FC2ブログ
6月15日(火)の「乃木坂スター誕生」では、かっきー、弓木さん、やんちゃん、みゆちゃんでSPEEDの「Body & Soul」をうたった。


ちなみに、この歌の作詞・作曲は伊秩弘将…

甘い恋のかけひきは
言葉だけじゃ足りないから
痛い事とか恐がらないで
もっと奥まで行こうよ いっしょに…


BODY & SOUL / Speed

ガキ(当時SPEEDは中坊と小坊)にエロい歌うたわせてんじゃねえよw

…と叩いたのはオイラだけじゃない。別冊宝島のムック『音楽誌が書かないJポップ批評』あたりに載ってたのを読んだことがあるw

続きを読む

2021.06.16 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |



ケンシロウに秘孔を突かれ、「あべしっ!」と叫んで爆発するか、リンゴの皮のように顔面が裂け、寄生獣に変化する寸前の森進一w

森進一が歌番組に出ると目が離せないwwwww

2021.06.15 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |



Pérez Prado の“Mambo No.5”

Ahhhhh... Uh! とか、

Yo quiero Mambo. (私はマンボが好き)とは歌っているが、

Uhhhhh... Mambo! とは歌ってない。

誰が言いだしたんだろw

2021.04.10 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |

昨夜(4/6未明)、「NHK MUSIC SPECIAL」の再放送をしていた。ちょっと見たら、矢沢永吉が取り上げられていた。

日本の音楽ビジネスを切り開き頂点に君臨したYAZAWAがいま歌いたい歌をうたい言いたい事を言う前代未聞のTV番組。矢沢が若手アーティストたちに語る矢沢塾が開講!

デビューから49年、日本の音楽ビジネスを切り開き頂点に君臨したYAZAWAがいま歌いたい歌をうたい言いたい事を言う前代未聞のTV番組。ロックシンガーとして身につけた数々の経験を若手アーティストたちに語る矢沢塾が開講!門戸をたたくのは10代から40代の明日の日本の音楽シーンを担う8組のアーティストたち。万人に響く矢沢語録は必見。さらに矢沢自身が今一番届けたい名曲を厳選。こん身のパフォーマンスを披露!

(1)「矢沢永吉」

わが家では矢沢永吉は不人気である。以前、キャロルのメンバーだったジョニー大倉が矢沢はカネに汚いという暴露本を書き、それをワイドショーが取り上げ、家族が見ていたからだ。

しかし、音楽ビジネスについて調べると、矢沢のしたことってとっても画期的なのがわかる。この番組もそういった視点でつくられていた。

以前、CDの売上がどう分配されるかを書いた。

一般的なCD売上の内訳

音楽出版会社を立ち上げたり、原盤権を買い取ったり、ライブの肖像権やグッズ販売など、多岐にわかって先駆的だったのだ。

ビッグになってもアーティストの収益はぜんぜんビッグじゃない現実を変えようとした人なのだ。

しかも、ジョニー大倉の主張はイイガカリに近く、キャロルの解散もジョニーのワガママによるとのことだ。

矢沢永吉のキャロル解散原因はジョニー大倉の逆恨みだった?

それにしてもワイドショーってイイカゲンだな! 気をつけないと…w

2021.04.06 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |




オイラの推しメンもなかなか食えないからなw

2021.03.05 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |



説明(↓)

作曲における印税の仕組み《原盤印税と著作権印税》

これ、利益配分であるが、同時にリスク配分でもある。CDが売れなかった場合、この比率で損をするようになっているw

2021.02.21 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |



12月29日(火)に放送されたテレ朝「林修の今でしょ!講座 2時間SP」の内容が、10月31日(土)に放送されたNHKスペシャル「筒美京平からの贈りもの 天才作曲家の素顔」とまったく同じでクソワラタ!

NHKの方は、時系列に筒美作品を紹介し、それに松本隆、近藤真彦(自粛前w)、ジュディ・オング、笠浩二(C-C-B)、宮本浩次などのインタビューを交えた内容だったが、テレ朝の方は爆笑問題・田中裕二が選んだベスト20を音楽プロデューサー・武部聡志が解説するって形を取っていた(でも、内容はほぼ同じw)。

ちがいもあって、NHKの方には小泉今日子「なんてったってアイドル」や岩崎宏美「ロマンス」は紹介されなかった。

続きを読む

2020.12.31 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) |



あの宅八郎氏が亡くなっていたという記事。

 おたく評論家やコラムニストとして幅広く活動した宅八郎さん(本名・矢野守啓)が8月11日に都内の病院で脳出血のため死去していたことが4日、分かった。57歳だった。親族が明らかにした。

 親族によると、5月に都内の自宅で倒れ、病院に搬送された。小脳からの出血で、当初は意識はあったという。その後、別の病院に転院したが、意識不明の状態が続き、8月11日深夜に亡くなった。音楽に詳しい宅さんは最近では、2017年に亡くなった作曲家・中西俊夫さんの作品について論評したり、追悼イベントに参加していた。インターネットが急速に広がる中、「情報がタダで手に入る時代になり、昔と違って、活字の本が売れなくなった」などと嘆いていたという。

 宅さんは静岡県浜松市生まれ。法政大在学時は漫画研究会に所属した。1986年、CM制作会社に入社後は白元の「ダニ殺し」のCMを手がけた。その後、退社し、フリーライターに。おたく文化への注目が集まる中、90年から「宅八郎」を名乗り、トレードマークのマジックハンドを持ち、長髪という独特の風貌で活躍。出版社などを舞台にした騒動もあったが、鋭く精緻な論評は好評だった。「天才・たけしの元気が出るテレビ!」「とんねるずの生でダラダラいかせて!」などで「おたく評論家」の肩書で様々なメディアで活躍した。

 2007年4月に渋谷区長選に立候補し、「渋谷をもう一度、萌(も)える街にしたい」と訴えたが、5605票(4人中4位)で落選した。主な著書に「イカす! おたく天国」「処刑宣言」(太田出版)、共著に「オウム大論争」などがある。

12/4(金) 13:04配信
おたく評論家・宅八郎さん、今年8月に死去していた 57歳 脳出血のため 5月に自宅で倒れる

宅八郎氏といえば、森高人形(上図)だろう。森高千里の「非実力派宣言」のジャケ写(下図)からつくったフィギュアを持っていた印象が強い。



ご冥福をお祈りします。

2020.12.04 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |

「紅白は、今年だけが変なんじゃない、ずっと変だった」という、ぱくゆう氏の紅白歌合戦解説w

《10年分の出場者リストでわかる紅白歌合戦の異常さ》



「松田聖子枠」「郷ひろみ枠」「AKB坂道枠」「ジャニーズ枠」「企画枠」…

この○○枠として見てみると、今年だけが変なわけじゃないことがわかる。w

2020.11.16 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |

小室哲哉をずっとイジッテル人がいるんだけど…


これ(↑)の元ネタ(↓)


こっち(↑)が今日(8/17)炎上してた!wwwww

続きを読む

2020.08.18 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |

…というツイートがあった。



こんなことが書いてあった。

 ◆パプリカの花言葉は「君を忘れない」
 ◆MV投稿日は8月9日(長崎原爆投下日)
 ◆女の子がつけている赤いスカーフ(マント)は防空頭巾?
 ◆長崎「原爆の子の像」や千羽鶴などを彷彿とさせるシーン
 ◆MVに登場する彼岸花

もちろんそれに違和感を感じたからこんな記事を書いているわけだが、まずは、MVの内容をかんたんに説明しよう。

続きを読む

2020.01.16 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |

昨年の「紅白」を一言でいうと、タイトルのようになる。



AI美空ひばりに限らず、石川さゆりの「津軽海峡冬景色」もそうだった。お客さんをCGで海にしちゃうって何なんだろうね。竹内まりやが別室で歌ったのも、GCてんこ盛りでライブ感がまったくなかった。w

そして、その年に売れた歌をうたわせろ!だ。日向坂は去年デビューだから、去年の歌をうたったけど、指原いないのに「フォーチュンクッキー」とか、去年も「不協和音」でてち放心状態とか(「黒い羊」にしろよ!オイラは嫌いだけどw)、乃木坂は何うたってもヲタ以外知らないから「シンクロニシティ」で(・∀・)イイ!!けど…。w

あと、生歌にしろよ! 欅坂で倒れるのは、てちだけじゃ済まないだろうけど…。wwwww

バーチャル度が上がるとホントにライブ感がなくなる。その点でサイテーの「紅白」だった気がする。

2020.01.10 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |

エイベックスの松浦勝人社長のツイート。最初は匿名だったけど…



やっぱり…


小室哲哉、「貧すれば鈍する」なのか?

マサは(・∀・)イイ!!人だから、沢尻エリカにも「助け舟」出すわけね。

2019.12.30 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |

北野唯我とかいう人がこんなタワゴトを書いていた。

日本は「天才が生まれにくい」といわれる国だ。実際、勢いのある人の足を引っ張ったり、陰口を叩いたりする様子はあらゆる場面で見られるが、一方で「人はなぜ、天才を潰(つぶ)してしまうのか」については、これまであまり具体的に論じられることはなかった。

そんななか、この問題に一石を投じたのが先月発売された『天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ』だ。人を天才・秀才・凡人の3つに分類し、架空の企業を舞台にストーリー形式で進行。

「理解できない」という理由で天才を潰す凡人や、妬(ねた)みと憧れの相反する感情から天才を排斥する秀才の行動メカニズムをわかりやすく解説している。

著者の北野唯我(きたの・ゆいが)氏は、人材ポータルサイトを運営する「ワンキャリア」で最高戦略責任者を務める人物。デビュー作で11万部のベストセラーとなった『転職の思考法』の著者でもある。

   *  *  *

──天才・秀才・凡人の間でトラブルが起こるのは、お互いを評価する軸がそれぞれ、天才は「創造的かどうか」、秀才は「再現性があるか(ロジック的に通っているかどうか)」、凡人は「共感できるかどうか」で異なっていることが原因だと本書では述べられています。

だからこそ、凡人は自分が共感できない天才を迫害したり、知識による再現性を重視する秀才は既存の枠組みを超えた発想ができなかったりする、と。[後略]

凡人は共感できず、秀才は妬む──。日本で天才が育たない理由、構造を解き明かす!

《「米津玄師さんが10代のとき、クラシックの先生に習っていたら、絶対潰されていたと思うんです」と語る北野唯我氏》とあるが、凡人にこれだけ共感されてる米津玄師が天才って論理矛盾だろ。w

佐村河内守のゴーストライターだった新垣隆氏が本気でつくった作品を聴いたことがあるが、その良さがまったく理解できなかった。…というか、雑音との区別がつかなかった。しかし、彼が片手間でつくった交響曲“HIROSHIMA”なら、凡人にも共感できる。そして、本気作品の良さがまったく理解できないオイラも凡人。w

同時代人にはまったく理解されないことが天才の悲劇って、ゴッホの伝記を読めばわかる。天才は創造的すぎて、同時代の秀才や凡人には理解できない。しかし、未来の秀才に発見され、その存在を知った未来の凡人に共感される。これが天才。w

2019.02.19 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |



「ボヘミアン・ラプソディー」が売れて Queen がもてはやされてるわけだが、「フラッシュ・ゴードン」って Queen が歌ってるんだよね。w



MVにちょくちょく映像が出てくるけど、「スターウォーズ」よりも後につくられた作品とは思えない出来だ。B級の匂いがプンプンしている。w

「ボヘミアン・ラプソディー」を見たたぬたぬとオダナナに無視されていたジョン・ディーコンがベースをブンブン弾いて目立っている。w

MVの最後の方にちょっこと出てくる悪の皇帝ミン



って、ガキの頃テレビでやっていた「大魔王シャザーン」にそっくりだなと思っていた。

大魔王シャザーン(YouTube)

これを演じていたのが、「エクソシスト」でメリン神父を演じていたマックス・フォン・シドーだと知って大いに驚いた。いや、確かに顔は長いけどね。w

2018.12.26 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |


米津玄師の紅白出場をまさか“えだのん”のツイートで知るとは…。w



どうでも(・∀・)イイ!!けど、再生回数4億4184万回なんだけど…。w

2018.12.26 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |



「ボヘミアン・ラプソディー」を観た妹が「フレディ・マーキュリーが、パルシー教徒(インドのゾロアスター教徒)なのに火葬になったのは変だ」と言っていたので、調べたら、ホントにそうだった。そうだったというのは、パルシー教徒なのも事実だし、火葬になったのも事実ということ。

フレディ・マーキュリー(本名ファールク・バルサラ)は、1946年にイギリスの保護国であったザンジバル(現・タンザニア)で、ペルシャ系インド人でパルシー教徒の両親から生まれた。幼少期をインドで過ごし、1963年にザンジバルに戻ったが、翌年にザンジバル革命が起こり、タンガニーカと連合してタンザニア連合共和国が成立した。この際、家族は安全上の理由でイギリス(イングランド)に移住した。

ゾロアスター教徒は、神聖な火を遺体で汚すのを嫌い、火葬はせず、鳥葬を行っている。インドに移住すると、高温多湿で遺体が乾燥する前に腐乱してしまうので、「ダフマ(沈黙の塔)」と呼ばれる開口部のある円筒状の塔に置く。遺体は、鳥がついばんで骨となり、陽光で漂白されて、最終的には土に還る。

フレディ自身がどこまでパルシー教徒としてのアイデンティティを持っていたかは不明であり、イギリスで亡くなった場合、鳥葬を行うのは不可能であった。日本で行ったら、死体損壊罪に抵触する恐れがある。そこで遺言して火葬にしたようだ。

ちなみに、パルシー教徒は、裕福な家庭が多く(インド最大のタタ財閥が有名)、人口爆発中のインドの中でも少子化が進んで、人口が減少している。父親がパルシー教徒でないと、パルシー教徒と認められないので、女性が結婚して子どもができても、パルシー教徒にはなれない。それもあって数が減っている。

2018.12.20 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |



さいたまスーパーアリーナでのライブをドタキャンしたジュリーをマスコミがこぞって擁護しててワラタ。


オイラの知っているジュリーはこんな感じ…



囲み取材を受けていたのは、カーネル・サンダースか、スポーツライターの玉木正之氏で、ジュリーではないだろ。w



9000席のうち7000席“しか”埋まらない(座席率78%)からドタキャンしたそうだが、「響 -HIBIKI-」なんて、1か月の興行で映画館の座席の1割を埋めたのが4日間しかないんだから、ぜんぜん多いではないか?wwwww

ジュリーが「みえはるくん」なのは、1980年代に入って容姿が衰え始めると、奇抜な衣装や化粧でゴマカしていたので知っていた。これとか…



それまでバックバンドをしていた井上堯之バンドが解散したのは、そんなジュリーについて行けないからなんだってね。w

歌は上手いんだから、そんなところで勝負しなくていいのに…と思っていた。w

ボケてカーネル・サンダースとか玉木正之とか書いたけど、2013年にザ・タイガースが再結成されたときの動画を見たことがあるので、ジュリーの容姿のさらなる衰えは知っていた。w



でも、トッポ(加藤かつみ)の音程がヤバイのに対して、ジュリーはちゃんと安定している。そして、サリー(岸部一徳)だけ「現役」感がある。w

繰り返すけど、歌は上手いんだから、見栄なんて張らなくても(・∀・)イイ!!のに…。

2018.10.19 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) |



「タバコやの娘」


この歌の替え歌。


「まもなくかなたの (Shall we gather at the river?)」


さらに、その元歌。


2018.08.29 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |

  2018年7月27日の昼過ぎから夕方にかけて小笠原諸島に最も接近し、28日午後に伊豆諸島や関東甲信地方に接近する見込みの台風12号。

  その進路予想をあるミュージシャンのジャケット写真に見立てる人がツイッター上に現れている。

台風12号が「小田和正に似ている」!? 反り方が代表曲そっくり説




ジジイじゃないか?!wwwww


なお、秩父市三峰の予想雨量(7/28 10:00)は309mm/39hに減った。




Oh!Yeah! / 小田和正

2018.07.28 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |