荒川下流(河口~新荒川大橋)のトイレ地図です。右岸はだいたい数十~数百メートルおきにトイレがありますが、左岸は中土手にはほとんどないので気をつけましょう(荒川大橋=首都高速小松川線の南にはまったくありません)。

続きを読む

2007.02.04 | └ 自転車地図 | トラックバック(0) | コメント(8) |

野火止用水は、玉川上水の分水で、1655年に松平信綱が安松金右衛門に開削させた水路であり、黒目川と並行して流れていたが、川越街道以北は都市化でほとんど残っていない。黒目川は、小平霊園から、東久留米市、新座市を経て、朝霞市で新河岸川に合流する、荒川水系の一級河川である。

ここでは、玉川上水駅から野火止用水を、途中から目黒川を下って荒川右岸の朝霞水門まで、26.3kmの道を紹介する。

続きを読む

2006.04.15 | └ 自転車地図 | トラックバック(0) | コメント(2) |

黒目川は、小平霊園から、東久留米市、新座市を経て、朝霞市で新河岸川に合流する、荒川水系の一級河川である。野火止用水は、玉川上水の分水で、1655年に松平信綱が安松金右衛門に開削させた水路であり、黒目川と並行して流れていたが、川越街道以北は都市化でほとんど残っていない。

ここでは、荒川右岸の朝霞水門から目黒川を、途中から野火止用水をさかのぼって玉川上水駅まで、26.3kmの道を紹介する。

続きを読む

2006.04.15 | └ 自転車地図 | トラックバック(0) | コメント(0) |

石神井川に沿って、玉川上水の境橋から、江北橋付近の荒川自転車道までの道を紹介します。これは、玉川上水および多摩湖自転車道と、荒川自転車道を結ぶ道です。

続きを読む

2006.04.15 | └ 自転車地図 | トラックバック(0) | コメント(0) |

石神井川に沿って、江北橋付近の荒川自転車道から玉川上水の境橋までの道を紹介します。これは、荒川自転車道と、多摩湖自転車道および玉川上水を結ぶ道です。

続きを読む

2006.04.15 | └ 自転車地図 | トラックバック(0) | コメント(0) |

石神井公園付近の根ヶ原橋~蛍橋の両岸が工事のため通行できません。来年の3月末までの予定です。のとおりに迂回してください。

2006.04.15 | └ 自転車地図 | トラックバック(0) | コメント(0) |

神田川の神田橋(道路は杉並区堀ノ内3丁目からはじまる)から砧浄水場ちかくの多摩川を結ぶ道路です。地下に水道が通っているので、大型車の乗り入れが禁止されていて、自転車で走るのに都合がよいのです。

荒玉水道道路(神田川[神田橋]~環状八号線)

荒玉水道道路(環状八号線~砧浄水場)

続きを読む

2006.03.14 | └ 自転車地図 | トラックバック(0) | コメント(0) |

芝川自転車道は、芝川と新芝川に沿ってつくられた自転車道で、見沼代用水ヘルシーロードとつながる見沼通船堀近くの八丁橋と、荒川左岸の都市農業公園を結ぶ。大宮市から計画されているが、現在舗装されているのは八丁橋からなので、そこからを紹介する。

続きを読む

2006.03.12 | └ 自転車地図 | トラックバック(0) | コメント(0) |

芝川自転車道は、芝川と新芝川に沿ってつくられた自転車道で、荒川左岸の都市農業公園と、見沼代用水ヘルシーロードとつながる見沼通船堀近くの八丁橋を結ぶ。大宮市まで計画されているが、現在舗装されているのは八丁橋までなので、そこまでを紹介する。

続きを読む

2006.03.12 | └ 自転車地図 | トラックバック(0) | コメント(0) |

神田川のせせらぎ橋から石神井川の金沢橋付近までの道を紹介します。

続きを読む

2006.03.12 | └ 自転車地図 | トラックバック(0) | コメント(2) |

石神井川の金沢橋付近から神田川のせせらぎ橋までの道を紹介します。

続きを読む

2006.03.12 | └ 自転車地図 | トラックバック(0) | コメント(0) |

玉川上水は、江戸に設けられた上水道で、町人の庄右衛門・清右衛門の申請により着工、1654(承応3)年に完成しました。多摩川を水源とし、羽村を取水口とし、四谷大木戸を経て江戸城内、山の手、芝・京橋へ給水するとともに、武蔵野台地の村々に生活・灌漑用水として分水されました。

ここでは、玉川上水に沿って、多摩川の睦橋から、福生市の拝島駅を経て、西東京市と武蔵野市の境にある「境橋」までの道を紹介します。

続きを読む

2006.03.12 | └ 自転車地図 | トラックバック(0) | コメント(0) |

玉川上水は、江戸に設けられた上水道で、町人の庄右衛門・清右衛門の申請により着工、1654(承応3)年に完成しました。多摩川を水源とし、羽村を取水口とし、四谷大木戸を経て江戸城内、山の手、芝・京橋へ給水するとともに、武蔵野台地の村々に生活・灌漑用水として分水されました。

ここでは、玉川上水に沿って、西東京市と武蔵野市の境にある「境橋」から、福生市の拝島駅を経て、多摩川の睦橋までの道を紹介します。

続きを読む

2006.03.12 | └ 自転車地図 | トラックバック(0) | コメント(0) |