FC2ブログ
…って思わないのかね。妄想系の方々は…。

“チャコ”の愛称で親しまれる飯田久彦氏が11月1日付で、エイベックス・エンタテインメントの取締役に就任することになった。飯田氏は、あの桜田淳子やピンクレディーの育ての親として知られる。ビクターエンタテインメントからテイチクエンタテインメントの代表取締役社長、そして会長を務めてきた。元歌手だけに、音楽制作ではいいセンスをもった人である。

元テイチク会長の飯田久彦さんがエイベックスエンタテインメント取締役で新スタート

ちなみに、このブログ書いてる人は“アンチみかじょん”です。wwwww

2006.11.02 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |

勝谷誠彦さんてオイラと2つしか違わないのか…。どうみても10歳以上離れているように思えるんだけど…。w

なのに、なぜこんな発言をしているのか???

今の世界史の教科書なんて私たちが習ったころの半分の厚さもない。にもかかわらず同じ時間をかけて教えるというのも妙なものだ。

■2006/11/01 (水) 履修コマ数だけで単位になるから私も灘を卒業できた。

世界史Bの教科書って、いまでも400ページはあって、オイラのころとそんなにちがわないんだが…。たぶん世界史Aの教科書とカン違いしてるんじゃない???

世界史はAとBがあって、Aは2単位(週2コマ)、Bは4単位(週4コマ)です。だから、半分の厚さっていうのは世界史Aの教科書だと思う。

内容については、むかしよりもはるかの多くのことを教えなければならないんですよ。たとえば、ビザンツ(東ローマ)帝国とか、東欧史とか、東南アジア史とか、アフリカ史とか…。

オイラより年上(40代半ばより上)の先生たちが教えると手を抜くんだよね。このあたり…。だから、生徒がこのあたりのことをぜんぜん知らなかったりする。自分がむかし教わらなかったからって、教えなくても(゚∀゚)イイ!というわけではないんですよ。orz


ところで勝谷氏はこんなことも書いてます。

その象徴が70コマとらねばならないのを50コマにしろと喚く下流社会利権政党たる公明党である。

■2006/11/02 (木) 財界に遠慮で大学の単位認定厳格化せぬ政府の卑劣。

オイラはべつに公明党の肩を持つわけじゃないんですけど…。70コマの意味がわかってるんでしょうかね。

1年間はだいたい52週あるんですが、夏・冬・春休みや祝日を抜いた、授業ができる週は35週となっています。で、2単位の授業(週2コマの授業)を行うと仮定すると、70コマという数字になるのです。

ところが、実際には35週もできないんですよ。学校っていろいろ行事があるでしょ。文化祭とか、体育祭とか…。中間・期末の試験の間は授業ができないでしょ。オイラの経験だと25~30週って感じなんですよ。

だから、公明党案のほうが合理的なんです。w

2006.11.02 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(3) |