FC2ブログ
テラスハウス「やらせ」事件の本質について、安冨歩氏と清水有高氏が解説。




 ・木村花さんがSNSで叩かれ自殺に追い込まれた。

 ・叩かれた原因がSNSでの「炎上」狙いの「仕込み」であった。

 ・番組が人気だったのは「リアル」というテイを取っていたから!

 ・出演者にリスクだけ取らせて、利益は放送局が取る。

 ・「やらせ」を行わせるのは制作会社でテレビ局は手を汚さない。

 ・女性が帽子を叩き落としたから「炎上」=女性差別

 ・今はフジテレビが叩かれている! ←どこかで見た光景w

 ・人のウワサの暴力性がネットで増幅!という現実

 ・真実だけを報道しても解決しない! ←ツマンナイから

 ・テレビ局は「炎上」狙いで番組をつくったらアウト!






※ 清水氏が巻き込まれた事件

 2018年2月、清水氏が経営する求人広告会社ビ・ハイアで働いていた女性が自らの命を絶ち、原因は会社側からの異常なパワハラがあったとされた事件。動画に出てくる「反論の証拠はここにあります。これをちゃんと報道してくれるんですか?」→「今回は清水さんが“悪者”なんで、今回は取り上げません! 台本がくるっちゃいます」はこのときの話。

2020.07.10 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |



数日前、叔母(母の妹)から大量のタマネギとジャガイモと青じそが送られてきた。朝、妹が「今日はお休みだからポテトサラダをつくる!」と言っていた。お休みだから!←休日じゃなきゃつくれない!のだ。

このコロナ騒動の中、その妹が、スーパーでレジのお姉さんにジジイが「なんだこの幕は!」と透明なビニール製の衝立に因縁をつけていたのを見た!と激昂していた。そんなジジイいるのか?と思ったが、数日後、「自分だけ守られようとしやかって!」と因縁をつけているジジイをオイラも目撃した。

日本のジジイはクズが多いのか? オイラももうすぐジジイになるが、こんなジジイにはなりたくない!と思ったぞ。

2020.07.09 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |




2020.07.09 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

熊本県南部に記録て大雨が降り、球磨川で決壊やはん濫が起き、大きな被害となった。

記録的な大雨で、川の氾濫や土砂崩れが相次いだ熊本県では、これまでに24人が死亡し、16人が心肺停止、11人が行方不明となっています。まだ被害を把握できていない地域もあり、警察や消防、自衛隊などが引き続き捜索して確認を進めています。

記録的な大雨で、熊本県では球磨川など2つの川の11か所で氾濫したほか、球磨川の堤防が決壊し、いずれも広い範囲が水につかりました。

     [中略]

また、球磨村の渡地区にある特別養護老人ホーム「千寿園」では、川の水があふれて水につかり、入所者やスタッフなどおよそ50人が取り残され、入所者14人が心肺停止となっています。

記録的大雨 熊本県で24人死亡 行方不明者11人 捜索続く


 熊本県に降った記録的大雨によって、球磨川で決壊や氾濫が確認された計12カ所は、いずれも洪水の危険性が高い「重要水防箇所」とみられることが5日、国土交通省九州地方整備局への取材で分かった。決壊した区域は、堤防の漏水などに注意が必要と指摘されていた。

 九地整によると、5日正午現在、球磨川の国管理区間では決壊が1カ所、氾濫が11カ所確認され、うち半数が上流部だった。12カ所の内訳は、水害の危険性が極めて高い「Aランク」が1カ所、堤防の高さは想定水位を上回っているものの十分な余裕がない「Bランク」が6カ所、堤防に壊れた跡などがみられる「要注意」が5カ所だった。

 熊本県人吉市中神町で約20メートルにわたり決壊した堤防は、蛇行していた川の形を整備した箇所だが、地質の弱さや漏水の恐れが指摘されており、「要注意」に指定されていた。

決壊・氾濫は「重要水防箇所」 球磨川12カ所の危険性、事前に指摘

今回の水害は、人吉盆地に降った雨が、ぜんぶ盆地の出口に集まって、そこではん濫したものだ。

堤防の決壊を防ぐには、鋼矢板を入れた堤防をつくる必要がある。

インプラント堤防

しかし、今回は、そのような堤防でも、決壊は防げたが、はん濫自体は防げなかったと思う。

14人が心肺停止となった特別養護老人ホーム「千寿園」は、支流の「小川」が球磨川と合流する場所にあり、球磨川の水位が上がって「小川」の流れを止め、その水が溢れ出したと思われる。

地方では、広い土地を生かして平屋の介護施設がつくられているが、川に近いところでは2階(できれば3階)建てにするように基準を改めるべきだと思う。


リンクがキレてたら…

続きを読む

2020.07.06 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |


感染拡大 Yo!警戒


“夜の街”だYo! Yo!注意


7月3日は奈々未の日!


ラップかYo!!


若干 関係ない人も…wwwww

2020.07.03 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

ブログには書いてなかったけど、5月1日(金)にこんなことがあった。

妹のピアノ教室の生徒の友だちのお父さんがコロナで入院した。その人の奥さんは咳の症状があるので、実家の離れで自主隔離。子ども=生徒の友だちは症状がないが、母の実家で生活している。そして、生徒は何の症状もないが、様子を見るため1か月間ピアノ教室を休むと連絡があった。

妹の生徒は、なんの症状も出なかったので、1か月後に復帰した。しかし…

生徒の友だちのお父さんは、PCR検査は陰性になったが、6月半ばになっても退院できなかった。そればかりか、家族との面会が1日5分に制限されていた。肺の機能が回復せず、重篤な状態が続いていたのだ。

このような例がかなり多いことが報告されている。


驚いたのは、このツイートのリプライ。別の病気だとか、不定愁訴だとか、心の病だとか、まるでHPVワクチンの副反応患者に対するハラスメントみたいになっている。

コイツらみんなコロナに感染して重篤化しろ!と思った。


リンクがキレてたら…

続きを読む

2020.07.02 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

北九州市が、無症状の濃厚接触者にPCR検査の対象を広げたところ、つぎつぎ陽性とのこと。

 新型コロナウイルスの感染確認が続く北九州市。濃厚接触者へのPCR検査を拡充したのが理由の一つとされるが、当初は感染経路不明者の割合も高かった。10日連続となった1日までの感染者113人のうち半数ほどが無症状。専門家は「収束には検査拡充が欠かせない」と指摘する。

 「なぜ出たかはっきり分からない」。5月23日。24日ぶりに新たな感染者が確認されたことを発表した北九州市の担当者はそう述べた。福岡県への緊急事態宣言が解除されて10日ほど。「コロナはなくなっていないことを認識して、市民と気をつけていきたい」

 しかし、この日の3人に続き、24日も3人、25日は6人。しかも、計12人のうち11人の感染経路が分からなかった。北橋健治市長は26日、「第2波の入り口」と危機感を募らせ、「相当数の無症状の人がいると思う。市中感染がそれなりに広がりを持っていると改めて感じている」と話した。

 市はこの前日、感染の有無を調べるPCR検査の対象を広げることを決めた。それまでは国の指針通り、濃厚接触者の中でも発熱などの症状がある人にしぼって検査していたが、無症状の人を含め全員を検査する方針に変更。23日にさかのぼって検査をした。

 福岡県と福岡市、久留米市ではそれまでも症状に関わらず、すべての濃厚接触者にPCR検査を実施。一方、北九州市は5月2日、ドライブスルー方式で検査を受けられる「北九州市PCR検査センター」を設置。多くの検査を受け入れる態勢が整ったことが、方針転換につながった。

 6月1日までに陽性が判明した113人のうち少なくとも61人が無症状。その中で濃厚接触者として検査を受けたのは54人だった。

 市保健衛生課の担当者は「これまでは見逃していたかもしれない無症状の感染者を発見できているのではないか」と話す。

検査広げたら陽性次々 北九州、113人の半数が無症状

無症状の感染者が感染拡大に貢献!wしていたのは事実のようだ。これまでデタラメな検査抑制論を展開してきたメディア、医師、専門家(いわゆる検査スンナ派)は責任を取るべき!

検査スンナ派に対して、検査拡大を訴えていたメディア、医師、専門家は検査しいや(シーア)派か?w

スンナ派 vs.シーア派ってイスラームかよ!wwwww

2020.06.03 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

『日本医事新報』5月30日号に載った帝京大学名誉教授・渡辺晋一氏の「日本の感染症対策は世界標準か?」



「政府は審査のキャパシティーを守ることの方が、国民の命を守ることより重要だと言うのであろうか」

「症状がない人は感染源になるし、急変して死亡することもある。政府が患者を見つけ出す努力をしないので、国民に外出自粛を求めるのは、国民への責任転嫁である」

「今まで日本の感染症対策に関する寄稿をしてきたが、一向に改善の兆しが見えず、意味がないようである」

正論だな!

2020.05.31 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |


本日、ある用事(受診ではない)で東京都のがん診療連携拠点病院に行った。そこの総合診療科の待合室にいたわけだが、隣が救急外来でそこでのやり取りが聞こえてきた。

それによると、これから救急搬送されてくる患者が、介護施設に入居している80代の女性で、39℃台の高熱と血中酸素飽和度から新型コロナウイルス感染が疑われていた。救急隊員は方々で断られているらしく、電話を受けていた職員が「若干、キレぎみ」と感想を述べていた。

この病院では、新型コロナウィルス感染症にかかわる診療体制を縮小したばかりで、コロナ対応の部署は目一杯で対応できないので、別の感染症部署で診察するしかない。そこの医師を呼び出して、対応させることになったようだ。「さて、何と説得したらいいものか」という職員の声が聞こえてきた。しかし、その医師はあっさり納得したようだった。

ようやく患者を受け入れることに決まったが、救急外来に入って来られたら、そこにいる患者が感染してしまうので、「寮の近くの入り口から入るように」と救急隊員に指示していた。

ここで用事が済んでしまったので、その後どうなったかはわからない。コロナ疑いの患者も救急外来には来ないのだから、そこにいてもわかるわけない。

ちなみに、この病院の上空もブルーインパルスが飛んだんだが、おそらく誰も見てないだろう。だって、それどころじゃなさそうだったから…。

2020.05.29 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

女性プロレスラー木村花さんが亡くなった件について、ハフポストが記事を書いていた。

人気リアリティーショー「テラスハウス」に出演しているプロレスラーの木村花さんが5月23日に亡くなったことを受けて、テラスハウスの元メンバーの水越愛華さんがInstagramを更新。死の直前まで木村さんとやりとりしていたこと、異変に気づき木村さんの自宅に向かったことなどを明かした。また、「表に立つ仕事をしている人もみんな人間」「覚悟が足りない、メンタルが弱いという問題じゃない」と、ネット上での誹謗中傷に対する反論をつづった。

     [中略]

異変に気づき、すぐに自宅を飛び出し
彼女の家に向かいました。
家に着いてもそこに姿は無かったので、
病院に向かいました。
病院に着いたら、変わり果てた彼女が居ました。
向かっている最中、私はどこかで
生きてるだろうと思い込んでいました。

木村花さん急死、元テラハメンバーの水越愛華さんが直前の様子を投稿「異変に気づき、彼女の家に向かいました」

これを読むと、木村さんが自殺したのは事実のようだ。

しかし、母の響子さんは娘のプライバシーを暴くことをやめて欲しいと訴えている。


リンクがキレてたら…

続きを読む

2020.05.25 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

女性プロレスラーが亡くなった件について違和感を三点ほど…。

恋愛リアリティショー『テラスハウス』最新シーズン「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」に出演中だったプロレスラー・木村花さん(享年22)が、23日に亡くなったことがわかった。ネット上で木村さんへ心ないコメントを寄せていた人たちが次々とアカウントを削除している。

■ 木村花さん、誹謗中傷に苦悩

同日のInstagramのストーリーズで木村さんは「さようなら。」という言葉を投稿。ネット上には心配する声が多数書き込まれていた。

木村さんは「テラスハウス」にて、自身のプロレスの衣装を誤って洗濯されてしまったことでメンバーと衝突。

この“コスチューム事件”をきかっけに批判の声が増加し、SNSなどでは誹謗中傷に苦しむ胸の内を発信していた。

木村さんの死去後、誹謗中傷で花さんを叩いていた“アンチ”は次々とアカウントを削除している。ただ、投稿履歴はデータベースに残るため開示請求で投稿者の身元は明らかとなり、悪質な場合は逮捕され損害賠償となる可能性もある。

■ 木村花さんが死去

木村さんが所属するプロレス団体・スターダムは、公式サイトにて「当社所属選手木村花選手が本日5月23日逝去いたしました」と報告。「突然のことでファンの皆様、関係者の皆様には深いご心配と、哀しみとなり、大変申し訳ございません。詳細につきましては、いまだ把握出来ていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります」と伝えた。

木村さんはテラスハウスに2019年9月より入居していた。神奈川県横浜市出身。1997年9月3日生まれ。インドネシア人の父と日本人の母を持つ。(modelpress編集部)

2020.05.23 15:58
「テラハ」出演中の木村花さん死去 叩いていたアンチがアカウントを次々と削除

第一に、この方が自殺した前提で話が進んでいるけど、そこのところはハッキリしてないので、先走り過ぎなのでは?

身内とか関係者ではない連中が、自殺前提で怒ったりしてるのが謎! 事実が明らかになってから怒ったらって感じ。

ただし、ホントに自殺だった場合、詳細は伝えられない。それは「群発自殺」を防ぐため。

日本のマスコミは自殺幇助だな。w


第二に、「テラスハウス」ってまだやってたの?ってこと。

いちばん最初にきたりえ(北原里英)が出てたので見たけど、演出あり!って印象だったので、きたりえが出なくなった段階で見るのをやめた。

「コスチューム事件」だって、番組を盛り上げるための演出なんじゃないかと思えるので、それに腹を立てて誹謗中傷するのってバカすぎない?


第三に、誹謗中傷した連中に皆さんお怒りのようですが、「まほ信」が怒ってるのには笑った。オマエらがNGTメンバーにしてたことじゃん! なぜ他人を叩けるのか?って思っちゃうよ。

2020.05.24 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

田中康夫氏が書いた《アビガンの副作用は「サリドマイドを想起させる」》って記事。



世界が危ぶむ「井の中の蛙」ニッポン(PDF)

サリドマイドは、妊婦が服用した場合に、サリドマイド胎芽症の新生児が生まれ、1960年前後に世界規模の薬害となった。西ドイツで約3000人、日本で約300人、世界全体で3900人の被害を与えた。ただし、30%が死産だったので、総数は5800人とされている。

そして、睡眠薬として市販され、妊婦の「つわり」の症状改善のために調剤されていたのだ。もちろん、副作用については知られていなかった。

ちなみに、オイラの母親は、オイラを妊娠中に医者から勧められて、サリドマイドを飲んでいた。しかし、海外で新生児に奇形が生じているという記事を新聞で読み、飲むのをやめた。その結果、オイラはサリドマイド禍を逃れることができた。

アビガンは、副作用が知られ、妊婦や妊娠する可能性のある女性、妊娠させる可能性のある男性は使用しないというルールの下で使用される。だから、サリドマイドと同じ被害を与えるとは思えない。

そもそもサリドマイド自身が、今では、ハンセン病の治療薬や多発生骨髄腫(骨髄がん)の治療薬として使用されているのだ。

2020.05.20 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

本田克也筑波大学教授が日本でPCR検査が増えない理由を語っている。

 新型コロナウイルスのPCR検査について、冤罪(えんざい)が証明された足利事件のDNA型再鑑定を担当するなど、遺伝子検査に精通する筑波大の本田克也(ほんだかつや)教授(63)=法医学=が17日までに、下野新聞社の取材に応じ、「日本は古い技術のままで、手作業の多い方法で行っている」と、検査件数が増えない理由を指摘した。検査増に向けた打開策として、海外で多く使用されている自動化した検査機器の導入の必要性を強調した。

     [中略]

 本田教授は「新型コロナウイルスのPCR検査は、時間も手間もかかり技術が必要だ」と指摘する。海外で主流の自動化した検査機器は、国内で一般に使われている検査機器の約10倍に当たる約1千件の検査が可能であり、法医学分野の大学などに導入すれば、検査数を増やせるという。

 またPCR検査では陽性と陰性の取り違いが疑われるケースも出ているが、「手作業がかかわっているところはエラーが生じる可能性はある」と述べ、陽性の場合は1回でも良いとされている国の指針に疑問を呈した。

PCR検査 なぜ増えない 筑波大・本田教授に聞く

政府が研究費をケチって自動化できていないからPCR検査が増えないんだそうだ。

緊縮財政派=新自由主義者がクソ!がここでも証明された。


リンクがキレてたら…

続きを読む

2020.05.19 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

ダレノガレ明美さん薬物使用という虚偽記事を掲載
   ↓   ↓

コロナ禍で握手会ができず48/46グループは衰退との記事
   ↓   ↓


たーちん氏も書いているように、CD握手券を封入したのはレコード会社で、運営が仕掛けたわけではない。

ひょんさまがなぜ売れているかわからん!という記事
   ↓   ↓

いろいろツッコミどころがあるので記事にした。w
  ↓  ↓
ひょんさま評

AERA.dotって、数日に1件のペースでクズ記事が出てくる。大丈夫か?wwwww

2020.05.18 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

よしりん(小林よしのり)が吉田豪と久田将義をバカにしてる記事を読んだが、不良高齢者か?と思った。

 わしは新コロなどインフルエンザよりも怖くないと確信しているから、ネット生放送の『オドレら正気か?』でも泉美木蘭さんと密閉空間で、「ソーシャル・ディスタンス」なんてクソくらえの至近距離で濃厚接触してしゃべりまくっているし、泉美さんも全くそれを気にもしていない。

 ところが吉田と久田は、新コロが怖くて怖くて家から出られず、いつもつるんで話している相手と顔を合わせることすらできないのだ!

 わしは世の中が、いくら自粛が善だとか「うちにいよう、大切な人のために」とか言おうと一切無視してマスクもせずに普通に外出している不良だが、こいつらは普段からアウトローを気取っていたくせに、今はあろうことか、小池百合子なんかの言いつけに黙って従っておとなしく「STAY HOME」している、従順なよいこちゃんに成り果てているのだ!!

第372回「吉田豪という臆病者」

スーパーのレジに張ってある透明の幕を指差して「なんで、こんなモノ張ってるんだ! 自分だけ守られたいのか? ふざけんな!」って叫んでるジジイみたいな発言なんだが…。いやいやオマエも守られてんだよ!wwwww


喘息という基礎疾患を持つ66歳のよしりんこそ、新型コロナウイルス感染に気をつけなきゃならんのでは?と思うんだが…。

不良カコイイってメンタリティの人はケヤカス(欅坂46信者)になると
(・∀・)イイ!!w

2020.05.13 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

九州大学名誉教授・小田垣孝氏が、PCR検査を2倍に増やせば、国民の接触機会5割減、4倍に増やせば、0割減でも、早期収束が可能との見解を示した。

 新型コロナウイルスのPCR検査を増やすことで自宅などで隔離療養する感染者を倍増できるなら、国民の接触機会は、国が求める「8割減」でなく「5割減」でも、感染は早期に収まるとする計算結果を、九州大学の小田垣孝名誉教授(社会物理学)がまとめた。経済活動と感染拡大防止の両立の「かぎ」はPCR検査にあることを定量的に示したもので、議論を呼びそうだ。

PCR検査を倍にすれば、接触「5割減」でも収束可能?

結論部分だけ、引用すると…



現在世界中で、都市封鎖を含む様々な対策が取られている。典型的な対策に対して具体的に市中感染者の減少率を求め、市中感染者数が 1/10 になるまでの日数 𝑇 を比較したものを表 2 に示す。また、市中感染者の変化の様子を図 4 に示す。





明らかに PCR 検査数を増やし、感染者を隔離する対策が最も有効であることが分かる。このことは、既に多くの専門家が指摘しているところである。もちろん全員検査は物理的にも、時間的にも、極めて難しいであろうが、「発熱後 4 日間待って検査する」という現在の方針を改め、発熱、咳・痰、味覚障害、倦怠感など感染症の兆候が一つでも出た人(できればその接触者全員を含めて)は、即日 PCR 検査を行い、陽性者の (ホテル・自宅での隔離を含めた) 隔離を行うことが有効である。図4の曲線(4)で示したように、検査率(隔離率)を 2 倍に増やし、接触自粛を 5 割程度にするだけで、都市封鎖(2)より効果的であることが分かる。

検査数、隔離数を増やすと、医療関係者や行政の担当者、隔離される人とその家族は大変であろうが、すでにいくつかの自治体が取り組んでいるように、うまく機能する隔離の仕組みを導入し、PCR 検査数を増やすべきである。

新型コロナウイルスの蔓延に関する一考察(PDF)



つまりはPCR検査をしてこなかった政府はクソということだ。w

2020.05.10 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

よしりん先生のコロナウイルスにかんする見解。







わしが6月14日「ゴー宣道場」開催を言ったら、門下生からの反響は「嬉しい」という者が多い。
だが、本当は怖いと思っている者もいるかもしれないので、わしは同調圧力を高めない。
だから「覚悟して蛮勇をふるえる門下生だけが手伝ってくれ」と大げさに書いている。

今の時点では、道場に行くと言ったら、家族が反対するかもしれない。
だが、人の気持ちはあっという間に変わる。
5月になり、6月になるころには、マスコミの洗脳が溶けるかもしれない。

     [中略]

5月になれば国民が自分たちの異常さに気付くと、わしは期待している。
今はわしが先頭を切ってやってるが、5月にはわしの意見が通るしかない状況がやってくる。
6月になればまた全然違う世論が湧きおこってくるだろう。

AKB48の「ファーストラビット」の歌詞を読んでみろ。
わしが最初のウサギだと分かるから。

2020.04.12(日)
ファーストラビット

コロナはインフルエンザと変わらん!ので、自粛する必要はない!という見解らしい。

本人がそう思うのは勝手だが、コロナ感染の拡大に手を貸されては迷惑である。

おとなしくしてて欲しいな。

2020.04.13 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |


肺炎で亡くなった人は全員CT検査を受けていると宣ったスシロー氏、オイラの父親は肺炎で亡くなったけど、CT検査は受けておりません。なぜなら、肺炎かどうかはレントゲン検査で分かるから。

問題はPCR検査で、新型コロナウィルスに感染しているかどうか、確定診断が必要なのだが、それができていない。


↓のように、PCR検査はほとんど行われていない。


CT検査に話は戻るけど、日本のCT保有台数は100万人あたり107.2台(2016年)で、日本の人口は1億2709万人(2015年)なので、総数は1万3790台ある。

2017年正月、認知症で施設に入居していた伯母が、車いすから落ちて目の上を切った。クリニックに連れて行って、傷を縫ってもらったけど、念のため、頭部CT検査を行った。驚いたのは、大して大きなクリニックでもないのに、ちゃんとCTスキャンがあったこと。

つまり、CT検査は可能だ。しかし、それよりPCR検査だろ。保健所がパンクってニュースでやってたけど、民間に委託しろよ。1割しか民間にやらせてないだろ。

2020.04.07 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |



2019年の累計滞在時間を100とした時、2020年で最も累計滞在場所が減少していたのは30代で16。それに対し昨年より累計滞在時間が上昇していたのは60代で107。 年齢の高い方が長時間滞在している傾向です。

お花見シーズンの上野公園、若者は行動を自粛していた

60代、逆に増えてるって、どゆこと?



同期間同エリアで各年代の平均滞在時間を算出しました。2019年と比較して最も平均滞在時間が減少していたのは40代で42%、平均滞在時間が増加していたのは60代で119%でした。20代~40代は平均滞在時間で見ても自粛に対する意識が高いようです。

こっちも増えてる!

若者(20代はともかく30代・40代が若者ってw)の感染者数が増えているのは、祭りや盛り場に行くのを自粛してないのではなく、満員電車で通勤してるからでは?

2020.04.06 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |