プロフィールに“AKB48”って書いてなかったので、ニュースになった。

  AKB48を2014年6月9日に卒業したばかりの大島優子さん(25)が7月1日、ソロとして初めてイベントに登場した。

  新たな芸能生活の船出となったが、出席した報道陣の一部からは違和感を覚える声も上がっている。配布された資料の大島さんのプロフィール欄に、「AKB」の文字が書かれていなかったのだ。

大島優子の経歴から「AKB」が消えた! 「原点」「宝物」だったはずなのに?

ゆうこ(大島優子)がドラマ撮影中にほとんどNGを出さないことは知られていない。ちなみに、この情報源は現・朝ドラのヒロインなんだけどね。彼女は、けっこうNGが多いらしく、ゆうこがNGを出したときに大喜びしてたな。w

ゆうこは、AKBに所属していたときも、撮影現場でダンスの練習などはいっさいしなかった。ホントは時間がないので、練習時間がほしかったようだ。しかし、7歳のときから、子役をやっていたから、このあたりの区別はちゃんとつけているのだろう。

ゆうこは、女優にとって、アイドルとしての実績なんて不要だし無意味だ、と思ってるんでしょう。

2014.07.04 | ├ ゆうこ(大島優子) | トラックバック(0) | コメント(0) |

昨日(6/23)のTBSラジオ「たまむすび」で…。



ゆうこには謝りたいが、謝れ!って言ってきた連中には謝りたくない。w

「モノノフ(ももクロ・ヲタ)になったら、モノノフが護ってくれる」との助言、ワラタ

2014.06.24 | ├ ゆうこ(大島優子) | トラックバック(0) | コメント(0) |

小田嶋隆氏、ゆうこに「死ね」
   ↑   ↑
とっくの昔に「鎮火」したのかと思ったら、まだ燻っていたのか。

まずあなたのお名前を教えてください。 RT @somburero @tako_ashi 大の大人がオーバーヒートして死ねと発言して恥ずかしくないですか? そもそも、あんた誰?ww

18:24 - 2014年6月21日


なるほど。 RT @BOKOBOKO42 @tako_ashi 何の生産性もないコラムニストごときが! 若い女の子の発言に狂気してんじゃない!アイドルファンじゃないが、お前みたいないい歳したおっさんで屑職業のコラムニストなんぞが切れ発言は胸糞悪い。

18:59 - 2014年6月21日


こたえなければいけませんか? RT @jpn1192g @tako_ashi とりあえず川に流されるのとコンクリで固められるのどっちがいいかな?

23:14 - 2014年6月21日

しかし、叩いている香具師も頭悪そうだな。最後のツイートなんて、もろ脅迫じゃん。通報されたらアウトなのに…。ゆうこのヲタではなく、騒ぎたいだけのバカじゃないかと愚考する次第です。w

2014.06.23 | ├ ゆうこ(大島優子) | トラックバック(0) | コメント(0) |

小田嶋隆氏、フジテレビ系のワールドカップ番組に出演したゆうこ(大島優子)の発言が気に食わず、disり続ける。

「自分に熱狂してください。それが一番大切だと思います」という大島優子による日本代表へのアドバイスをシメに、フジテレビのW杯番組が終了いたしました。

1:56 - 2014年6月20日


あんたがあんたに熱狂することを止めようとは思わないけど、他人にすすめるのはやめてもらいたい。

2:19 - 2014年6月20日


「自分に熱狂してください」ってなんだよ。良いこと言ったつもりなんだろうか。アキモトのスタッフが半端な知恵をつけたってことか?

2:24 - 2014年6月20日


死ぬまで自分に熱狂してろ。オーバーヒートして死ね。

2:25 - 2014年6月20日

あらら、「死ね」って書いちゃった。

これが原因で「炎上する」といういつものパターン。その後、「彼女に対して書いたんじゃない」的なイイワケを書いたんだけど、時すでに遅し…。ふだん理性的な人でも、感情的になり、「不規則ツイート→炎上」ってあるんだな!と思った。

ちなみに、ゆうこ推しだったオイラから言わせると、「自分に熱狂してください」なんて言っても、ゆうこはつねに冷静なんだよね。「ネ申テレビ」で、自分の感情と関係なく、表情をつくる方法を明治大学で講義してたくらいだから…。w

「自分に熱狂してください。それが一番大切だと思います」←テレビ画面のテロップに載せられる長さで発言する。これが彼女の芸能界生き残り戦術なのだから…。wwwww

それに煽られて、いい年のオジさんが「死ね」とツイート。どっちが冷静なのか?って問題だよな。

小田嶋さんがゆうこに直接会って話をしたら、めっちゃ気が合う可能性が高いんだよね。小田嶋さんはゆうこの頭の良さにすぐに気づくだろうし、ゆうこは小田嶋さんのようなインテリがけっこう好きだから。

2014.06.21 | ├ ゆうこ(大島優子) | トラックバック(0) | コメント(0) |

ゆうこ(大島優子)がAKB48を卒業した。


もりぽ(森保まどか)とゆうこ


ごくろうさん。




OFF COURSE “CITY NIGHT”

2014.06.09 | ├ ゆうこ(大島優子) | トラックバック(0) | コメント(0) |

この記事についてちゃんと書かないとダメかな?w

大島優子はAKB卒業後も、芸能界で生き残ってゆくでしょう。その理由は、彼女がみずからの凡庸さを、普通の人の何百倍も理解しているという非凡さ、にあるのではないかと思う次第です。

大島優子(25)の卒業と安室・あゆ・宇多田の25才

ものすごく違和感を感じるのは、比較対象の3人のうち、安室と宇多田が若くして活躍したのに対して、浜崎と大島は比較的遅咲きだった。だから、25歳の意味が、安室・浜崎・宇多田と大島が異なるのではなく、安室・宇多田と浜崎・大島では異なる、と書いた方がよいのだ。

  安室奈美恵…1977年生まれ→1995年avexに移籍(17歳)→2002年(25歳)
  浜崎あゆみ…1978年生まれ→1998年デビュー(19歳)→2003年(25歳)
  宇多田ヒカル…1983年生まれ→1998年デビュー(15歳)→2008年(25歳)
  大島優子…1988年生まれ→2009年AKB48総選挙2位(20歳)→2013年(25歳)


安室は、1992年に“SUPER MONKEY'S”としてデビューしたが、MAX松浦(松浦勝人)プロデュースの“「TRY ME ~私を信じて~”までヒットがなかった。その後、avexに移籍し、小室哲哉プロデュースでブームを起こした。1997年にTRFのSAMと結婚し、妊娠していることを明らかにし、出産のため産休に入った。1998年に復帰するが、翌99年、実母が殺害される事件が起き、その後、ヒットに恵まれなかった。安室の25歳は、SAMと離婚し、新たな出発となる時期となった。

浜崎は、1993年に女優デビューしたが、パッとせず、仕事も減っていく。その後、安室と同じく、MAX松浦のプロデュースで1998年にavexから歌手デビューし、翌99年に「女子高生のカリスマ」となった。浜崎は、安室より1歳若いが、一世代後の歌手である(宇多田とは同世代)。2002年が彼女の頂点であり、CD売り上げ減のなか、彼女のみがミリオンを達成した。浜崎の25歳は、その翌年であり、ほぼ頂点と重なっている。

宇多田は、1998年に“Automatic/time will tell”でデビューし、翌99年、アルバム“First Love”が860万枚以上(オリコンの売り上げデータは765万枚)売れた。紀里谷和明と、2002年に結婚、2007年に離婚した。宇多田の25歳は、アルバム「HEART STATION」のヒットと重なり、安室と同じく新たな出発の時期となった。

これに対して大島は、1996年(8歳)から子役として芸能活動を始め、2000年(12歳)からジュニアアイドルとして活動していた。しかし、その後、パッとせず、仕事も減っていく。2006年(17歳)、これがダメだったら社会福祉士になろうと受けたのが、AKB48第二期メンバーオーディションだった。これには合格したが、AKB48自体が売れなかった(2008年に、デフスターレコーズとの契約が打ち切られ、キングレコードに移籍)。結局、AKB48が注目を集めたのは、2009年の第1回選抜総選挙で、大島は20歳になっていた。この意味で、大島の25歳は、安室や宇多田とは異なるが、浜崎とは似て、彼女(というよりAKB48)の頂点と重なっている。

この間に、音楽シーンは激変し、そもそもCDが売れなくなった。安室・浜崎・宇多田のような“カリスマ”はもはや現れず、握手会や総選挙というイベントを利用して、地道に泥臭くCDを売るしかない。“カリスマ”になりようがない。こういった歴史的制約を無視して比較し、本人たちの特性のように語るのはいかがなものだろう。

2014.04.02 | ├ ゆうこ(大島優子) | トラックバック(0) | コメント(0) |

そもそも子役上がりで、芸能界で生き残るために、アイドルをやっていたわけだから、人生の本道に戻るって感じなのかな。

 AKB48の大島優子(25)が21日、テレビ朝日系「ミュージックステーション」に出演し、この日が歌手として同番組に出演する最後となることを発表した。AKB48を正式に卒業する日は6月2日に決定したが、卒業後は歌手ではなく、女優として活動していくことをあらためて口にした。

 大島は歌唱前に、司会とタモリとトーク。卒業後の活動について「歌よりもお芝居で表現していきたいんです。そのために、日舞や殺陣も勉強したいですね。アクションもやりたいです。ダンスをやってきたんで、体を動かせることを」などとビジョンを語った。その上で、初めてAKB48卒業を意識したのは「2年目の19歳です」と明言。「PVでお芝居をして、楽しいと思い、女優でいきたいなと思いました」と明かした。

大島優子Mステ最後の出演「もう歌手は」

彼女は、頭が良く、身体能力も高いので、芸能人でなくても、じゅうぶん活躍できる能力を持っている(AKB48で売れなかったら、社会福祉士になるつもりだったw)。ドルヲタのさしこ(指原莉乃)が言うように、「アイドルは歌もダンスもあまりできない方が良い」という定義wからいうと、いちばんアイドルらしくないアイドルだった(歌はうまくないがw)。アイドル「卒業」後の活躍に期待したいね。

2014.03.22 | ├ ゆうこ(大島優子) | トラックバック(0) | コメント(0) |



「私、大島優子はAKB48を卒業します。
こうしてAKB48として紅白に出演するのは最後になります」



この3年間、いつ卒業してもオカシクなかったから、あまり驚かなかった。この人は、心配することがほとんどないので、「がんばってね」って言うのもヘンな気がするな。

でも、がんばってね。(爆)

続きを読む

2014.01.01 | ├ ゆうこ(大島優子) | トラックバック(0) | コメント(0) |

叛逆ののぞみん @noz_mint07

声優やアイドルへの手紙やプレゼントが手渡し禁止な現場で直接手渡ししてしまうヲタ芸を「山本太郎」と命名します。

2013年11月3日 - 15:40

むかし、ゆうこ(大島優子)の兄が、握手会に行って、ゆうこの頭を「この~」ってこづこうとして、「剥がし」に取り押さえられた事件を思い出した。ゆうこは、「兄です」って言ったら言ったで混乱するだろうと、放置したそうだ。

この話をツイートしたら、お兄さんの安否を尋ねるコメントが一件だけあった。(爆)

2013.11.04 | ├ ゆうこ(大島優子) | トラックバック(0) | コメント(0) |

フジテレビの「ガリレオ」にゆうこ(大島優子)が出てた。






#03 心聴る-きこえる-

真犯人は、脇坂睦美(大島優子)に一方的に思いを寄せ、睦美に近づいた(と思える)男たちを破滅させようとした同僚だった。特定の人にだけ“呪いの声”を聴かせる装置を使い、社長を自殺させ、上司を刃物をもって暴れさせた。

前者の場合は「殺人罪」が成立する。自殺の決意を抱かせることで人を自殺させた場合は「自殺教唆罪」となり、脅迫など心理的・物理的強制で自殺する以外に道がないと思わせて自殺させた場合は「殺人罪」となる。この場合は、“呪いの声”を繰り返し聞かせ、心神耗弱状態に陥らせて自殺させたので、「殺人罪」となる。

2013.04.30 | ├ ゆうこ(大島優子) | トラックバック(0) | コメント(0) |

『週刊文春』のこの記事!


「AKB大島優子 封印された「児童ポルノ」の過去 衝撃写真発掘!」。

どんな写真が出てくるのかと思ったら、


この程度のものだった。

まあ、これでも喜ぶ人はいるんだよね。人の性癖というのは多様だ。wwwww

オイラ的にはこれくらい



のものが出てくるのではないかと期待したのだが…。

ちなみに、この画像は、篠山紀信撮影のエヴァ女優・栗山千明さまの正真正銘の児童ポルノ(発売当時は合法)。ゆえに自主規制させていただきます。(爆)

2013.01.17 | ├ ゆうこ(大島優子) | トラックバック(0) | コメント(0) |

ダンサーで振り付け師でもある夏まゆみさんがゆうこ(大島優子)について語っています。

そして、伍代夏子さんのシーン。

バックでは、AKB48から大島・柏木・横山・島崎が初の和の舞に挑戦してくれました。

出番いっぱいで大忙しのAKBだからね、私に与えられた4人揃ってできる練習時間が1時間もなかった(>_<) そんな中、4人全員が集中してよくがんばってくれました。

何より嬉しかったのは、次の出番も迫っているだろうに次の衣装への早替えの時間も忘れて、出番を終えてもなつのそばに残り、大島が言ってくれた言葉。

「夏先生、ありがとうございました。 この時期にこうして夏先生の指導を受けることができて、また気付かせてくれたこともあって、本当によかったです。 夏先生の指導を受けたことの無い他のメンバーにとっても、すごく勉強になったと思います。」 その表情と瞳はすごくまっすぐで、自分のことも後輩のことも考えた、立派になった証を目の当たりにした嬉しい瞬間でした。

大島優子。。。 彼女は今の言い方で言う2期生(当時はチームK)として、AKBに入ってきました。 最初から歌も踊りもこなす、優等生なイメージが残っています。 当時劇場リハーサルをしている時も、常に冷静で平常心を保っている、どこかクールで、他の泣き虫で甘えん坊なメンバーとは違った、すごく大人な空気感を持っていた印象があります。 実は、紅白の舞台裏では毎年、歌番組の楽屋の通路などで時折、挨拶を交わす程度の機会は何度かあったけど、今回こういった形で再会できて本当によかったと心から思います。 言ってくれた言葉、絶対忘れないょ、ずぅーーーっと応援をし続けるよ、大島(^^) ありがとう。

謹賀新年

ゆうこはその道のプロからの評価が高い。

この人も評価しているけど…。

年末のSKE48とももクロは凄かった

かんべんしてください。w

2013.01.04 | ├ ゆうこ(大島優子) | トラックバック(0) | コメント(0) |

今回チームK、そして同期である
増田有華がAKBの活動を
辞退することとなりました。


突然のことなので驚きましたが、
有華はもう大人です。

有華が決めた決断に何かを問うことは
したくありません。



キャプテンとして何も出来なかった無力さを感じています。



同期としてAKBの活動をしてきて、
組閣で再び同じチームとなり
スタートした仲間です。


AKBを辞めても、環境は違えど
関係は変わりません。


有華の夢に向かって
頑張り続けてほしいです。



有華、頑張ろう。

チームK キャプテンより

チームリーダーというより、同期だし、旧チームK時代、ゆったん(増田有華)には、歌で世話になっているので、コメントしたんでしょうね。

案の定、いろんなところで叩かれてますが…。

コメントしても叩かれ、コメントしなくても叩かれる。メンドクサイ仕事だな。

2012.11.30 | ├ ゆうこ(大島優子) | トラックバック(0) | コメント(0) |

昨日(11/18)、こんなことがあったそうだ。

 俳優・伊藤英明が主演する映画『悪の教典』(公開中)のAKB48メンバー限定特別上映会が18日に都内で開催され、大島優子、柏木由紀、秋元才加ら38名が鑑賞した。興奮するメンバーもいる一方で、高校教師が担当クラスの生徒を惨殺していく衝撃的な内容に、大島は上映後すぐに退場。「私はこの映画が嫌いです。命が簡単に奪われていくたびに涙が止まりませんでした。映画なんだからという方もいるかもしれませんが、私はダメでした。ごめんなさい」と素直な感情を吐露した。

 本上映会は、主演の伊藤がAKB48の12thシングル「涙サプライズ!」(2009年)のミュージックビデオに英語教師役として出演していたことから企画され、この日会場に駆けつけた伊藤と当時生徒役だったAKB48との“師弟関係”が再現された。

大島優子、『悪の教典』上映後すぐ退場 「私はこの映画が嫌いです」

ゆうこにしてはめずらしいですね。この映画を見ていないので(見る気もないけど)、なんとも言えません。

北野武監督は、暴力シーンは見ている人が“痛い”と思うくらいじゃなければいけない、と言ってます。痛みが伝わらないと、暴力に走る人間の歯止めにならないからだそうです。この映画はどうなんでしょうか? 「命が簡単に奪われていく」と、ゆうこは言っているのですが、頭を撃ち抜かれたんではないなら、けっこう苦しむんだけど、それがないのかな?

「涙サプライズ!」

2012.11.19 | ├ ゆうこ(大島優子) | トラックバック(0) | コメント(0) |

オイラが最初に知ったAKB48のメンバーは、同じ「大島」でも、大島麻衣の方だった。これは、教え子がガチでヲタだったから。w

2010年くらいから、AKBがやたらとテレビに出るようになって、ゆうこ(大島優子)はバラエティでかなりウマイ受け答えができるので、認知するようになった。

それでも、まりこ(篠田麻里子)の方がキレイだから、「まりこ様のおりこうさま!」あたりから意識してAKBの出ている番組を見るようになった。あと、ツイッターを始めたら、まりこがめちゃくちゃ目立つんだよね。

ところが、「週刊AKB」の「中間テスト」をYouTubeで見たら、まりこ様があまり「おりこうさま」でないことを知り、まりこに勉強を教えていたゆうこに注目するようになった。

本格的にゆうこ推しになったのは、「ネ申テレビ」の海女とか、富士登山とか、大学生相手に講義とか、ハイパーレスキューを見てから。ホントにゆうこは何でもできる器用な人だな、と。

このあたりから、フォトブックを買ったり、「AKBINGO」や「週刊AKB」を見るようになった。あのフォトブックだと、チームK推しになるよね。オカロ(秋元才加)、さえ(宮澤佐江)、梅ちゃん(梅田彩佳)とか。オイラが見はじめたころ、ゆうこは、「AKBINGO」には出てたけど、「週刊」にはもう出てなかったけどね。

オイラの場合、かなり早い段階からDD(誰でも大好き)になっていた。そもそも入り口がまりこだったし、Not yet からきたりえ(北原里英)、「マジすか学園」から(れ・ω・な)(松井玲奈)にも関心が…。ちなみに、さしこ(指原莉乃)は、フォトブックが出るまで、あんまり好きではなかった。w

あとは連鎖的に、きたりえ→地方組(大家志津香・指原・横山由依)→なっちゃん(平嶋夏海)→渡り廊下走り隊(渡辺麻友・仲川遥香など)・ゆきりん(柏木由紀)、「情熱大陸」であっちゃん(前田敦子)、フトモモちゃんのたかみな(高橋みなみ)推し→こじはる(小嶋陽菜)・みいちゃん(峯岸みなみ)、(れ・ω・な)→しゃわこ(秦佐和子)→「マジカル・ラジオ」でSKE48、「AKBINGO」でチーム4、さしこ左遷wでHKT48、「げいにん」でMNB48などなど。

気がついたら、ゆうこよりもさしこの方が記事が多かったり、最近は、バニたん(宮脇咲良)、まどか(森保まどか)、ひとみん(山本ひとみ)の記事が多い。

ゆうこ、ごめんね。w

でも、浮気性のオイラには、これだけ人数がいる48グループは、なかなか飽きられないので、逆に(・∀・)イイ!!かも。(爆)

2012.10.17 | ├ ゆうこ(大島優子) | トラックバック(0) | コメント(2) |

さっき「AKB48まとめんばー」を見たら、かなり(・∀・)イイ!!話が載っていた。

岩手県遠野で生まれたローカルヒーロー、マブリットキバの“中の人”が、東日本大震災の被災地の一つ、岩手県山田町の小学生を連れて、同県滝沢村で開催された握手会に行き、ゆうこ(大島優子)に会ったときの話が紹介された。

大島優子と被災地の子供たちのいいお話

マブリットキバはこんなヒーロー。



去年(2011年)5月22日、AKB48の大島優子、篠田麻里子、柏木由紀、指原莉乃、SKE48の松井玲奈、NMB48の山本彩が、山田町を訪問し、同町の子どもたちを勇気づけた。

子どもたちは「自分たちを勇気づけてくれた、AKB48さんにお礼を伝えたい」ということで、マブリットキバ(の中の人)が子どもたちの書いた感謝状と手紙をメンバーに届けることになった。

最初は運営に郵送先を聴くつもりだったが、劇場支配人の戸賀崎さんに偶然会うことができ、ゆうこをはじめ訪問したメンバー全員に手渡すことができた。



真ん中が“中の人”。w

で、6人は、寄せ書きを書き、“中の人”へ。



“中の人”は、このことを子どもたちに報告し、子どもたちはメッセージを書いて、ファンレターとして送ったそうな。











詳しくは、コチラでね。ただし、長い。wwwww
   ↓   ↓   ↓
AKB48さんに「ありがとう」の手紙を届けました

で、昨日(10/7)、子どもたちの代表がゆうこに会ったというわけです。

(・∀・)イイ!!話だな。(涙)

2012.10.08 | ├ ゆうこ(大島優子) | トラックバック(0) | コメント(0) |

あっちゃん(前田敦子)じゃなくて、ゆうこ(大島優子)がね。w

会場大歓声、ちょっと間を置いて

「この度はご心配をおかけしました」

深々とお辞儀。顔上げると涙。胸のあたりを手でぽんぽんして必死に泣くのを我慢する感じで

「みなさんに会えて良かったです」

泣き笑いの表情。

会場からは「頑張れー」「泣かないでー」の声が飛び、気持ちを切り替える様に

「今日楽しんじゃってもいいですか~?」

と笑顔。会場大歓声!

なんで謝っているのか、よく分からんな。なんか悪いことしたのかね。

「世間を騒がした」という理由で謝罪を要求し、それに応じるのは日本人くらいじゃないのかな。

ただし、騒がしたのも、ゆうこじゃないんだけどね…。w

続きを読む

2012.09.15 | ├ ゆうこ(大島優子) | トラックバック(0) | コメント(0) |

競泳男子400メートル個人メドレーで萩野公介くんが銅メダルを獲得した。

 萩野公介(17=作新学院3年)が、3連覇を狙う北京五輪8冠のマイケル・フェルプス(米国)をかわし銅メダルに輝いた。予選で自らの日本記録を更新していた。決勝ではそれを大きく上回る4分8秒94の記録をたたき出した。

 世界ナンバー3に輝いたスイマーも、プールを離れれば17歳の高校3年生。AKBの大ファンで6月の選抜総選挙では会場の日本武道館に足を運んだほど。「アイドル同士の激しい戦いは真剣そのもの。真剣に取り組む人の姿は感動します」と、自らの真剣勝負とオーバーラップさせ刺激を受けた。

17歳萩野が銅!フェルプス破った/競泳

ゆうこ(大島優子)推しらしい。w

そのことをゆうこもブログに書いていた。w

栃木、作新学院の萩野公介選手が
銅メダルを獲得しましたね><

栃木の星です!

さらに私を推しメンだと言ってくれて
いるそうで、
嬉しいです

私も栃木の星、と言われるように頑張ります!

銅メダル、おめでとうございます!

栃木の星☆

“ピンチケ”とか言って罵るヲタはさすがにいないな。w

ピンチケ  AKB48劇場で販売される中高生向けのピンクのチケット。学生証を見せることで3000円の公演を1000円安い2000円で見られる。転じて、劇場に通う素行不良、常識知らずな中高生を揶揄する言葉としても使用される。

2012.07.30 | ├ ゆうこ(大島優子) | トラックバック(0) | コメント(0) |





ゆうこ(大島優子)の吹き替えですよ。w

2012.07.21 | ├ ゆうこ(大島優子) | トラックバック(0) | コメント(0) |

ゆうこ(大島優子)が賞をもらったそうだ。

 映画「闇金ウシジマくん」で転落ヒロインを演じている人気アイドルグループ「AKB48」の大島優子さんが、12日から行われる北米最大の日本映画祭「JAPAN CUTS~ジャパン・カッツ!」で、若い才能に与えられる賞 「Cut Above Award for Outstanding Debut」を受賞することが、わかった。大島さんは「女優として賞をいただいたこともなかったですし、遠く離れたニューヨークの映画祭で評価をいただいたと聞いて、とても光栄に思っています」と喜びを語っている。

<大島優子>米日本映画祭で初受賞 転落ヒロイン役で評価

ぜんぜん関係ないけど、これにかんする「まとめんばー」の記事のコメント欄がめちゃくちゃ荒れてるな。

大島優子が米日本映画祭で初受賞

2012.07.13 | ├ ゆうこ(大島優子) | トラックバック(0) | コメント(0) |