s #KC6r7fPU [ 編集 ]

関係なくはないでしょう。
亡くなったツキヨノさんは、出身小学校が処刑場跡で、
そのことを調べ、江戸時代の古地図を見て、
「獄の墓」を見つけたわけですから。

2017.08.09 17:19 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]

獄の墓をネットで調べようとしただけで前頭部痛と目が霞んでくる。こういうのを調べるのはワクワクするけど、これは本気でマズイ場所かもなぁ…。

2017.10.19 11:07 URL | #- [ 編集 ]

障るものは触るなってことですかね。

2017.10.19 11:30 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]

下原刑場跡はwikiにはコクーンシティ辺りと書いて有りますが、新都心駅西側辺りじゃないかと思っております。この辺りは、大宮宿の飛び地になっておりました。この辺りの村絵図を探しておりますが、なかなか見つかりません。大宮宿の飛び地南側に木崎村が有りまして、この辺りに(鴻沼用水南側)は下原と言う地名でした。(木崎村全図から)

西浦和さんの「獄の墓」を探している中で、1991年頃、浦和市役所から出てきた、「浦和宿絵図」の中に「捨場」が有り、今も法務省の管理されている場所が有ります。(西浦和さんの獄の墓とは違います)

2017.10.20 17:16 URL | 獄の墓を探して障った野郎 #- [ 編集 ]

下原刑場について書かれているかもしれない本が図書館にあるようなので、見てみます。

ちょっと怖いですが…。

2017.10.20 21:25 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/8186-8a677957