FC2ブログ
なんか、また、亀田ネタが流行っているようだ。

  亀田興毅選手は2006年10月10日に記者会見を開き、練習中に負った怪我の傷口を公開した上で、12月に延期された初防衛戦への意気込みを語った。その席で飛び出したのが「ガンを宣告された男の子が、俺を応援してくれてん」という発言だ。通常ならば、いわゆる「美談」として受け止められるエピソードだが、ネット上では「売名行為」などと批判が噴出している。もはや、何を言ってもバッシングの対象になる、という状況だ。

亀田とがん闘病少年の交流 ネット上では「売名行為」

なんか、こーゆーカキコに妙なリアリティを感じてしまうオイラって…。

今TBSは一生懸命小児癌の子を持つ親を探してるでしょうね。小児癌等の子供の難病の治療費等は非常にお金のかかるものですから、TBSが「治療費肩代わりするんで12月の亀田の試合前に『亀田との交流はずっと前からありました』って事にしとけよ」、って

2006.10.18 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(12) |