FC2ブログ
内田せんせが本を書いたらしい。

『私家版・ユダヤ文化論』脱稿

この記事の前半で語られているのは、まるでオイラのことみたいだ。「性格の悪さ」、「猜疑心の強さ」、「自分の判断力を信用できない」なんて、まるでオイラのことだ。しかも、「たいへんに飽きっぽい人間」で、「いちばん飽きているのは(中略)私自身である」。そーなると、オイラが求めるのは、オイラが「これまでに使ったことのないことば」で、オイラの「脳裏にこれまで浮かんだことのない思念」、オイラが「これまで触れたことのないもの」といった一連の「ないものシリーズ」に集中するところまで…。オイラが探し求めているのは、「私の考え」ではなく、また「誰かの考え」でもない。「他者の思考」なのだ。「他者の思考」とは、まだその思考が誰によっても私的に占有されたことのない思考のことである。

続きを読む

2006.03.29 | Ayu(浜崎あゆみ) | トラックバック(0) | コメント(0) |