fc2ブログ
テレ朝「イワクラと吉住の番組」と日テレ「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」を両方とも見逃し、TVerで見た。



「渋谷の旅」の五百城茉央、冨里奈央出演シーンがTVerでは全カットされていたので、その部分はコチラで…


カテゴリーが「坂道G」になっているのは、影山優佳の「ハシゴの旅」も含んでいるからw

2024.03.20 | 坂道G | トラックバック(0) | コメント(0) |


ミホ・ワタナベの出身高校は、その手のサイトに載っていたが、そんなに早くバレてたんだ。

あかねん軍曹(守屋茜)の出身高校は、冠番組で話した部活の名前が特殊過ぎてバレ、さらに卒業証書がダメ押しだった。中学校は、冠番組での本人の発言から中体連の公式記録!で知ったが、誰にも知らせなかった。…が、最近、その手のサイトを見たら、しっかり載っていたので、オイラみたいなやつが他にもいるんだな!と思った。

たぬたぬ(長濱ねる)の出身高校は、高校生クイズに出たときの動画で知られていた。中学校は、読書感想文の優秀作品集からバレたんだろうと思う。たぬたぬの個人情報は、ヲタが中通島に行って聞くと、島民が喜んで話してしまうそうだ。怖いなw

アホやねん(早川聖来)の出身高校は、同級生だった坂口有望の出身校としてWikipediaに載っていて(今はない)、しかも情報源が出身校の図書室!だった。中学校は、部活で2校に絞られていて、本人がラジオで話した内容から1つに絞ることができた(こっちはまだバレてない)。

この手の情報を知っても、オイラは絶対に公表しないのだが、それができない連中が多すぎるw


リンクがキレてたら…

続きを読む

2023.09.28 | 坂道G | トラックバック(0) | コメント(0) |


今ごろ、早川聖来の実家ではパパとママが大騒ぎしていると思われるw

続きを読む

2023.09.14 | 坂道G | トラックバック(0) | コメント(0) |



ドラマ「アクトレス」で、和田徹探偵事務所長を演じていた菅原大吉さん。

原作『アクトレス』では、和田は元捜査一課長でストロベリーナイト事件を指揮していたとあった。しかし、ドラマ「ストロベリーナイト」に和田の名はなく、何かの間違いかと思ったら、劇場版「ストロベリーナイト」、原作は『インビジブルレイン』に登場していた。

しかし、演じていたのは、菅原大吉さんではなく…

続きを読む

2023.06.04 | 坂道G | トラックバック(0) | コメント(0) |



赤い鉄塔のある場所で、殺してしまった妹・加藤和美=真瀬環菜(伊藤理々杏)の後を追って自殺しようとする姉・里英(上原実矩)を、恋人・大木征志郎(森岡龍)とともに、森奈緒(森田ひかる)、片山希莉(齊藤京子)、田川朋美(大園玲)が止める。

自殺を思いとどまった里英は警察に自首し、大木は服役する彼女の帰りを待つ。ドラマ「ボーダレス」と似たラストw

原作だと、里英がかつて子宮筋腫で入院して子宮を全摘出した病院に向かい、それを奈緒、希莉、芭留、大木が追うが、見つけたときには、すでに覆面パトカーに取り囲まれ、里英が逮捕されておしまい!だった。←見せ場がない!wwwww

続きを読む

2023.06.03 | 坂道G | トラックバック(0) | コメント(0) |

誉田哲也[著]『アクトレス』(光文社、2022年)を読んだ。


ドラマとの最大の違いは、警察を辞めて母の介護をしていた森奈緒(森田ひかる)を和田徹探偵事務所に誘ったのは、中島(旧姓 市原)琴音(小林由依)の高校の後輩である田川朋美(大園玲)ではなく、海洋探査会社から探偵事務所に転職していた八辻芭留(渡邉理佐)だということ。

りさ様の櫻坂46「卒業」を想定していなかったので、ドラマ撮影に当たって、「田川朋美」というキャラを新たにつくり、れいちゃんを起用したようだ。

ドラマでは描かれていない芭留と菜緒の探偵事務所入りを原作は詳しく描いている。

『ボーダレス』(原作)でも話題になっていたストロベリーナイト事件が『アクトレス』(原作)でも話題になっていて、探偵事務所の所長・和田(菅原大吉)は、ストロベリーナイト事件のときの捜査一課長だったという設定になっている。

この記事を書いている段階ではドラマの最終回は配信されていないので、ラストがどうなるか不明なのだが、原作だと真瀬環菜(伊藤理々杏)と犯人との葛藤が描かれており、りりあんの演技がけっこう重要になってくる。

「ボーダレス」のときは、琴音と叶音(早川聖来)姉妹の葛藤があったけど、そういう役は演技経験のあるメンバーにあてがわれるんだな、と思った。

ラストもドラマと原作では違った形になりそうだ。原作はかなりあっけないラストなのだが、ドラマだと、それではあんまりなので、違った形になると思う。

ドラマでの叶音の登場シーンが少ないんだけど、原作も同じくらい少ない。「ボーダレス」では、原作の意味不明な姉への反発が、姉しか見ていない中島和志(押田岳)への片想いに変えられていた。その結果、わかりやすくなったのと、登場シーンが大幅に増えた。

ちなみに、原作の和志は、イケメンではなく、年齢も琴音と10歳くらい離れているので、叶音が恋心を抱くとは思えないw

また、ドラマには登場しない和志の家族と琴音との関係も原作では描かれている。和志の妹・咲月は、『ボーダレス』では琴音よりかなり年上だと思っていたら、『アクトレス』だと3歳しか離れていなかったので、ずいぶん年の離れたきょうだいなんだなw

「古書堂ものがたり」は半年以上前に撮影していたので、こっちもそれくらい前だったら、アホやねんの体調不良もあって、登場シーンが少なかったのかもしれない。

2023.06.02 | 坂道G | トラックバック(0) | コメント(0) |

ドラマ「アクトレス」、episode 6まで観た。




入院中のミズタマリ(林瑠奈)のお見舞いに来た面々。ミズタマリって名前が嫌だから、ミッキーと名乗ってるって設定。叶音(早川聖来)がいないけど、ドミナンでお留守番w

このときのるなぴの演技がヤバイくらいヘタだった。ハイテンションな人って設定だから、そのとおりに演技したんだろうけど、それが完全に裏目に出て、不自然な演技に…。演技って難しいねw

行方不明だった希莉(齋藤京子)も見つかり(くわしくはドラマを見てw)、終了!って思ったら、希莉が事件に首を突っ込みたがり、奈緒(森田ひかる)と朋美(大園玲)もつき合うことに…って展開。どうせ琴音(小林由依)もつき合わされるんだろうなw

2023.05.20 | 坂道G | トラックバック(0) | コメント(0) |

「アクトレス」エピソード5まで観た。







が、乃木坂メンバーは…

続きを読む

2023.05.20 | 坂道G | トラックバック(0) | コメント(0) |

「アクトレス」episode1&2を観た。

■ アクトレス episode1 予告



■ アクトレス episode2 予告



叶音(早川聖来)は、ep.1にちょっと(足を骨折しているw)出てくるが、ep.2にはまったく出てこない。環菜(伊藤理々杏)はep.1で殺される。林瑠奈(役名を知らないw)も出番は少ない。

作者が櫻坂推しなので、奈緒(森田ひかる)や朋美(大園玲)はいっぱい出てくる。でも、琴音(小林由依)の出番は少な目w

ちなみに、希莉(齋藤京子)は、行方不明という設定の割に、回想でやたらと出てくる。

ドラマはドラマとして味わって欲しいという理由で、アホやねんから原作を買って読むなと言われているので、今まで読んでこなかったが、新しく出てくる役名(とくに林w)がわからないので、買って読むことにした。

ちなみに、林の役名を探していたら、ネタバレサイトに行ってしまい、犯人がわかってしまった!orz

2023.04.22 | 坂道G | トラックバック(0) | コメント(0) |

潜水亭氏が日向坂の苦戦を喧伝しているようだ。


しかし、そもそも日向坂の苦戦って何?

【三坂の初週売上の推移(単位:万枚)】


コロナ前と比べると、どの坂道グループも初週売上を下げている。

しかし、乃木坂46は4割*、欅坂46/櫻坂46は5割*も減らしているのに対して、日向坂46は25%*減と健闘していた。客が逃げてない分、戻って来ないのだろう。

乃木坂46の4割減は、「しあわせの保護色」と「僕は僕を好きになる」の差だから4割にとどまっているわけで、「Actually...」との差だったら半分以下になってしまう。

その後、「好きというのはロックだぜ!」で11万3000枚、「ここにはないもの」で7万7000枚、「人は夢を二度見る」で9000枚増やしているが、「しあわせの保護色」の2/3にしか回復していない。

他のグループを腐すほど強いわけではない。残念ながら…

続きを読む

2023.04.04 | 坂道G | トラックバック(0) | コメント(0) |



その本を探して欲しいと美月に頼まれたのは、ドラマの役づくりのためとのことだった。珍しい本なので大学図書館に当たったら、ある大学のハンガリー人の教授の研究室にあることがわかった。その教授は、日本語が堪能なので、言葉で困ることはないとのことだった。その旨、美月に報告したら、不安だからいっしょに行って欲しいと言われた。

美月とは大学のカフェテリアで待ち合わせをした。教授から、学会での報告のため大学に行くのが遅くなるとの連絡を受けたので、彼が来るのを待っていた。美月は連絡することがあると出ていき、彼女を待っていると、女学生が声をかけてきた。「あの人、ドラマに出ている女優さんじゃないですか?」と… 美月だと知られると騒ぎになるので、「よく似てるって言われて困ってるみたいですよ」と誤魔化した。

     ☆   ☆   ☆

研究室はかなり散らかっていたので、教授は本をなかなか見つけられないようだった。美月には待ってもらって、私も教授といっしょに本を探した。ようやく本を見つけて、美月に渡したが、美月の様子がおかしかった。私と美月は、教授に礼を言って、研究室を出た。

美月の様子が気になったので、さっきのカフェテリアで事情を聴いた。美月は、役の設定に不満があり、制作側と揉めているとのことだった。美月が本を探して欲しかったのは、その設定を受け入れるための確信が欲しかったからだった。

私は不満があっても制作側の方針に従った方が良いのでは?的なことを話したら、美月は、それはわかっているが、自分が納得できないのだ、と語った。そして、「あなたにそう言われるとは思わなかった」と言われてしまった。

続きを読む

2023.03.31 | 坂道G | トラックバック(0) | コメント(0) |

予告編が限定公開だそうだ。

■ アクトレス



いきなり死んじゃうりりあんw

2023.03.24 | 坂道G | トラックバック(0) | コメント(0) |


「ボーダレス」に出演していたアホやねん、ぽんさん、るんちゃん、きょんこに加え、りりあん、884さん、大園玲ちゃんが出演する。

ただ、「Lemino」のしくみがイマイチわからんw

2023.03.06 | 坂道G | トラックバック(0) | コメント(0) |


沈没亭氏と顔の好みが合いすぎてキモイw

オイラだったら、れんたん(岩本蓮加)の代わりに、でんちゃん(佐藤楓)w

2022.01.07 | 坂道G | トラックバック(0) | コメント(0) |

冗談でつくった、あほやねんとお寿司の謝罪画像w





ノギカスの不始末、紫外線の暴挙を謝罪しているw

2021.10.02 | 坂道G | トラックバック(0) | コメント(0) |

トカゲんぶちょーのYouTube動画にノギカスがコメントして知ったんだけど、こんなスレが立ってたんだってw

【炎上】日向坂、格付けチェックで大御所の前川清・梅沢富美男に席を譲らず「礼儀知らず」と猛批判を浴びる

これ(↓)、見てて、あれっ、前川さんなぜ前に来ないんだろう?とは思った。



でも、こっち(↓)は見逃してたw



無礼な子たちではないので、なんらかの事情があるんだと思う。

それにしても、ノギカス vs.紫外線の争いが激しくて、相手のあら捜しを必死にやってて(草)なんだが…

それにしても、ケヤカスの元気のないこと。推しグループが年末年始番組に出ないと、争いに加われない。orz

2021.01.03 | 坂道G | トラックバック(0) | コメント(2) |



さっき近所のベルクに行ったら、乃木坂46の弓木奈於ちゃん(↑)似の美人がレジをしていた。ちなみに、髪型はポニーテールだった。w

しかし、どう見ても新人(あるいは短期のアルバイト)で、レジに慣れておらず、ぜんぜん列が進まないので、別のレジ(お兄さん)で済ませた。w

ちなみに、ベルクは、日向坂46の埼玉3人娘(金村美玖、丹生明里、渡邉美穂)推しなので、店内に「キュン」が流れていた。w



以前、この店でタルタルチキンを買ったなあ。w

ベルク期間限定タルタルチキン

どうでも(・∀・)イイ!!情報だけど…wwwww

2020.12.27 | 坂道G | トラックバック(0) | コメント(0) |

なんでだろう なんでだろう

なんでだ なんでだろう


「ノギスキ」に山下と早川いないと

ツマンナイのなんでだろう

梅ちゃんががんばってるのわかるけど

ツマンナイのなんでだろう

なんでだろう なんでだろう

なんでだ なんでだろう


「ひなあい」はオモシロイけど

なんか物足りないのなんでだろう

若林の指令でオモシロイことするけど

イイナリっぽいのなんでだろう

なんでだろう なんでだろう

なんでだ なんでだろう


「そこさく」でがんばってるけど

松田のガヤがウザイのなんでだろう

ホントにがんばってるけど

やっぱり浮いてるのなんでだろう

なんでだろう なんでだろう

なんでだ なんでだ なんでだ なんでだろう


※ あくまでも個人の感想ですw

2020.12.22 | 坂道G | トラックバック(0) | コメント(0) |

オイラが動画を引用していた坂道さんのツイッター・アカウントが凍結されました。そのため、動画が見られなくなりました。

YouTubeではよくあることですが、ツイッターでも凍結されるんだなと…。

2020.11.25 | 坂道G | トラックバック(0) | コメント(0) |


何に驚いたかというと、AKB48が落選したことよりも、櫻坂46が出場すること。

そもそも紅白って、デビューした年は出さなかったのに、欅坂46でそれが崩れ、ついに一曲も出してない櫻坂46(Nobody's faultは12月9日発売w)を出場させるという暴挙に! なんでこんなに特別扱いされてるか理解できない。w

ところで、なに歌うの?

乃木坂は「幸せの保護色」? センターいないんですけど…w

櫻坂は今年も「不協和音」ですか??? 以下同文wwwww

日向坂はふつうなら「ソンナコトナイヨ」なんだけど、NHKのすることだからわからない。

この選曲も昔から謎だった。その年に売れた歌を歌わせずに、昔の曲を歌わせるって謎だよね。

ヒット曲がないのに出ている方々への忖度ですか?w

その割には、今年、和田アキ子さんいませんよねw

ところで、松田聖子さんはなぜ??? ←松田聖子枠wwwww


【追加】調べたら、WaT(1か月29日)<TOKIO(3か月10日)<SMAP(3か月22日)<欅坂46(8か月24日)の順だった。今後は、櫻坂46(22日)<NiziU(29日)<…となる。

2020.11.16 | 坂道G | トラックバック(0) | コメント(0) |