FC2ブログ
…だそうです。

  漫画家の松本零士氏(68)が代表作「銀河鉄道999」のフレーズを盗作されたとして、歌手の槇原敬之(37)に抗議していると、19日発売の「女性セブン」が報じており、松本氏はスポニチの取材に「私の言葉を奪われた。どうしてごめんと言えないのか」と怒りが収まらない様子。槇原側も「盗作呼ばわりされて嫌な気分。法廷で争ってもいい」と不快感をあらわにし、全面対決の様相だ。

  問題となっているのは槇原の作詞作曲で人気デュオ「CHEMISTRY」が今月4日に発売した新曲「約束の場所」。スープのCMソングとしてお茶の間にも流れ、オリコンチャート4位に入るなどヒット中だ。

  松本氏が「盗作」と断じているのは、時間を裏切らない 時間を決して裏切らない」--というサビの部分。これが「銀河鉄道999」(小学館刊)の第21巻に登場する時間を裏切らない 時間を裏切ってはならない」というフレーズに「そっくりだ」と主張している。

  これは主人公の星野鉄郎のセリフとして使われるだけでなく、作品全体のテーマにもなっている言葉。松本氏は「私のスローガンのような言葉。これを題目に講演会などで若者にエールを送っており、ファンにはなじみ深い。彼が知らないわけがなく、勝手に使うのは盗作」として抗議した。

  両者の話し合いが持たれたのは先週末。松本氏によれば、電話で2度話したところ「当初は“知らない”と言っていたが、2度目は“どこかで聞いたものが記憶にすり込まれたのかも”とあいまいな説明に変わった」という。さらに、16日にレコード会社幹部が謝罪に訪れ「槇原本人が“記憶上のものを使用したかもしれない”と半ば認めたとの説明を受けた」と強調。「本人の口からきちんと謝ってほしい」と求めている。

  これに対し、槇原の所属事務所は「槇原が自分の言葉で作ったもの」と完全否定。「銀河…」を読んだことすらないとし「そこまで盗作呼ばわりされたら、先生の“銀河鉄道”というタイトル自体、先人が作った言葉ではないのかと言いたくなる」と不快感をあらわに。「ぜひ訴えていただいて…」とまで語り、法廷で争うことも辞さない構えだ。

槇原敬之:「999」盗作騒動

これ、裁判にはならないでしょう。松本さんが訴えても、勝つ可能性はないもん。槙原さんサイドも、最初、抗議されたときは認めちゃったけど、法務に相談したら、そんなものが盗作になるわけない!って言われて、強気になったんじゃないかな。理由は、著作権法が保護しているのは、言葉ではなくて、言葉で表されている思想のほうだから…。

松本さんは「私の言葉を奪われた」なんて言ってるけど、日本語は松本さんが発明したんですか?って聞きたい。あと、槙原さんサイドの「槇原が自分の言葉で作ったもの」というのも同様。それって、もうすでに存在している言葉をみんなで使いまわしてるだけなんじゃないですか?ってことだよね。

思想の方だって、それってホントに松本さんのオリジナルなの? だって、あまりにふつうの考え方なんだもん。松本さんが講演すると、みんなが「ふんふん」って納得してるんだろうから、それは突拍子もない(つまりオリジナルの)考えではなく、どんな人でもふつうに受け入れられる考えなんだと思う。

「時間も夢を裏切らない」なんて、小田和正の「夢を追いかける人のために 時は待ってる」(time can wait)と同じだよ。小田も訴えちゃえ!www

そーいえば、「永遠は過去にある」とかのたまった人がいましたが、こっちのほうがよっぽどオリジナリティのある言葉だよ。だって同意できない。オイラ的にはクローチェの「すべての歴史は現代史である」のほうがなじみがあるもん。wwwww

それにしても、「先生の“銀河鉄道”というタイトル自体、先人が作った言葉ではないのか」にはワラタ。

2006.10.21 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(12) |

さっき、某ファンサイトのBBSにきびしいことを書いてきました。高校生だから、しょうがないのかもしれませんが、夢を実現するのはそれ相応の努力が必要です。しかし、その努力を怠っているように思えたからです。さんざん努力しても実らないことが多いのが夢なのに…。

Ayuファンなんだから、こーゆーときにAyuだったらどうするだろう?って考えれば、こんなふうにはならないと思うんですが…。Ayuから学ぼうなんて気持ちないのかなぁ?

2006.10.21 | Ayu(浜崎あゆみ) | トラックバック(0) | コメント(2) |