欅坂46の石森虹花みたいにおバカになる症候群ではない。宇多田ヒカル「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」が30代ママの間で流行っていて、それをこう呼ぶんだそうだ。

宇多田ヒカル「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」


優しい日常愛してるけれど
スリルが私を求める

家族ためにがんばる 君を盗んでドライヴ
すべては僕のせいです わがままにつき合って
二時間だけのバカンス いつもいいとこで終わる
欲張りは身を滅ぼす
教えてよ、次はいつ?

二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎 / 宇多田ヒカル

この歌について、『1998年の宇多田ヒカル』の著者・宇野維正氏が書いていた。

 先日、これまで一度も仕事をいただいたことのない女性誌から、宇多田ヒカルについての原稿依頼の連絡がきた。ここ数年、女性誌の売上部数トップを独走してきた30代ママ向けのファッション誌『VERY』である。依頼の内容は「『二時バカ』症候群について書いてもらえませんか?」とのこと。「『二時バカ』症候群」? えっと、宇多田ヒカルの動向に関してはそれなりにアンテナを利かせていますが、何のことを言っているのかさっぱりわからないのですが……。

     (中略)

「クローゼットの奥で眠るドレス/履かれる日を待つハイヒール」と宇多田ヒカルのパートから始まる導入部では、子育てに追われて遊びに行く機会がなくなったママが、ママ友を誘って「息抜き」のためにちょっとオシャレをして遠出する情景が浮かぶ。しかし、椎名林檎が歌う二番の歌詞、「家族の為にがんばる/君を盗んでドライヴ/全ては僕のせいです/わがままにつき合って」のあたりから、これが恋愛関係にある2人の歌であることがわかってくる。そもそも「二時間だけのバカンス」の「二時間」とは、ラブホテルの休憩料金時間なのではないか? となると、これは不倫の歌? てことは、『VERY』ママたちの間では不倫ソングとして流行ってるわけ?

『VERY』ママに蔓延中、宇多田ヒカル「二時バカ」症候群ってなんだ?

宇多田ヒカルの歌の中で「背徳性」を感じる歌が2つある。一つは“Passion”、もう1つは“HEART STATION”だ。これらの「背徳性」について、その背景にあるものがよくわからなかったが、この「二時バカ」の登場で、なんか理解できるようになった気がする。

続きを読む

2017.03.10 | ヒッキー(宇多田ヒカル) | トラックバック(0) | コメント(0) |

ヒッキー、めちゃくちゃ怒ってるな。

身内の者が世間をお騒がせしております。お恥ずかしい限りです。度々小遣い稼ぎに利用され傷ついた母が長年絶縁していた相手とはいえ、身内を悪くは言いたくないのでこれまで静観していました。彼が本当に母のためを思うならば公の場で醜態をさらさずに私に直接訴えればよいことです。

2013年10月11日 - 3:26


テレビや雑誌に出る度にギャラをもらっている人の発言・動機を鵜呑みにするような人達にどう思われようが構いませんが、汚い嘘に傷つき追いつめられる父を見て黙っていてはいけないと思いました。49日も過ぎました。母が安らかに眠れるように、この騒ぎが一刻も早く終息を迎えることを切に願います。

2013年10月11日 - 3:28

もちろん、あの方に対してだけど…。

藤三郎って誰よw

2013.10.12 | ヒッキー(宇多田ヒカル) | トラックバック(0) | コメント(0) |

藤圭子の実兄・藤三郎


が、『週刊文春』で、てるざね(宇多田照實)への恨み節を唱ってるらしい。さすが、“怨歌”歌手の実兄だな。w



くわしく知りたい人はコッチも…([1]の前半と[2][3])。

藤圭子・実兄の恨み「宇多田君(元夫)は生きてるときも死んでからも利用。もう妹を返して」

ぜんぜん関係ないけど、前川清さん、奥さんも子どももいるのに、前妻との性生活にかんする大昔のコメントを載せられて、イヤだろうな。w

で、三郎は、てるざねが仕切ってることが、気にくわないんだろうな。でも、妹が死んだ後にのこのこ現れて、週刊誌にネタ提供してるところが、さしこ(指原莉乃)の写真を売った男みたいで(なぜかこっちも『週刊文春』w)、なんだかなぁって感じ。「てるざねも胡散臭いが、こいつはそれを超えている」とかネットで言われたな。wwwww

ところで、ヒッキー(宇多田ヒカル)の名前って、てるざねがつけたんじゃないのか?

うちの母の趣味で、私は危うく「いちご」か「めろん」か「すいか」と命名されるところだったらしい。「光」になって本当によかったです。「椎名林檎」はかっこいいのに「宇多田スイカ」がめちゃダサイのはナゼ?

2010年11月25日 - 6:22

で、ヒッキーがこれに反論。

続きを読む

2013.09.07 | ヒッキー(宇多田ヒカル) | トラックバック(0) | コメント(0) |

藤桂子さん自殺の大きな原因の一つが「精神の病」だったことが、宇多田ヒカルさんと照實氏によって明らかにされた。

8月22日の朝、私の母は自ら命を絶ちました。

様々な憶測が飛び交っているようなので、少しここでお話をさせてください。

彼女はとても長い間、精神の病に苦しめられていました。その性質上、本人の意志で治療を受けることは非常に難しく、家族としてどうしたらいいのか、何が彼女のために一番良いのか、ずっと悩んでいました。

幼い頃から、母の病気が進行していくのを見ていました。症状の悪化とともに、家族も含め人間に対する不信感は増す一方で、現実と妄想の区別が曖昧になり、彼女は自身の感情や行動のコントロールを失っていきました。私はただ翻弄されるばかりで、何も出来ませんでした。

母が長年の苦しみから解放されたことを願う反面、彼女の最後の行為は、あまりに悲しく、後悔の念が募るばかりです。

誤解されることの多い彼女でしたが… とても怖がりのくせに鼻っ柱が強く、正義感にあふれ、笑うことが大好きで、頭の回転が早くて、子供のように衝動的で危うく、おっちょこちょいで放っておけない、誰よりもかわいらしい人でした。悲しい記憶が多いのに、母を思う時心に浮かぶのは、笑っている彼女です。

母の娘であることを誇りに思います。彼女に出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

沢山の暖かいお言葉を頂き、多くの人に支えられていることを実感しています。ありがとうございました。

25年8月26日

宇多田ヒカル



ご報告と謝辞

この度の故宇多田純子、投身自殺に於きましては、各方面の関係者の皆様、歌手藤圭子の大勢のファンの皆様、そして宇多田ヒカルのファンの皆様に多大なご心配と世間をお騒がせしていることに対して、所属事務所代表として、また25年間連れ添った元夫として心からお詫びを申し上げます。また、宇多田ヒカル並びに僕に対して沢山の心の籠った暖かいお言葉、お悔みをいただいたことに対しては、この場を借りて感謝の意を表明させていただきます。

通夜、葬儀に関しては、故人の遺言書に書かれていた本人の強い意志に従い、執り行わないことにしました。

出会った頃から彼女には感情の不安定さが見受けられましたが、心を病んでいるというよりも、類い稀な「気まぐれ」な人としか受け止めていませんでした。僕にとっては十分に対応出来る範囲と捉えていました。

この感情の変化がより著しくなり始めたのは宇多田光が5歳くらいのことです。自分の母親、故竹山澄子氏、に対しても、攻撃的な発言や行動が見られるようになり、光と僕もいつの間にか彼女にとって攻撃の対象となっていきました。しかし、感情の変化が頻繁なので、数分後にはいつも、「ゴメン、また迷惑かけちゃったね。」と自分から反省する日々が長い間続きました。とても辛そうな時が多く見られるようなった際には、病院で診察を受け、適切な治療を受けるよう勧めたことも多々ありましたが、このアドバイスは逆に、僕に対する不信感を抱かせることとなってしまいました。結果、本人が拒絶し続けた治療が成されないまま、彼女の苦しみは年を追うごとに重症化したものと思われます。

直近の12年間は、好きな旅に思い立ったら出かけるという生活を送っていました。アメリカは一回の入国で最長5年間の滞在許可がもらえるビザを取得し、ニューヨークを拠点に、ヨーロッパ各国、米国各地、オーストラリアなどを気の向くまま、頻繁に旅していました。

そのような環境の中、光と僕には昼夜を問わず、予期せぬ時間に電話連絡が入り、「元気?」という普通の会話が交わされる時もあれば心当たりのない理由で罵声を浴びせられる時もあり、相変わらず心の不安定さを感じさせられてとても気がかりでした。

最後に僕が純子と会話をしたのは今年の8月14日でした。純子からでした。この時は珍しく明るい口調で、元気そうな純子の声でした。約8分間、世間話を含め、お願いごとを何件か受け、了承し電話を切りました。その8日後の自殺となってしまいました。

純子として覚悟の上での投身自殺だったのか、衝動的に飛び降りてしまったのか、今となっては知りようがありません。最終的に僕から救いの手を差し伸べられなかった悔しさ、大切な人間を失った悲しさでいっぱいです。

これまで宇多田純子を、藤圭子を愛情を持って見守ってくださった方々全員に、本人に代わり、心から感謝いたします。ありがとうございました。

純子と過ごした日々は僕の記憶にはっきりと刻まれています。

平成25年8月26日


宇多田照實

08.26(MON) 11:50 8月22日の朝

これを読んで、妄想を抱いていたことから「統合失調症」だとか、感情に波があったことから「鬱病」だとか、憶測で書いている人がいたんで、驚いた。とくに、「統失」派は、遺伝するんでヒッキーかわいそうとか、余計なお世話だ。w

「知能の低下」が見られないから「統失」ではないでしょ。また、「鬱病」なら、過剰な「攻撃性」を説明できない。だから、どっちもちがうと思う。たぶんアレじゃないかと憶測wしてるんだけど、書きません。

遺族としては、憶測であることないこと書かれて迷惑だから、コメントを出したんだろうけど、逆効果だったみたい。

自殺して 浜の真砂は 尽くるとも 世に憶測の 種は尽くまじ

2013.08.27 | ヒッキー(宇多田ヒカル) | トラックバック(0) | コメント(0) |

藤圭子さんが亡くなられたので、その追悼として、2006年6月18日放送のNHK「トップランナー」の記事を書いた。出演してるのは、もちろん娘の宇多田ヒカルさん。そして、司会はナントあの人。w

その1 家族について


その2 歌づくり+子ども時代


その3 アーティストになって+好きなもの+突然の病


その4 病を発表+結婚


その5 客からの質疑応答w+新たなツアー


その6 新たなツアー


この番組、リアルタイムで見ていて、ブログに記事を書いたと思い込んでたけど、書いてなかったんだよね。

その1とその2で、家族(とくに母親)に振り回された子ども時代が語られている。小学校低学年で「明日からアメリカに行くよ!」で引越し、高学年になったとき「明日から日本に行くよ!」でまた引越し。両親が離婚するから「お父さんとはお別れよ」って聴かされたのに、いつまで経っても父親が出て行かない。尋ねてみたら、離婚はヤメにしたって話。そして「唯一思いどおりに行くことが勉強だった」は名言。これこそホントの「宇多田ヒカルのつくり方」なのだ。w

さらに、この放送の少し前に、“はしか”の予防接種を受けていなかった話をブログで書いていた。

2006/5/23 (Tue) 0:32 [「命拾いしたな・・・」と思う時]

おそらく、藤さんもこのようなあつかい(たぶん、もっとヒドイ)を親から受けていたんだと思う。連鎖するからね。この手の行為は…。

藤さんがあんな形で亡くなったので、さっそくマスゴミは美談美談の特集番組を垂れ流している。しかも、番組に出演するのは、昔の関係者ばかり…。“死者をむち打つな”は、日本的と言えば、日本的な報道のあり方なんだけど、こういう側面も示さないと、ホントの藤さんを知ることはできないだろう。

2013.08.23 | ヒッキー(宇多田ヒカル) | トラックバック(0) | コメント(0) |

 先日ツイッターでキラキラネームに言及した宇多田ヒカルが13日、「ついに政党の名前にもキラキラネームきたか…」とつぶやいている。

 小沢一郎氏の新政党名が「国民の生活が第一」に決定したのは11日のこと。13日朝に宇多田はツイッターで「ついに政党の名前にもキラキラネームきたか…」とつぶやくと、「こうなると『くまちゃんの肌触りは世界一』党の結成も夢ではないなおはようございくまぼんじゅーる“(`(エ)´)ノ彡☆ !!」とフォロワーにあいさつした。

 この的確すぎる(?)ツッコミには多くのフォロワーが反応。中には自ら考えたキラキラネーム政党を返信する猛者もいた。

 宇多田は先日、キラキラネームにツイッターで言及したばかり。そのときは「最近日本では風変わりな名前の子供が多いらしいけど、絶対読めない名前とか、日本語っぽくない名前とか、ちょっとかわいそうだなと思う。親御さんたちは愛情をもって名付けたんだろうけど…」とツイートしていた。(編集部・福田麗)

宇多田ヒカル「ついに政党の名前にもキラキラネームきたか…」 ツイッターでツッコミ

ぜんぜん関係ないけど、大津市の中学生いじめ自殺事件でデヴィ夫人がブログで広めた加害生徒の名前は、一見キラキラネームのようで、じつはクラシカルなんだな。w

2012.07.13 | ヒッキー(宇多田ヒカル) | トラックバック(0) | コメント(0) |

とヒッキーが言ってるね。w

でここにきて急に、英語でUtada名義でやってきたUniversalから"Utada the best"なるものが出ると聞かされました。なんと、同じ発売日にぶつけてきたの。宇多田ヒカルのシンコレ2の発売に、便乗するという商法です。

"Utada the best"は私の意志とは無関係のリリースです。新しい素材も入っていないし、心のこもっていない「商品」です。売れなかったら落ち目だとか叩かれるのは私だけど、正直、。Utada名義の過去作品を持っている人は、そのbestは買う必要は無いよ、と言いたい。

今の気持ち

会社の都合でベスト・アルバムが出るというのはよくある話です。決算の前とかに…。(爆)

“Utada Hikaru Single Collection Vol.2”と同じ日に発売というのは、ファンがまちがって買うのを狙ってるとしか言いようがない。むかし、オリジナル・アルバムとリミックス・アルバムをまちがえて買いそうになったことがあるんで…。

「売れなかったら落ち目だとか叩かれる」って、それはゲンダイ&サイゾーの仕事でしょう。wwwww

しかし、Universal (゚д゚)ウマー か、ゲンダイ&サイゾー (゚д゚)ウマー のどちらかってのが ( ゚д゚)、ペッ なわけですよ。オイラ的にも…。

2010.10.25 | ヒッキー(宇多田ヒカル) | トラックバック(0) | コメント(0) |

本日(1/19)は、宇多田ヒカルさん、27歳の誕生日です。

Flavor Of Life ― Ballad Version ―


画:宇多田ヒカル

2010.01.19 | ヒッキー(宇多田ヒカル) | トラックバック(0) | コメント(0) |

…のようですね。w



惚れたx2

ヒッキーの自転車のチェーンをはめてあげたのはオイラなんだよ。

…というウソはやめておこう。(爆)

なんか、“ぽぽんぶぐにゃん”さんが「覚醒剤でつぎに捕まる芸能人はヒッキー」って書いてたけど、それはないだろうな。理由は激ヤセしたから…。

2009.09.15 | ヒッキー(宇多田ヒカル) | トラックバック(0) | コメント(0) |



ヒッキーが描いた「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0」の人形使いの義体が破壊される瞬間の絵だそうです。

八月だー!
ほんとに
ひでぶ!!!
撃破の前
色塗ってみた

オイラも「攻殻機動隊」をDVDレコーダーに録画して見ましたよ。「パトレーバー」も…。(爆)

「攻殻機動隊」をちゃんと見たのはハジメテです。日テレで深夜やってた“STAND ALONE COMPLEX”はテキトーに見てたから…。

お話が思いっきりポストモダンしてましたね。(爆)

2008.08.03 | ヒッキー(宇多田ヒカル) | トラックバック(0) | コメント(0) |

い、イノッチ~!(´ロ`)

私の名前~!

間違っとるよ~!



無念!

無念!なのは、イノッチの結婚披露宴に出席できなかったから、だそうです。w

2008.05.11 | ヒッキー(宇多田ヒカル) | トラックバック(0) | コメント(0) |

ネタがないので、ヒッキーのクマちゃんの写真でも貼っておこう。w


「くまちゃんそこが定位置だね。壁ぎわにいるのが好きなの?」

『うん そうだよ ここにいれば寝てるときに ベッドから落ちる心配が ないからね』

「う・・・何度かくまちゃんベッドから落ちてたもんね・・・はは・・・」

『うん ぼく 寝相悪いみたい』

定位置

・・・・・

まあ、いつものことです。(爆)

2008.04.30 | ヒッキー(宇多田ヒカル) | トラックバック(0) | コメント(11) |

…が、“Day of Nattow”だったら笑えるんだが…。

 シンガー・ソングライターの宇多田ヒカル(25)が、ニューシングル「Prisoner Of Love」(5月21日発売)のビデオクリップで、ネタの宝庫ともいえる本物の作詞ノートを公開していることが8日、分かった。映像では、宇多田の私物の機材やテーブル、ソファなども使用され、曲を作ってゆく過程がそのまま再現されている。プライベートに近い姿に宇多田は「ちょっと恥ずかしいくらいです」と照れも見せている。

宇多田 作曲姿に作詞ノートも初公開

オイラ的にこれは資料的価値がありますよ。

ちなみに、“Day of Nattow”とはヒッキーが去年の7月10日の「納豆の日」からつくりはじめた曲のこと。詳しくは

納豆の日

を読んでね。(爆)


リンクがキレてたら…

続きを読む

2008.04.10 | ヒッキー(宇多田ヒカル) | トラックバック(0) | コメント(0) |

…のヒッキーの記事

方向音痴

によると、憧れの長谷川平蔵のお墓に行こうとして、ここ

四谷怪談/妙行寺・於岩稲荷/東京都北区・新宿区

に行ってしまったそうだ。w

「あっれ~?おかしいなあ、たしかここなんだけどなあ。長谷川平蔵のお墓らしきものは全然見当たらないなあ。」と、神社の中をうろうろすること10分。

やっぱりお墓は無い。

(今思えばあたりめーだ、だって神社だもん(アホ))

お墓は無いが、なにやら怪しい井戸が。

なんだろうこの封印とかいっぱいしてまつられてる井戸?すごく古そう・・・と横の看板を読むと


「四谷怪談、お岩さんの発祥の井戸」


(・ω・)へ?

・・・・

(|||」`□´)」ギャァァァァァァァァァァァァァァァアアア!!!!


リアルに怖い!!!怖いんだよこの井戸!!あまりにも不意打ちだったためにまじで怖いんだよ!

さすがのヒッキーもお岩様は怖いようだ。

ちなみに、あそこで怖いのは、お岩様ではなくて、お岩様で儲けようとしている連中の悪い念のほうだ。(爆)

2008.04.10 | ヒッキー(宇多田ヒカル) | トラックバック(0) | コメント(2) |

ちょwwwwwおまwwwwwwww

先月咳きが止まらなかった時にずいぶんお世話になった改源咳止液。

どうしても

咳止液w

が気になってしまう・・・


ちょwww 咳止液wwww 的な見方しかできない(;・`ω・´)


ネットのしすぎか_| ̄|○

ちょwww

ハイ、ネットのしすぎです。wwwwwww

2008.04.08 | ヒッキー(宇多田ヒカル) | トラックバック(0) | コメント(3) |

ここ

「ありがとう」と君に言われると、なんだかせつない

…でも書いたけど、オイラ、ヒッキーのポスターの受け取りを拒否しました。

そしたら、こんな記事が…

友達が、アルバムの発売日にタワレコでアルバムを購入してくれたらしい。

それは非常に嬉しい!

のだが!

「なんか、もれなくポスターがついてきた。」

あ、そう・・・


「いらないからヒカルにあげる。」


っつってうちに持って来やがった(´ロ`)


いやいやいやいやいや!

おれだっていらねーよ!!!

自分のポスター!!!(笑)


どうしよこれ。

いろいろ落書きとかして遊ぼうかな。

会社に返してもいいけど。

会社もいらねーだろ、なぁ?いっぱいあるだろうよ。

鍋敷きにでもするか。
(´・ω・`)

いらない

ナ、ナ、ナ、ナント、本人に返却ですか? スゴイですねぇ。w

2008.03.30 | ヒッキー(宇多田ヒカル) | トラックバック(0) | コメント(0) |

受験生にはおなじみの山川出版の『現代社会 用語集』のさくいんを見てたら“CHAGE&ASKA”という項目があったので、見てみた。

CHAGE&ASKA ① 1979年デビューの二人組ディオグループ。「ヤア ヤア ヤア」「セイ イエス」などヒット曲多数。

どーでも(゚∀゚)イイ!けど“YAH YAH YAH”と“SAY YES”が正しいんだが…

知ってる人は知ってることだけど、「①」っていうのは教科書に出てくる頻度です。“CHAGE&ASKA”について書かれている教科書が1つあるって意味。

で、問題なのはその上の項目

宇多田ヒカル ① 1983~ 母は演歌歌手の藤圭子。1998年「オートマチック」でデビュー。CDの売り上げなどの記録を塗りかえる大ヒット曲を連発した。

l>二世タレント ① タレントのなかで、親もタレントであった者。親がタレントで成功し、親の名声などを利用してなったとの評価もある。

l>藤圭子 ① 1951~ 演歌歌手。1969年「新宿の女」でデビュー。独特の雰囲気をもつ歌いぶりで、「命預けます」などのヒット曲を出した。

ちょwwwwwおまwwwwwwwww
この教科書、読んではいないが、どーゆー文脈で語られているか、一発でわかるような気がする。ヒッキーは、藤圭子さんの娘=二世タレントで、「親の名声などを利用してなったとの評価もある」ってことなんだろうな。

ちなみに、“l>”は関連項目って意味。それにしても、またまた「オートマチック」かよ。あと、「命預けます」よりも「女のブルース」と「圭子の夢は夜ひらく」のほうが有名だと思うんだが…。

でも、それって事実と異なるんだが…。

たしかにこんな感じで…



宣伝してたみたいだけど…。

ヒッキーのファンは、当時の20代前半が多かったんで、藤圭子さんをぜんぜん知らないはずなんだよなぁ。当時30代半ばだったオイラは「圭子の夢は夜ひらく」とか知ってたけど…。(爆)

だから、「親の名声などを利用してなった」とは言えないはずなんだが…。

思うに、この教科書執筆者が藤圭子さんにひじょうに強い思い入れをもっていたのではないかと推察するんだが…。(爆)

ちなみに、浜島書店の日本史資料集に「泉谷しげる」が出ていたことに、日本史のT先生が激怒していたな。いろんな人を出したなかに泉谷さんがいるんなら、怒らないんだろうけど、たしか「70年代を代表する歌手」に、「山口百恵」などが載っていないにもかかわらず、「泉谷しげる」が出ていたからね。オイラは「オフコース」が載っていないことに激怒したんだが…。w

そーいえば、センター試験に「尾崎豊」が出てましたね。w 「浜崎あゆみ」は、烏賀陽さんの『Jポップの心象風景』以外では、出ないんでしょうかね?(爆)

2008.03.25 | ヒッキー(宇多田ヒカル) | トラックバック(0) | コメント(0) |

ちょwwwおまwwwwww
「報道特集」ですか?

 シンガー・ソングライターの宇多田ヒカル(25)が歌う「Fight The Blues」がTBS・MBS系「報道特集NEXT」(4月5日スタート、土曜、後5・30)のエンディングテーマになることが19日、分かった。

宇多田ヒカル「報道特集-」と異色コラボ

ますます「井上陽水」化してますね。w

We fight the Blues
くよくよしてちゃ敵が喜ぶ
男も女もタフじゃなきゃね

キャスターの田丸美寿々さんにピッタリの歌じゃないですか? でも、それってヒッキーが生まれた頃の話なんだけど…。(爆)

でも、オイラにとって「報道特集」って、田丸さんじゃなくて、料治直矢さんなんだよなぁ。w くわしくは吉田戦車の「伝染るんです」を読んでください。(爆)


リンクがキレてたら…

続きを読む

2008.03.22 | ヒッキー(宇多田ヒカル) | トラックバック(0) | コメント(0) |

…って、立ってるのはクマちゃんじゃないですか?w



クララが立った!


あと、New Album “HEART STATION”3月19日On Sale!だそうです。w

New Album“HEART STATION”

予約購入者先着特典「宇多田ヒカルB2サイズ オリジナル・ポスター」

いらね!(爆)

2008.03.10 | ヒッキー(宇多田ヒカル) | トラックバック(0) | コメント(0) |

…をカテゴリに加えました。w

ヒッキーネタがけっこうあるんで、「音楽」カテゴリから分離しました。

ジジイ(小田和正)ネタも分離しなきゃならないんだけど、正直めんどくさい。w

あいかわらず、本人はくまちゃんと遊んでるけどね。w



Ayuさんの詞の特徴は、わかりにくいんだけど、言語化することが比較的かんたん。

そのわりに最近ぜんぜん書けてない。

ヒッキーの詞の特徴は、わかりやすいんだけど、言語化するのがむずかしい。orz

詩学(というのがあるのよ)の専門用語を勉強せんとイカンなぁ。めんどくさいなぁ。

2008.02.12 | ヒッキー(宇多田ヒカル) | トラックバック(0) | コメント(0) |