FC2ブログ
「美少女戦士セーラームーン」については、1990年代に話題になっていたので、知らないわけではないが、このような傾向についてはまったく知らなかった。




妹が2人もいるので、オイラの感覚は、佐藤順一監督よりも幾原邦彦監督よりってことになる。w

続きを読む

2020.05.22 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

大河ドラマ「麒麟がくる」の放送が中断するらしい。

 安倍晋三首相が緊急事態宣言を延長する方針を示したことを受け、NHKは1日、長谷川博己(43)主演の大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)の放送を6月に中断することを大筋で決めた。

 同作は4月1日から撮影が止まっている。それ以前に収録されていたのは、6月7日放送の第21話分まで。5月中に撮影を再開できなければ、6月14日以降の放送に間に合わないい。正式決定は5月4日に宣言延長が発表されてからだが、同局関係者は「5月中に撮影を再開することはできないだろう。6月14日の放送に間に合わせるのは不可能だ」と話した。

 報道特番などでの休止はあるが、撮影が間に合わずに放送ができないとなれば異例の事態。総集編や再放送で対応するとみられる。

 NHKは4月1日に撮影を同12日まで見合わせることを発表。さらに、緊急事態宣言が出た同7日に休止期間を延長。「収録の再開は状況を見ながら判断する」とし、当初の宣言の期限を終えた5月7日以降に撮影を再開する予定だった。

 今作は放送開始も当初予定の1月5日から2週遅れの同19日にスタート。昨年11月に出演者の女優沢尻エリカ(34)が麻薬取締法違反罪で逮捕され、川口春奈(25)を代役に立てて撮り直したためだった。

 放送が越年する可能性も出てきた。東京五輪・パラリンピック期間に5週間の放送休止を予定していたため、例年より5話少ない設定。関係者は「五輪とパラが延期となり放送枠が空いたため、スタートの遅れもここで取り戻せるはずだった」という。だが、中断期間が長くなれば放送が年内に収まらない可能性も出ており、「年内に終わらせるためには1日に2回分放送するなど柔軟に考えていかなければならない」と話した。越年となれば、1~12月の暦年制で放送する大河ドラマでは初めてのこととなる。

[ 2020年5月2日 06:00 ]
大河「麒麟がくる」6月に放送中断…撮影再開できず、越年の可能性も

エリカ様逮捕でケチがついたが、コロナで撮影中断→放送中断とは運がないな。

しかし、オイラ的には越年しても見たいですよ。てか、来年の大河も撮影できないから、来年から4月スタートになったりして…。

2020.05.02 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |





れもんたも、玉川徹氏をよく知らないのに、よく書くね。w

続きを読む

2020.04.01 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

正しくは「東京警備指令 ザ・ガードマン」だそうだ。



ガキの頃、夜ふかしして見ていたが、夏になると必ず怪談モノを放送するんで、妹たちは震えあがっていた。w

YouTubeで「ザ・ガードマン 怪談シリーズ」で検索するとけっこう出てくる。これを書いている段階では観ていないが…。


宇津井健は、「赤いシリーズ」など大映ドラマのわざとらしい演技wがこのころはまだ鼻についていない。ちなみに、これも大映ドラマではあるが…。w

中条静雄は、のちに朝ドラ「雲のじゅうたん」で主人公へばちゃん(浅茅陽子)のガンコ親父を演じ、そっちのイメージの方が強くなった。

エンディングの前で成田三樹夫が「俺の金だぁ」と言いつつ死んだ?ようだが、昔のドラマは俳優で善人か悪人かわかるくらい役が固定していた。

藤巻潤は、犯人に暴行されてケガをしたり、犯人に殺されそうになる役が多かった。当時はカッコイイと思っていたので、のちにアデランスのCMに出たときはショックだった。w



炎のストッパー倉持明(元AKB48倉持明日香の父)はアートネイチャーのCMに出ていた。

2020.03.15 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |



妹が「剣客商売」を見ていたのでいっしょに見た。秋山小兵衛(北大路欣也)の子・大治郎役を高橋光臣が演じていた。

驚いたのは、彼の太刀捌きがめちゃくちゃ上手かったこと。とくに、斬りつけた後に刀を引くのだが、それが速かった。これが速いと、つぎにすぐ斬りつけることができ、ホントの斬り合いだったら、めちゃくちゃ有利だ。←ホントに斬り合ってるわけじゃないけどw

本格的に殺陣の練習をしてきたのではないか?と思って調べたら、「科捜研の女」で権藤克利刑事を演じていたとき、太秦の東映京都撮影所の剣会で殺陣を学んだらしい。あと、剣道も二段の腕前だそうだ。

「剣客商売」といえば、最初にドラマ化されたときは、大治郎を加藤剛が演じていた。BSフジで再放送されたのを見たわけだけど、殺陣で上半身がぜんぜんブレないので、スゴイと思った。



老中で小兵衛の友でもある田沼意次の娘・佐々木三冬を瀧本美織が演じていたが、その前は杏が演じていたので、小さくてキレイになったと思った。w

2020.03.14 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |


昨夜(1/26)の「麒麟がくる」で斎藤道三(本木雅弘)が、守護に立て娘の帰蝶(川口春奈)を嫁がせた土岐頼純(矢野聖人)が裏切ったことに怒り、毒殺した。そのとき、毒入りのお茶をたてて飲ませたので、宮沢りえとともに出演しているサントリー伊右衛門・特茶のCMと関連付けたツイートがなされたが、これもその一つ。w

さらに、ナレーションの市川海老蔵が伊藤園のCMに出ていて、タイトルが「麒麟がくる」なので、こんなツイートも…。w


ぜんぜん関係ないが、司馬遼太郎の『国盗り物語』では、織田信長が帰蝶(濃姫)との初夜に春画を見せて、このようにやるのだなどと言っていたが、帰蝶は既婚者だったので、ありえへん話だ。ただし、頼純に嫁いだのは数え12歳だったので、男女の関係にあったかはビミョーだ。w

2020.01.27 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(2) |

社会学者・新井克弥氏の書いた

『ブラタモリ』も『いだてん』もインチキ?~ファンタジーの文法とは

がけっこうヤバイ。w

まず、「ブラタモリ」や「いだてん」って、ファンタジーなの? ファンタジーだと思って見てる人はいないと思うんだけど…。w


ブラタモリ「花巻~花巻はなぜ宮沢賢治を生んだ?~」

この回というより、宮沢賢治についていちばん問題なのは、彼って国柱会っていう日蓮宗系の信徒団体のメンバーで、これを創設した田中智学が、「八紘一宇」を最初に提唱した人で、血盟団事件を起こした井上日召に影響を与えたり、柳条湖事件を起こした石原莞爾もメンバーだったりして、草の根ファシズムとの親和性がめっちゃ高いってことがあまり知られていないことだ。

宮沢賢治から草の根ファシズムって、まず想定されないことなんだけど、彼が詩人や童話作家じゃない顔も持っていることを知っておいた方がいいと思うんだよね。w


近現代の大河ドラマは、関係者が健在だったりするので、あまりにフィクションが効きすぎると、そっち方面からお怒りが来る可能性が高い。

「山河燃ゆ」(原作は山崎豊子『二つの祖国』)が放送されたとき(1984年)、日系アメリカ人の組織が、「二つの祖国」とは何だ! 祖国はアメリカだけだ!と怒っていた。

日系人の強制収用に対する米政府の謝罪と損害賠償(1988年)がなされる直前の微妙な時期だったんで、なんでこんなドラマ放送するんだ!って感じなんだろうな。

「八甲田山」が映画化されたとき(1977年)、高倉健が演じた徳島大尉の親族が「政府に盾突いてなどいない」と抗議の本を出版してた。

のちに『八甲田山 消された真実』(2018年)で、福島大尉(徳島大尉のモデル)が「たかりの行軍」をしてた(地元民から過度のもてなしを受けていた)と揶揄されてるけど、こっちは事実らしいので、抗議は来てないのかな。w

2019.12.10 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

7月24日に放送されたテレ朝「あいつ今何してる?」に出てきた単身赴任のお父さん(伊藤博之さん)の仕事がダム問題にかんする重要な仕事だった。

・どんな仕事をしているのか?
→高知県にある早明浦(さめうら)ダムの管理事務所で働いている
 早明浦ダムに新しい放流管を造る再生事業に携わっている
 この事業は約10年かかり、現在は新たに造る設備が安全に機能するように調査を行っている

#112 2019年7月24日放送



感電に気をつけながら、ダムの下部分から入った博之さんは「早明浦ダム」が通常の貯水率で大雨が降った場合、すぐ決壊する可能性があると話した。博之さんは現在、ダムの壁に水を放流するための穴を開ける、再生事業を担当している。しかし、使用中のダムに穴を開けるのは難しく、設計や周辺一体のデータ収集を行っている

「あいつ今何してる?」 2019年7月24日(水)放送内容

ダムからの補給方法を変更して、利水容量の700万m3を洪水調節容量に振り替え、大雨が降りそうなとき、予め水位を下げて洪水に備える。

容量振替及び予備放流方式の導入

ところが、そうすると、ダムの水位が下がり、今のゲートでは適切な量の放流ができなくなるため、放流設備を増設する。

放流設備の増設

これがお父さん(伊藤さん)の仕事だった。

計画は2018(平成30)年度から10年間なので、昨年の西日本豪雨より前に計画されていた。つまり国交省も洪水の危険性を認知していたということだ。

2019.10.16 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |



いろんなところで崩落事故が発生してるな。w

登場人物のキャラがぶつかり合うよりも、設定で勝負するドラマ多すぎ。同じ週で「崩落事故」設定が重なるってどうなの?w

2019.09.17 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |


動物がシュールすぎるだろ!w



今日の「もしもツアーズ」に出てた人、どこかで見た人だと思ったら、この人だった。w

2019.06.08 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

テレ朝「白い巨塔」を観た。

 人気グループ「V6」の岡田准一さん主演の「5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子『白い巨塔』」(テレビ朝日系)の最終話となる第五夜が26日に放送された。同話では、岡田さん演じる財前五郎の“最期”が描かれ、SNSでは「白い巨塔やばい。涙腺崩壊しまくってる」「白い巨塔、涙が止まらん」「岡田くんの演技が迫真すぎる」「白い巨塔はやっぱり名作」「たとえ主役が代わっても本当に何度見ても素晴らしい作品」と反響があがった。

 同話では、財前が、信頼をしている里見脩二(松山ケンイチさん)に自身の病気の診断を頼む場面など二人の絆も描かれ、「財前先生と里見先生のやりとりがいい」「『僕だったらお前に切ってもらう』(里見のせりふ)で涙が止まらない」「財前先生と里見先生の関係がすごく好き」「財前も里見も死ぬほどきれいでかっこよかった」といったコメントも並んだ。

 ドラマは、山崎豊子さんの不朽の名作が原作で、大学病院という組織の中の権力争いを軸にした人間ドラマが描かれる。物語の設定を2019年に置き換え、現代の最新医療ならではの新たな世界が展開する。同局の開局60周年を記念した大型ドラマスペシャルとして、5夜連続で放送された。

<白い巨塔>“財前”岡田准一の最期に涙…! 「何度見ても名作」と反響 “里見”松山ケンイチとの絆も

映画とドラマが何回も放送され、話題になっていたので、ストーリーは知っていたのだが、ちゃんと全部観たのは初めてだ。w

一言でいうと、盛り込みすぎ。w

今回のドラマは《教授選挙で勝利→手術患者の死亡→裁判(一審)勝訴→裁判(二審)敗訴→がんで死亡》で、原作だとこれに「学術会議会員選挙の勝利」まである。もっとも原作は、《教授選挙→手術患者の死亡→裁判(一審)》までが正編で、《学術会議会員選挙→裁判(二審)→がんで死亡》は続編である。正編=上り坂、続編=下り坂って感じ。

岡田准一の財前五郎がめちゃくや悪くてw、母の話では近所の人たちも「財前、悪いヤツ」と盛り上がっていたそうだ。元の五郎は悪人ではなかったので、又一(小林薫)の影響で「悪人」化したんだろう(妻=夏帆もクソだが、又一が育てたからw)。「朱に交われば赤くなる」ってこと。w

ちなみに、二審で五郎が患者の死亡原因を柳原(満島真之介)の未熟さのせいにしたとき、「それ言っちゃダメだろ」って思った。五郎は他人の気持ちがわからんのね。w

最後、五郎が末期がんとわかったら、又一や妻も見捨てずに「善人」化したのは意外だった。「教授選に落ちたら、離婚」とか言ってたのにね。とくに、妻は、愛人(エリカ様)に五郎が長くないことを伝え、会わせるなんて心広すぎ。w

大河内(岸部一徳)とか里見(松山ケンイチ)は、もともと人格者って設定だし、東=寺尾聡にとっては元教え子だから、旧敵だった五郎を心配するのはわかるけど、又一と妻の人格変容には驚いた。「人の生命は(人格変容するほど)重い」ってことなんでしょうかね。w

2019.05.27 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

「ダイアモンド博士の“ヒトの秘密”」は前から見たかったので、昨日、たまたまビデオに録って見てみた。

ダイアモンド博士は、「銃・病原菌・鉄」でピュリッツァー賞を受賞した進化生物学者。人間の進化によって現代社会を考察する博士の特別授業を12回にわたって放送。

今回は環境破壊と文明の危機について。これまでヒトは、気づかないうちに生態系を破壊し、資源を使い果たし、自らの文明を崩壊させた歴史を持つ。地球規模の環境破壊と文明の危機を避けるために、私たちは過去の失敗から何を学べばいいのか。ダイアモンド博士が、進化の視点から解き明かす。

【出演】進化生物学者…ジャレド・ダイアモンド,【声】糸博

ダイアモンド博士の“ヒトの秘密” 第11回「文明崩壊 人類史から学ぶもの」

とっても変なことを言っていた。

動物が環境を破壊する話があった。ニュージーランドのある島の固有種の鳥(飛べない鳥)が人間の持ち込んだネコによって絶滅したことと、南北アメリカ大陸がパナマ地峡でつながったことで北アメリカの動物によって南アメリカの固有種が数多く絶滅したことを同列にあつかっていた。ちがうんじゃね?w

環境破壊は産業革命以後の出来事ではないとの話だった。1万3000年前の海退でベーリング海峡がつながり、渡ってきた人類によって北アメリカの大型哺乳動物が数多く絶滅したとのこと。これもなんかちがうような気がする。w

現在進行中の発展途上国での熱帯林の伐採を問題視していたけど、現在、先進国といわれている国々で、むかし温帯林をほぼ伐採しつくした結果、途上国の熱帯林しか残ってないという事実は語らなかった。おかしいんじゃね?w

なんかすごく恣意的に事実をあげて論じている印象。ガッカリだったよ。w

2018.12.15 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

文春砲がテレ東「緊急SOS! 池の水ぜんぶ抜く大作戦」を砲撃した。w

 10月14日放送のテレビ東京系「緊急SOS! 池の水ぜんぶ抜く大作戦」の最新回で取り上げられた長崎県大村市の大村公園の堀の水を抜く企画で、ボラなど約3千匹の魚が大量死した可能性が高いことがわかった。

     (中略)

 撮影は9月23日に行われたのだが、その現場を間近で見ていたのがNPO法人「おさかなポストの会」の山崎充哲代表だ。番組のために魚たちを乱暴に扱い、死なせている残酷な光景を目の当たりにしたという。

「移動先の池では当日、物凄い数の魚がひしめき合っていました。ヒレが擦れて真っ白になったり、泥に頭が突き刺さったまま死んでいた魚もいた。小さなクロダイなどもみんな死んでいましたよ。無理やり移動させられた魚たち約3千匹は死んでしまったとみて間違いない。せめて食用なり二次利用するべきだった」(山崎氏)

テレ東「池の水ぜんぶ抜く」で長崎のボラ3000匹が大量死

この番組、まだビデオに残っていたので、見てみた。

それによると、掻い掘りしたのは大村公園の「桜田の堀」で、ボラなど3000匹の魚を放流したのは八巻大辨戝天宮の池だった(下図参照)。



番組の説明では、八巻大辨戝天宮の池は海につながっていて、ここにいた魚は大村湾に出て行けるはずなのだが…。

文春の証拠写真にも死んだ魚が写っているわけだが、少なくないか?





雑誌や有料記事を読んだわけではないので断言できないが、難癖っぽく感じる。


ぜんぜん関係ないけど、大村公園はたぬたぬ(長濱ねる)おススメの桜の名所で、「競艇場」とあるのは、たぬたぬが大好きな「ボートレース大村」がある場所。あと、「桜田の堀」の国道の反対側の小学校にたぬたぬは通っていたんじゃないかという疑惑。w

大村市に住んでいた可能性



その後、わかったこと。

山崎代表がこの番組を批判していたのは、これが初めてではなかった。

テレ東「池の水ぜんぶ抜く大作戦」専門家が問題点を指摘

https://www.facebook.com/yamasaki.mitsuak/posts/1753203108056597

しかし、その山崎代表も川崎市麻生区~多摩区の五反田川への錦鯉や金魚の稚魚の放流にかかわっていた。

五反田川に錦鯉800匹放流

そして、そのことで批判されていた。

「五反田川(川崎市麻生区~多摩区)に錦鯉など800匹放流」の是非

あと、こんな情報も…。


リンクがキレてたら…

続きを読む

2018.11.10 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |



   ※ これはグリーンファン・サーキュ

「半分、青い」で律が開発している扇風機がバルミューダ社のグリーンファンにそっくりなので、調べてみたら、社長が原案に協力していた。w

連続テレビ小説「半分、青い。」にて当社代表取締役 寺尾玄が劇中の扇風機開発部分原案に協力しました。

バルミューダ株式会社 代表取締役社長 寺尾玄は、現在放送中の連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK総合 月〜土 午前8時〜8時15分 / 午後0時45分〜1時[再])の劇中扇風機開発部分において原案協力いたしました。

最終章となる再起奮闘編 "モノづくり" パートで描かれる扇風機の原案は、バルミューダを代表する製品のひとつ「グリーンファン」。自然界の風を再現し、扇風機に100年ぶりの革新をもたらした扇風機の開発が、物語の中でどのように描かれるのか、どうぞお楽しみください。

連続テレビ小説 半分、青い

このページの下の方に書かれている社長の履歴がなかなかスゴイ。

寺尾玄について

バルミューダ株式会社 代表取締役社長。 1973年生まれ。17歳の時、高校を中退。スペイン、イタリア、モロッコなど、地中海沿いを放浪の旅をする。帰国後、音楽活動を開始。大手レーベルとの契約、またその破棄などの経験を経て、バンド活動に専念。2001年、バンド解散後、もの作りの道を志す。独学と工場への飛び込みにより、設計、製造を習得。2003年、有限会社バルミューダデザイン設立(2011年4月、バルミューダ株式会社へ社名変更)。同社代表取締役。著書「行こう、どこにもなかった方法で」(新潮社)

律くんとちがって、ロックな人なのね。wwwww

グリーンファン開発の歴史も載っていた。w

あの風を求めて

扇風機の風を壁に当てて渦を崩す話がドラマにも出てくるが、これも社長の原案なのね。

二重構造の羽根でそれを実現するんだけど、この羽根が掃除のときホントにメンドクサイ。でっかいタライで水洗いしちゃいたくなる。w

2018.09.19 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |



某健康番組が酢の効用を取り上げていたが、それを見て、愕然とした。

酢には、

   1.血管拡張作用
   2.代謝をあげる作用

がある。

それに加えて、黒酢には、必須アミノ酸9種類のうち8種類が含まれていて、肝臓の機能を高めるので、お酒を飲む人には良い。

バルサミコ酢には、ポリフェノールが多く、抗酸化作用が高い。シミなどお肌のトラブルに効く。

問題はリンゴ酢である。

リンゴ酢は、カリウムを多く含み、ナトリウムを排出するので、血圧の高い人には効果がある。しかし、カリウムの取りすぎは、腎臓機能の低下につながるので、要注意だ。

何かの健康番組を見た母親が、リンゴ酢にはまり、1年以上、大さじ1杯(15cc)のリンゴ酢をカルピスで割って飲んでいた。オイラもそれに付き合っていたが、同じ番組を見た人々によって、リンゴ酢が売り切れる騒ぎもあった。1~2か月でそれもおさまったが、その間にリンゴ酢の需要が高まったのか、800円以上したリンゴ酢が500円で手に入るようになった。

しかしである。(オイラを除いて)肉よりも野菜が好きで、塩分控えめの食生活をしてきた家族には、(オイラも含めて)血圧の高い人はもともといない。むしろカリウムの取りすぎが問題だ。

iPS細胞の研究でノーベル賞を受賞した山中伸弥氏は、母親を腎臓病で亡くしている。彼の母は、人工透析を受けるようになると、大好きなバナナを母が食べられなかった。バナナはカリウムを多く含み、腎臓病の患者にはご法度の食べ物だ。

わが家にはまだ2本ほどリンゴ酢があるが、それを飲んでしまったら、買うのはやめようと思う。そして、黒酢やバルサミコ酢を摂取した方が良さそうだ。

2018.09.12 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |



「スコーピオン」という海外ドラマをテレ東が放送している。

全米ネットワークCBSで2014年9月から放送を開始し、現在も高視聴率ヒットを記録している人気ドラマ「SCORPION/スコーピオン」。IQ197の頭脳を持つ天才、凄腕の行動心理学者、機械工学の天才、天才数学者の4人組とアメリカ合衆国国土安全保障省のベテラン捜査官、そして対人能力に乏しい天才4人組の渉外係を引き受けたシングル・マザーらで構成される天才集団チーム“スコーピオン”。解決不可能に思える様々な難事件に、最新テクノロジーと頭脳を駆使して挑む彼らの活躍を描いた話題の最新犯罪捜査ミステリーだ。

     (中略)

ハッキングだけにとどまらず広い分野で天才的な能力を発揮するウォルター、人間の行動心理を読むことにかけては天才的なトビー、メカの天才ハッピー、人間計算機的な知能を持つ天才数学者シルヴェスターの「トータルIQ700」の4人組と、彼らを頼もしくサポートする若き母親ペイジとその息子で天才児のラルフ、そして堅物ながら男気では誰にも負けない国土安全保障省の捜査官ガロ。

数々の難事件に挑む彼らチーム“スコーピオン”の活躍を描く本作は、軽快なテンポで展開するストーリーとスリリングなアクション・シーンが見どころ。自分の専門分野では超人的な才能を発揮する天才4人組だが、社会性は限りなくゼロに近い。そんなオタクな彼らが、社会常識をわきまえたペイジやガロに導かれながら、数々の事件を解決していく過程で人間的にも成長していく。そんな人間ドラマが楽しめるのも本作の魅力だ。

作品概要

妹が見つけて、ビデオに録って見ている。たいへんオモシロイのだが、いろいろツッコミどころがある。

《「トータルIQ700」の4人組》は「アホかいな!」ってレベルなんだが…。そもそもIQって、比較するための数値で、足して意味があるのか?w

たぬたぬと米さんとあおいちゃんの出身校の偏差値を足して《「トータル偏差値210超え」の3人組》って言ってるようなもの。こっちは、たぬたぬ1998年度、米さん1999年度、あおいちゃん2000年度生まれなので、入学年度(=母数)がちがうじゃん!w

ここで問題とするのは、ウォルターのIQで、197で世界4位ってホントなの?w

続きを読む

2018.09.05 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

Nスペがこんな番組を放送してしまい、ロバート・ゲラー氏にボロクソに叩かれた。w

6月の大阪北部地震を機に、改めて警戒意識が高まる「南海トラフ巨大地震」。今後30年以内の発生確率は70~80%、最大M9.1の地震による激烈な揺れと大津波で死者は最悪32万3千人、経済損失は1410兆円に上るとも試算される。「Xデー」はいつなのか?いま研究者たちが最注目するのが、震源域で起き続けているゆっくりとした岩盤のずれ動き、「スロースリップ」だ。その発生場所が次第に巨大地震の想定震源域に近づきながら、地震の原動力となる「ひずみ」の蓄積を加速させている可能性が見えてきた。“その時”は刻々と迫っていると、科学者たちは緊張感を高めている。

そんな中、国は去年11月、「何らかの異変が生じ、地震発生の可能性が高まったと判断される場合、“臨時情報”という形でいち早く伝える」という新たな方針を発表した。しかし、いつ・どこで・どんな規模の地震が起きるかまでは予測困難だ。明日出されるかもしれない臨時情報を、自治体や住民はどう受け止め、命や社会を守る行動につなげられるのか。番組では、大規模住民アンケートや科学シミュレーションに基づき、研究者とともに検証。私たちひとりひとりの行動が鍵になることが明らかになってきた。

巨大地震をどこまで事前に予測し、減災・防災を実現できるのか。“メガ災害 新時代”の実像を描く。

MEGAQUAKE 南海トラフ巨大地震 迫りくる“Xデー"に備えろ



※ 番組は「70%~80%」と主張。




続きを読む

2018.09.02 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

まどちゃんもタヌキちゃんも鈴愛(すずめ)推しだったのか。w

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』


鈴愛がカワイイというまどちゃん。
   ↓   ↓


まどちゃんの方がカワイイと思うぞ。w



そしてそしてNHKさんに
「半分、青い。」のポストカードがありました!


“ご自由にお持ち帰りください”
やったけん、もらってきたー🤭💓




このドラマは
心にメモしたくなる言葉が
沢山散りばめられていて、、
毎日活力をもらってます。


今日のお話は特に
とても共感する部分が多かったな〜

またひとつ大好きな回が増えました。

夢現、287 | 長濱 ねる

今日の話ってのは、昨日の話なんだけど、鈴愛は、左耳が聞こえないことを就職面接で正直に話してしまうので、内定をひとつももらえなかった(それゆえに農協にコネ採用となった)。そのことをお母ちゃんに言われて、「ウソをついてまで内定が欲しいとは思わない」って言う話だった。

この話、バブルの絶叫期(1989年)で真に売り手市場だったときで、オイラの大学の後輩なんて、某デパートの面接で「国立大学生は別室でお待ちください」と言われた!くらいなのだ。左耳が聞こえないと事故を起こすような仕事でない限り、不採用にはならないような気がするのだが…。1998年生まれのタヌキちゃんにはわからないだろうな。w

今週は、コネで農協への就職が決まっていた鈴愛が、マンガ家になるため東京へ行くことを決意し、お母ちゃんから大反対される話だから、タヌキちゃんにとっては他人事とは思えなかったんだろうな。w


オイラ的には、幼馴染の律が、志望校の受験日に交通事故でケガをした犬を見つけ、病院に連れていって受験できず、鈴愛と同じ高校に入学した話がウソくさかった。w

流石にどんな(・∀・)イイ!!人でも、飼い犬でもない犬のために、人生を棒に振るか?って話だよね。

成績優秀な律が、そうでもない鈴愛と同じ高校にいるというムリな設定を合理化するために作られたムリのある話なのだ。w

2018.05.04 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

放送作家で日本放送作家協会・常務理事の高橋秀樹とかいう人が「ブラタモリ」のアシスタント交代について語っていた。w

この日から、ぶらぶら歩きのパートナーが交代した。大好評の近江友里恵アナウンサーが『あさイチ』に異動になったために、起用されたのは林田理沙アナウンサー。このタモリと林田アナと解説の専門家がいわゆる番組出演者の座組となる。座組は様式として最も目立つ特徴だ。

トリオ漫才でいえば、ツッコミとボケとニヤケの構造が安定していると言われる。ツッコミとボケは間違って使用されることが多いので他の言葉を当てておくと、ツッコミはフリ、ボケはコナシであり、そこに、ニヤケが加わる。

「京都・銀閣寺編」の『ブラタモリ』で言えば、京都高低差崖会の専門家がフリ、タモリがコナシ、林田アナがニヤケの役割となる。ニヤケの仕事はフリとコナシが展開する本線の話に隣のレールを併走しているぐらいの距離感で違和感を与えることである。そういう意味で今回の話の林田アナはニヤケの役割を果たしていたか・・・。実は知識があるのが徒になってしまっていた。

たとえば、銀閣寺の庭の向月台を見て「プリンにしか見えない」というのは、バカを装っているように見える。銀閣寺執事・久山哲永氏に「シンプルなものに美を見いだす日本の心をなんというか」と問われて、タモリより先に「わびさび」と言ってしまったが、これはいけない。タモリの発言(回答)を待つのがこの番組の様式美だからだ。

女子アナは助手に徹するべきだ、などという考えから言っているのではない。あくまでもブラタモリの座組の視点から言っているのである。

NHK「ブラタモリ」林田理沙アナが、もっとみんなに受け入れられる方法

「ブラタモリ」を見ている人はそんな掛け合いなんか見たいわけじゃない。彼らがブラ歩きする地域なり建造物に地形がどう影響を与えているかを知りたいんじゃないの?

オイラは2015年から見ているが、その頃は桑子真帆さんがアシスタントをしていた。このような様式美wはそもそもなく、ただただ桑子さんが悪天候を呼んで、「雨女」ならぬ「嵐を呼ぶ女」の実在を証明していたように思う。

近江友里恵さんに変わったとき、こいつスゲーな! 何にも知らなくてもNHKアナウンサーになれるんだな!と驚愕したものだが、逆にそれがタモリさんの博識を示すものとなった。これがウケルと判断したスタッフは、近江さんに「予習」を禁じたらしい。

林田理沙さんに変わったが、彼女ならではのものがあるはずで、そこを生かしたやり方になっていくんじゃないのかな。


ところで、この方、こんなことを書いているが…

もちろん今回の銀閣寺を担当した班も分かっていない。構成が逆である。銀閣から見ると京都御所への視線を遮る位置にある吉田山の地形を先にやってから、銀閣本体に行くべきである。そうすれば、いわゆる悪い素人である(自分から喋りたがる)銀閣寺執事・久山哲永氏の食い気味の発言も気にならなくなるだろう。

軽くツッコミを入れて見ると、そもそも銀閣寺の裏山に登らないと、



このシーンを撮ることはできない。つまり、吉田山が京都御所や花の御所を隠していることがわからない。

銀閣寺に来て、銀閣に行かず、裏山に登るってフツーはしないでしょ。やっぱり芸術は爆発だ!の石庭やプリンを見て、銀閣に行き、銀閣って京都に背を向けてるんですねって、将軍・足利義政のウンチクあっての裏山なんじゃないの?

それはそれなりにスジが通っていてわかりやすいと思うんだが…。w

2018.04.27 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」が問題を起こした。

  テレビ東京の人気番組「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」の撮影が行われたイベントで、主催者および番組側の不手際により、池の魚が「大量死」する事態が起きていたとの報告が、複数の参加者から出ている。

  問題のイベントは、2018年2月18日に岐阜県笠松町で行われたもの。参加者の話によれば、現場では捕獲した魚を一時的に保管しておく容器が不足しており、酸欠などで死ぬ魚が続出する状況だったという。

「池の水ぜんぶ抜く」ロケで在来魚が「大量死」 「専門家がいない」現場を参加者告発

まず、トンボ池は、岐阜県笠松町の名岐バイパス(国道22号線)と東海北陸自動車道の間の木曽川右岸のにある三日月湖(河跡湖)である。三日月湖とは、蛇行する河川が長期の侵食などの影響により河道を変えた際、旧河道が取り残されて池や湖となったものである。



J-CASTニュースは基本的に取材はしないwので、こちらの方たちの情報に基づいている。

2月18日に岐阜県笠松町のトンボ天国にあるトンボ池で行われたテレビ東京「池の水ぜんぶ抜く大作戦」第7弾の収録に,サークルメンバーとともに一般参加してきました.当日どのような状況にあったか,以下に記します.

この内容は本来はテレビ放映後に公開する予定でしたが,すでにネット上でイベント内容を疑問視する声が多く聞かれること,イベント未参加者の間で情報が錯綜していることから,当日に何があったか事実を公表する必要性があると判断したため,このタイミングでの公開に踏み切りました.

私は一般参加ではあったものの,他の参加者とは異なり,途中から知らぬ間に関係者の立場になっていたため,その特殊な立場からの報告も重要であると考えています.

そして,この報告が今後同じような事態を繰り返さないための一助,教訓になればと思います.

池の水ぜんぶ抜く大攪乱! 2/18

第1弾放送の高山市美女ケ池の掻い掘りにかかわった向井貴彦・岐阜大学准教授のツイート。


美女ケ池の掻い掘りは以下のとおり。

湖クラスの巨大池の水を全部抜いてみたら…岐阜県高山市にある美女ケ池。かつては美しく観光客が押し寄せたこの池も、ある外来種が原因で汚染が始まり観光客の減少が止まらないという…。巨大な池を汚す犯人は、外来種の巨大魚だった!大量の水を抜き、地元住民100人と共に打ち上げられた生物を捕獲すると予想だにしなかった超危険な魚が大量に出現した…!果たして駆除は無事に成功することが出来るのか!?

第1弾 緊急SOS危険生物から日本を守れ!池の水を全部抜いて全滅大作戦

向井准教授のツイートはこう続く。



オイラ的には、「路線バスの旅」以来のオモシロイ番組だと思っていたので、とても残念である。「こんな番組潰してしまえ!」と叫んでいる連中もいるが、人工池の場合、掻い掘り自体は水質維持のため必要な行為である。トンボ池は三日月湖なので、ややビミョーな位置づけではあるが…。

外来種駆除については、そもそも人間が持ち込んだものであり、外来種自体には罪はないので、駆除するのはいかがなものかという意見はあるが、在来種保護のためには必要だと思われる。今回は、そもそも論として、在来種保護ができていなかったことに問題があり、その点は反省してもらいたいところだ。

2018.03.15 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |