FC2ブログ
「きっこの日記」に野口さんの解剖を担当した医師が遺族に話した内容の一部が掲載された。

■2006/03/16 (木) 担当医の証言

担当医は、自殺か他殺かを判断するのは、医師ではなく、警察だと言っている。

2006.03.17 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

今日は風が強い日だった。15日に請求した書類を独立行政法人某大学に取りに行った。帰りに神保町によって必要な書籍も買おうと思っていた。

12:00~13:00には窓口が閉まってしまうので、そのまえに行こうと思い、11:30に着いた。ところが、窓口が閉まっている。「会議のため、10:30~11:30窓口を閉めます。用件は11:30以降にお願いします」という貼り紙があった。オイオイ、もう11:30を過ぎたよ。会議が長引いているのかな?と思いつつ待ったが、12:00になってしまった。どうやら30分だけ仕事をするのがイヤなので、サボっているようだ。(怒)

しょうがないので、食事に行った。しかし、まだ時間があるので、生協書店部でも見ておこうと思ったら、なくなっていた! しかたがないので、南門の前のBOOK OFFに行った。別に欲しい本があるわけじゃないので、テキトウに見ていたら、あゆの“Startin'”がかかったので、聴いていた。w

時間になったので、取りに行ったら、ちゃんと書類ができていた。ていうか、できてるって言うから取りにいったんだけどね。

さて、神保町まで行くのにいちばん安上がりなのは、東西線で九段まで行くことなので、西船橋で乗り換えることとした。←この段階でどこの大学に行ったか、バレバレだな。w ところが、列車がなかなか来ない。なぜなのか? なんと動労千葉がストをしていた。動労千葉って革マルなんだよね。←わからない人は50歳以上の人に聴いておくれ。

で、遅れてきた電車に乗って西船橋に着いたら、こんどは東西線が走っていない。アナウンスによると、強風(風速20m以上)のため荒川の鉄橋を渡れないらしい。むかし、東西線が強風に煽られて、荒川の鉄橋から落ちる事故があった。だから、走らせないのだ。JRや京成は走っているんだから、オカシイぞ。

結局、JRで御茶ノ水まで行くことにした。でも、荒川を渡るときはさすがに徐行していた。並走する快速まで徐行だった。

最近、茨城県のつくば市が、風車で発電させようとして買ったけど、風が弱すぎて風車がまわらないで問題になっている。荒川河口の自治体(江東区、江戸川区)はぜひとも買い取ってあげて欲しい。w

御茶ノ水で下りて、三省堂で必要な書籍を購入した。そのあと、売り場をうろうろしていたら、こんな本を見つけてしまった。

ジャン・スタロバンスキー 著『ソシュールのアナグラム~語の下に潜む語』(金澤忠信 訳、水声社、2006年)

ソシュールのアナグラム研究の本だ。あまりに有名な本なのに、1971年に出版されたから35年間も翻訳されてなかった。衝動的に買ってしまった。w

2006.03.17 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |