FC2ブログ
関東平野は火山灰でできたとする南堂ちゃんの説。

関東平野と火山灰層

しかし、これは地質学の常識からかなりかけ離れている。

関東平野が巨大なのは構造盆地だから。年間0.7mmの単位で、岩盤の中心が沈下し、周辺が隆起している。その結果、直径80km深さ3km以上(正確な深さはわかっていない)のすり鉢状の地形ができた。

続きを読む

2018.09.13 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

昨日(7/9)午前8時頃(8:05)、わが家の上に「線状降水帯」というシャレにならない現実。w



その後、晴れ、ひじょうに蒸し暑くなったとのこと。

2018.07.10 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |


 Jリーグ観戦は、試合だけでなくスタジアムで販売される「ご当地グルメ」も観客の楽しみの一つ。ちゃんぽんなど地元の商品が多数出店するV・ファーレン長崎の試合会場で、全国のサポーターに存在を知られるようになったのが、岩崎本舗(長与町)の「角煮まんじゅう」だ。迅速な提供を心掛ける「おもてなし精神」や、ネットを活用した広報戦略で、売り上げを増やしている。

 角煮まんじゅうは長崎伝統の卓袱(しっぽく)料理を元に、観光客が食べやすいように考案されたもので、岩崎本舗が販売を開始したのは1989年。街中などの店舗では40~50代の女性の売り上げが多く、若者も多いJリーグの試合会場でのPRが「新たな客層の掘り起こしにもつながる」とスタジアムで提供している。

 J1になれば対戦相手の客も増える。岩崎寛司社長(33)は「客を待たせないのが大切だと感じた」。蒸し器や販売スタッフを増やし、「行列をなるべく作らず、5分以内に提供できるスタジアムグルメ」を目指し、社長自らもスタジアムの店頭に立つ。また、トランスコスモススタジアム長崎でホームゲームがある時は、長崎市内の繁華街にある店舗で対戦相手のイラスト付き看板を出して歓迎する。

 こうした取り組みは、ツイッターなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などで反響を呼び、試合会場での売り上げは4倍に。全国各地の物産展でも、他クラブのサポーターらが足を運ぶようになり、売り上げが増加した。

 同社はV長崎創設の2006年からのスポンサー。J1昇格後の今年、V長崎は経営体制が変わり、クラブ強化を見据えてスポンサー料も値上げした。撤退する企業もある中、岩崎社長は、「チームとともに、自分と企業が成長するための勉強代」と支援を続ける決断をした。岩崎社長は「これからも長崎の食の魅力、楽しさをV・ファーレンとともに広げていきたい」と力を込めた。【浅野翔太郎】

翔べ!!V・ファーレン 岩崎本舗「角煮まんじゅう」 会場、SNSでPR「チームと成長を」 /長崎

角煮まんじゅうちゃんの活躍も書いてあげて。w


   ↑   ↑
ただでCMしてくれるタヌキちゃんも…w

2018.05.29 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

教師が恣意的に採点してると思い込んでる人。w


オイラが採点しても、「パプリカ」以外、×だな。

最初の漢字問題、小学5年生の「教育漢字」を書かせる問題。「教育漢字」とは、小学校の6年間で読み書きできるようにしないといけない漢字のこと。「意志」の「志」、「銭湯」の「銭」、「週刊」の「刊」が、小学5年生の「教育漢字」だ。この教師は、ここで覚えておかないと、将来、困ることになるから、覚えておけよ!って意味で、×をつけたわけ。ちなみに、「戦闘」の「闘」は、教育漢字には含まれておらず、中学校以降で習うことになる。

算数の問題は、「知識・理解」と書いてあるように、割り算の理屈を教えるものだ。つまり、21÷7は、21が「割られる数」で、7が「割る数」となる。「何のだんの九九を使ってもとめればよいですか」は、「割る数は何ですか」と同じ設問で、「7のだん」が答えとなる。実際にも、脳内で7×1=7、7×2=14、7×3=21って計算してるんだから、7の段じゃないと答えが出せない。

「教師の意図する答えだけが正解」なんて書いてあるが、そんな恣意的なわけないじゃん。何のために「教育指導要領」があるんだってこと。漢字は効率的に覚えましょう。算数は論理を教えましょう。…ってわけで、教師が好き勝手にできると思われるとたいへん困る。

こーゆーことを書いているヤツに限って、「数学は論理」とかいうんで、ホントに困る。w

2018.05.24 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |



今年もヤマボウシの花が…



咲きました。

2018.05.05 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

バイオレンス響=てち?

を書いて思ったのだが、そもそもマンガで文学を扱うって、いちばんやっちゃいけないことなんじゃないのかと…。

これは、さくちゃん(宮脇咲良)が2013年に被災地訪問をしたときのぐぐたす記事である。

さくちゃんの被災地訪問

変な話、この記事でやすす(秋元康)に見いだされ、やすすの紹介でこの記事は有名になった。被災者の方々にはよい表現とは言えないが、いわば彼女の出世作なのである。

これをよしりん(小林よしのり)が『AKB48論』(幻冬舎、2013年)に載せて、絵をつけたのがつぎのマンガである。

続きを読む

2018.04.17 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

大学生の過半数が読書時間ゼロという現実をよしりんが嘆いていた。

     (前略)

大学生の53%が読書時間がゼロだという調査も出た。
若い世代が「本離れ」しているそうだが、本を読まない大学生なんて、大学に行く意味があるのか?

本来、読書は無理にするものではない。
大学生の頃は、単に娯楽としての読書を超えて、知識欲の高まりで本をむさぼり読む時代のはずだ。
人間とは何か?歴史とは何か?宇宙とは何か?生きる意味とは何か?
そういう好奇心が湧かない者が大学に行ったってしょうがない。

読書は若いときしかできない。
社会に出て働き出せば、忙しすぎて読書の時間をとれなくなるし、疲れて本を読む気力も衰える。
やっと定年退職する頃には、老眼になって、本を読むのも疲れるばかりになる。
若い頃に、特に大学生のときに本を読んでおかなければ、一生馬鹿になるのに、哀れなものだ。

大学生の過半数が読書時間ゼロ

前半はまさにそのとおりだ。ただし、よしりんの読書にかんする話は、マユツバで、額面どおり受け取ることはできない。それについては、以前に書いた。

よしりんの読書歴と知の枠組

問題は後半の方で、《読書は若いときしかできない》と書いているが、社会に出てからの方が専門的な知識が必要になり、それにかんする書籍を読む機会は多いのではないだろうか。

オイラ的には、もともと歴史学が専攻だったので、その手の専門書は読んでいた。しかし、「現代社会」や「政治・経済」を主に教えるようになってから、その手の入門書と専門書をかなり読むようになった。そして、「現代社会」には「青年心理」を教える部分があり、心理学の本も読んだ。あと、ぜんぜん関係ないけど、家を建て替えるんで、建築にかんする本もけっこう読んだぞ。

こんなふうに、大人になってからの方が、専門知識が必要で、本を読むようになるものなのだ。よしりんは、そんなことをしないで、マンガを描いているんだろうな。

2018.02.28 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(2) |

2月22日は「にゃんにゃんにゃん」で猫の日だそうだ。



フライングするタヌキちゃんもいるくらいだ。w

わが家にコレが届いた。



カワイクナイ。orz

「こりもむにゃん」という商品だそうで、妹が注文した。

使い方は下図のとおり(クリックすると大きくなる)。



でも、確かに血行が良くなったような気がする。←個人の感想w

2018.02.22 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

積雪23cmの東京。



ベランダの手すりの上がこんな状態。







早朝の雪かきで腰が痛い。w

2018.01.23 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |



絶世の美女をめぐって殺し合いw

で、『窓からローマが見える』が公開された1982年当時は、上図のようなポスターが公然と貼られていて、みんなで「窓からケツが見える」などと言っていた、と書いた。

とはいえ、これは一応ゲージュツ作品だが、1970年代ともなると、成人映画のポスターもふつうに街中に貼られていた。

オイラが小学校低学年の頃、耳鼻科のお世話になることが多かった。そこで、我が家からかなり離れた耳鼻科に通っていて、父方の祖父が送り迎えをしてくれた。当時はオイラの家族は、祖父母と別居していたが、母親が仕事をしていたこともあり、祖父の家から病院に行っていた。

途中で大通りを渡るところに消防署があり、その前の電信柱に成人映画のポスターがよく貼られていた。

とくに記憶に残っているのが、裸の外国人女性がライオンに乗られているポスターで、おそらく獣姦モノだったと思う。その下には全裸の外国人女性がうつ伏せに倒れ、尻を出しているポスターが貼られていた。

小学生のオイラは、祖母や伯母に「裸の女の人が、ライオンに襲われ、倒れていたよ」と言った。それを聞いた祖母や伯母はたいへん驚いて、「ホント?」と祖父に言った。祖父は…

「火事で逃げてきた女が裸で尻を出して倒れていた」

と言ったので、祖母と伯母は「警察に電話しなくていいのか?」と騒ぎ出した。

そしたら、祖父が「映画のポスターだぞ」と言ったので、祖母たちが「なぜその話を最初にしない」と祖父を責めた。wwwww

記憶に残っているくらいだから、かなり衝撃的なポスターだったのだろう。このような、今だったら有害とされる、ポスターが1980年代まで公然と街に貼られていた。

2018.01.15 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

井上靜氏の

相続の遺留分制度と『犬神家の一族』

という記事。てっきり、旧民法には遺留分の規定がないから、『犬神家の一族』では犬神佐兵衛の不可解な遺言書をめぐり凄惨な殺し合いになった、という話かと思ったら…。

 しかし、ここから話は映画化のことに及んだ。相続人の珠代は絶世の美女ということになっている。そうするのが小説では当たり前かもしれない。

 しかし、これについて話していたうちの一人の女性が言った。なら、なんで映画化で珠代の役は松嶋菜々子なのか、と。

 そう言われてみれば、そうかもしれない。言われるまで意識していなかったが。

というビックリするオチが待っていた。wwwww



オイラ的には、奥菜恵や深田恭子の方が(・∀・)イイ!!と思うぞ。w

続きを読む

2018.01.15 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

ゴネるヤツは自分が言ってることは内心理不尽だと知っている。



2018.01.04 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(2) |

11月末にパソコンの調子が悪くなったことは前に書いた。

激太り?wwwww

ちなみに、オイラのパソコンはDELLのstudio 1747という機種だった。



2010年に買ったので、すでに7年以上使っているが、Windows 10を入れるまでは何の問題もなく動いていた。ところが、Windows 7のサポートが終わるという言葉に踊らされ、Windows 10を入れてから、動作がオカシクなった。タスクマネージャーの「パフォーマンス」を見ると、「アクティブな時間」が100%になっていた。そして、動作がだんだん遅くなり、しばしばフリーズするようになった。突然、画面が真っ暗になり、1600×900の17インチ・モニターの画面が1152×864になり、画像がすべて激太りした。w

その後、この状態で使っていたが、ちょっとハードな使い方をすると、突然、電源が落ちることが2~3度あった。いよいよ新しい機種を買うことにしたら、12月20日、突然、画面が1600×900に戻った。しかし、動作が遅いのは相変わらずで、起動とシャットダウンに時間がかかるようになった。

そこで、12月23日、新しいパソコンを買った。

続きを読む

2017.12.27 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(2) |

1994年3月14日のホワイトデーに買ったキャンディベアのクマちゃん。


なぜか両手を前で組んでいるので、そこにカルピスのおまけでついてきたネズミを持たせたりしていた。

ちなみに、はいていたズボンがボロボロになってしまったので、母親がこのズボンをつくってくれた。

その両手をつないでいた糸が切れてしまった。



そして、腕が長いことに初めて気づいた。w

長濱ねるの「サル腕」を見たときの違和感に似ている。wwwww

2017.12.14 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |



まどちゃん激太り。

…ではなく、オイラのパソコンが昨夜から、横長になってしまった。

1600×900の画面に1152×864しか映らない。

だから、画像はぜんぶ激太りなのだ。

何しても直らないので、パソコンを買い替えなくてはならないかもしれない。orz

2017.11.24 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(4) |

このような話は、授業で「薬害」の話をするとき以外は、あまりしない。




ツイートにもあるように、オイラの母親は新聞を隅から隅まで読む人だったので、ドイツでイソミン(つわりの薬=サリドマイド)を服用した母親からアザラシ肢症の赤ん坊が生まれているという小さな記事を見つけ、医師から勧められて飲んでいたイソミンをやめた。結果、オイラはサリドマイド児にならずに済んだ。

ブログの説明のところに

「知は力なり」という言葉があるように、ある情報にアクセスできるか、できないかでその人の行動はまったく異なったものになってしまいます(情報の非対称性)。このブログは、「情報の非対称性」を克服することを目的に、記事を書いています。(冗談ですw)

とあるのは、ある情報にアクセスできるかが、人の行動どころか、人生すら変えてしまうから。

続きを読む

2017.10.24 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

chitoseさんから紹介された

エゴグラムによる性格診断

をやってみた。



貴方のタイプはbaacbです

【エゴグラムによるあなたの性格診断結果】

性格
 なかなか優しく思い遣りの深い性格ですが、無闇矢鱈に優しいのでは無く、或る程度合理的な計算の上に立った優しさの持ち主なのです。現実に即した冷静な分析判断が得意で、どんな場面に遭遇しても、我を忘れて激昂するような事は、滅多にありません。それは計算された理性から来るものも少なくないのですが、それよりも、元々、喜怒哀楽の落差が殆ど無いと云う感受性不足の面から来るものも、決して少なく有りません。

恋愛・結婚
 慎重に相手を選ぶ冷静な目と、矢鱈に相手の欠点を煎じ詰めない気持ちの余裕が有りますので、恋愛や結婚は纏まり易いでしょう。我慢強い上に思い遣りが有り、生活態度も合理的なので、性格的には最も離婚率の低いタイプの一つに属するでしょう。

職業適性
 表現力や想像力に欠けるので、芸能、芸術方面には不向きです。思い遣りや同情心が高いからと云って、宗教家やカウンセラーなどにも不向きです。何故なら、或る目的に沿って人々を扇動して行くような作業は性格的に苦手だからです。最も適している仕事は、高い判断力と人当たりの良さを活かして、指揮官を補佐するブレーンのような仕事とか、営業マン、秘書、風俗営業従業者、美容師などの仕事が、性格的には最適でしょう。

対人関係
 人付き合いの面で、道を誤る様な事は余り無いでしょうが、相手と場所によっては、時々羽目を外す様な事も貴方には必要でしょう。と云いますのは、貴方の全体的印象と云うものが、何処となく沈欝なものを相手に与えるタイプに属しているからです。



「表現力や想像力に欠けるので、芸能、芸術方面には不向きです」←この部分以外は、けっこう当たっている。w

2017.10.17 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(4) |

もともとエプソンの PX-201 をずっと使っていた。



しかし、2年ほど前、インクヘッドが汚れて、何をしても印刷できなくなってしまった。

そこで、父親の遺品wだったヒューレットパッカードの PSC 1210 を使ってきた。



が、それもインクの出が悪くなった。

そこで、新たにブラザーの DCP-J968N を買った。



写真印刷はほとんどせず、文字印刷中心なので、これでよい。また、ランニングコストが、キャ○ン、エ○ソンなどの他社製品の半分くらいというのが、最大の魅力だ。しかも、価格が、売り出し当初は23,000円だったのが、15,000円まで落ちてきて、この秋の新製品売り出し前で10,000円になっていた。w

3年前にブラザーの複合機 MFC-J987DN を買って、家族全体で使っていて、年賀状の印刷のときだけ、利用していた。

ブラザー複合機

そんなわけでよい買い物をしたな。w

2017.09.11 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |



今年は、冬に肥料をあげたので、例年よりは大きく実ったが、一つだけ残してあとはみな落ちてしまった。

落ちた実を、母親が拾ってきて、試しに食べてみた。

甘かった。そんなに甘くはないが、控えめな甘さ。そして、歯触りは、熟れすぎたカキの実に近い。不味くはない。

2017.09.10 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |