FC2ブログ
…だそうです。マサは本気で映画つくる気になっちゃったんだな。みんな、コレやりたがるんだよね。w

エイベックス創立20周年記念映画ストーリー募集!

エイベックス・グループは来たる2008年4月、創立20周年を迎えます。その記念事業の柱の一つとして、大作映画を製作します。目指すのは、「映像と音楽が見事に融合したエンタテインメント・ストーリー」。世界に向けて、ジャパン・オリジナルの音楽映画を。私たちの夢が、始まります。この映画のアイデアを、すべての方々から募集します。ラブストーリー、青春映画、群像劇、ダンス映画…ジャンルは自由です。「音楽」の要素が何か絡んでいて、新しく、世界の誰でも楽しめるものであれば。国籍・年齢・プロ・アマ一切問いません。シナリオや映画の知識がなくても簡単にご応募いただけます。また、エイベックスは受賞者の権利を最大限尊重します。映画化された際はエンドロールにクレジットされます。賞金1,000万円の他、ロイヤリティもお支払いします。さらに将来プロを目指されるのであれば、エイベックス・グループが全面的に支援します。この映画を、ファンの皆様と一緒に作っていくこと。それが20年間支えてくださった皆様への、プレゼントです。

オイラは、小学校6年生のとき、劇の台本書いたことあるけど…。当時、流行っていた「傷だらけの天使」のパロディだったな。なんかみんなで勝手に決めちゃったんだけど、誰も台本書けなくて、オイラが書く羽目になった。でも、オイラ、「傷だらけの天使」見たことないんだよね(親が見せてくれなかった)。だから、適当につくっちゃったんだけど…。w

ストーリーは、銀行強盗団にまちがえられた探偵2人組が、身の潔白を明らかにするために、強盗団を追うっていうよくあるパターン。当時、ブルース=リーが流行ってたんで、強盗団とカンフーで闘ったり、「連れション」のシーンではカセットにとった水の音を流したりして…。で、オイラは、巻き込まれて撃ち殺される男の役やったんだけど、舞台の下にマット引いておいて、そこに転げ落ちたりしたんだよね(←けっこううけた!)。

最後に、探偵2人が強盗団に囲まれて危機一髪のとき、警察が踏み込んできて、強盗団を逮捕するんだけど、探偵2人もいっしょに逮捕されてしまう。で、最後の台詞が、亨(あきら=水谷豊)「兄貴ぃ、どーしよー」。修(=萩原健一)「たぶん死刑だろう」。w かなりシュールな終わりだったんだけど、演じてる連中がぜんぜん理解してくれなかったんで、いまいちオモシロクなかった。ちなみに、修の役やってたのが、「城北最強の悪(わる)」と後に呼ばれるようになるSくんだった。(爆)

ホンモノの「傷だらけの天使」は下のサイトで熟知すべし。w

傷だらけの天使

2006.07.12 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |