FC2ブログ
たまにはカキコしないとね。もちろんファンサイトに…。w

あゆのインタヴューが『Cawaii!』に載っているのは、音楽誌があゆのインタヴューを載せないから、と思っている方がいるようですが、それはちがうと思います。

『Cawaii!』は、あゆにとって、意味のある雑誌なのです。それは、あゆが、この雑誌の創刊当初からの読者であり、あゆが有名になるとともに、この雑誌も発展してきたからです。

この話はあゆ自身が『Cawaii!』2005年8月号で語っているそうです。オイラは、四方田犬彦 著『「かわいい」論』(ちくま新書、2006年)で読みました。

しまった! 妄想系の人に反論しちゃった。コレでまた叩かれる。
ガタガタ((((((゚д゚))))))ブルブル

2006.07.16 | Ayu(浜崎あゆみ) | トラックバック(0) | コメント(4) |

サイキック・ウォーズ参戦中のパラトラパ雅タソに殺し屋が差し向けられる。w

今度は、スピリチュアル・キラー=霊的殺し屋の登場である。

まともに話ができる相手ではないことも重々承知しているが、O教会は殺し専門の祈祷師を差し向けてきた。過去に数十人の同業者を抹殺してきたプロである。

この波動は相当にダークだし、勢いもある。執拗に相手の隙をねらって忍び込もうとする。夢の中にも干渉してくる。こちらが夢かうつつか分からない状態で、首を絞め、窒息させようと試みてきた。首を絞められるときの生暖かい手の感触を忘れることができない。

霊的干渉(7)


うほっ、殺し専門の祈祷師とか、過去に数十人の同業者を抹殺してきたプロとか、めっちゃ怖いお。

2006.07.16 | 心霊 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ちょwwwおまwwwwwwwwwwww
昨夜から本日にかけて1000人以上の人がこのブログに来てるお。それも、あゆ目あてじゃなくて、くまぇり目あてで…。

くまぇり

どーも、この記事があるサイトに貼られていて、そこから大勢、来てるみたいだ。確かにこの記事にはくまぇりの画像があるサイトにリンクされてるけど、べつにくまぇりのオパ~イが見れるところじゃないお。w

去年、「のまネコ騒動」のとき、この記事がニュー速VIP板に貼られて、VIPPERが大挙して訪れたことがあった(約1600人)。そのときの記念カキコが残ってるんだよね。w

「のまネコ」祭り!その12

なんかこーゆーときってバブルになるよね。w

2006.07.16 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

いまさら説明するまでもないこの事件だけど、イタリアに何度も滞在したことのある妹は、「イタリア人はウソツキだからね。とくに男は…。1000に3つくらいしかホントのこと言わないし、ホントのこと言うときって、言わなきゃいいのになぁってことばかりなんだよね。w」と、ジダンに同情していた。

一方、きっこ姉さんはジダンにキビシイことを書いている。

ちょっと挑発されたくらいで暴力に訴えるなんて、とてもプロのスポーツ選手とは思えない。野蛮人じゃあるまいし、まるで、北朝鮮の幼稚園児レベルの挑発に乗っちゃって、ミサイル基地を攻撃するとかしないとか言い出した安倍晋三並みのバカさ加減が炸裂って感じだン‥‥って、このパターンは、まだ使われてなさそうだ(笑)

■2006/07/13 (木) 北朝鮮にヘッドバット

これには反論のメールがいっぱい来たようだ。もっともそんなものにビビルきっこ姉さんではない。再反論してますね。w

あたしの書いたことに反論してる人たちは、Iさんみたいに、あたしが「挑発したほうは悪くない」って言ってると思ってる。また、NNさんは、あたしが「悪口は暴力に比べたら全然大した問題じゃないから無視しろ」って言ってると思い込んでるけど、これは曲解だ。暴言を吐いて相手を挑発するなんて、悪いに決まってることであって、あたしが言ってんのは、それを大前提として、そんな挑発に乗って短絡的に暴力に訴えるのはバカだって言った今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?

■2006/07/15 (土) 挑発に乗るのは愚か者

さて、きっこ姉さんもそうなんだけど、一部マスコミも、マテラッツィが、意図的にジダンを怒らせ、退場に追いやった、と報じている。でも、オイラはちがうんじゃないかと思う。マテラッツィは、ジダンがあんなに怒る、とは思わなかったんじゃないのかな?

きっこ姉さんのところにきたメールでもそのことを指摘しているのがあった。

お名前:TA
E-mail:xxxxx@xxxxx.com
コメント:きっこさん、「お前の姉さんは売春婦だ!」ってのは、イタリアでは日常的に言われている言葉みたいですね。日本で言うところの「お前の母ちゃんでべそ」と同じです。ただイタリア語を直訳でしか分からないジダンはぶちきれた、と。それをマスコミが偏った情報操作でジダンを善良な人物として報道するとは。まったく笑い話ですね。

ある人にとって、どうってことない言葉が、別の人にとって、とっても重大な意味をもつことはよくある。また、ある人にとって、とても重要な意味をもつ言葉が、別の人にとって、ドーデモ(゚∀゚)イイ!ことであることもある。そんなとき、はたしてコミュニケーションがなりたっているのだろうか?

続きを読む

2006.07.16 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |