FC2ブログ
うほっ! 夏来がみかじょんのブログに出てたお。

Happy New year ! その1。カウントダウンライブ

夏来が“independent”でコーラスしてるって、どこかの雑誌であゆが言ってたんだけど、今でも元気であゆの友だちやってるのがわかったお。w

ぜんぜん関係ないけど、ホリエモン…。

Happy New year ! その2。パラオ

2006.01.11 | Ayu(浜崎あゆみ) | トラックバック(0) | コメント(2) |

こんな本も借りてきた。

『フロイド選集』11巻(「夢判断」上巻、高橋義孝、菊盛英夫・訳、日本教文社、1969年)、12巻(下巻、1970年)

ジェイムズ・ヒルマン・著『魂のコード~心のとびらをひらく』(鏡リュウジ・訳、河出書房新社、1998年)

V.E.フランクル『苦悩する人間』(山田邦男、松田美佳・訳、春秋社、2004年)

西川治編『地理学概論』(「総観地理学講座」1、朝倉書店、1996年)

さて、読めるかな?w

続きを読む

2006.01.11 | | トラックバック(0) | コメント(0) |

なにげにハマパクリをまたハケ~ンしてしまった。しかも、一休さんとは…。w

この道を往けば、どうなるものか。危ぶむなかれ。
危ぶめば、道はなし。
踏み出せば、その一歩が道となり、その一歩が道となる。
迷わず往けよ。往けば、わかる。
一休宗純「道」



怖がって踏み出せずにいる一歩が
重なっていつからか長く長い
道になって手遅れになったりして
そのうちに何となく今の場所も
悪くないかもなんて思いだして
何とか自分に理由つけたりした
“Fly hight”(1999)


ひとつずつ少しずつほら
確かに足跡を残してる
その全てがひとつの
道となり今となる

決していい事ばかり
なんかじゃないけれど
“independent”(2002)

なんかアンチみたいな書き方だな。w

2006.01.11 | Ayu(浜崎あゆみ) | トラックバック(0) | コメント(0) |

今日は、オイラのブログでも大人気のきっこ姉さんについて語ろう。

きっこの日記

オイラが思うに、きっこ姉さんを突き動かしているものは、いま成功しているもの、力の強いものは、なにか悪いこと、ズルイことをしているから、成功しているのであって、彼らがすぐれた能力を持っていたり、努力をしているからではない、という確信だ。

こうした確信が、巨悪に向けられるときは積極的な意味を持つだろう。たとえば、耐震強度偽装事件とか、BSE問題とかの追求はそういったものだ。

こうした確信は、きっこ姉さんひとりのものではなく、日本の一部マスコミにも共有されている。コレはあくまでも推測なのだが、きっこ姉さんの背後にはそうしたマスコミ関係者がいて、きっこ姉さんに情報を提供しているのではないだろうか?

続きを読む

2006.01.11 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |