FC2ブログ
「教育再生会議」がこんなことを報告するそうだ。

  安倍首相直属の「教育再生会議」(野依良治座長)が来年1月にまとめる第1次報告素案の概要が26日、明らかになった。

  教員の能力を保護者らが評価し、指導力不足と認定した教員に対する研修や配置替えを徹底することや教育委員会の抜本的見直しが主な柱だ。学力向上策に加え、放課後に児童を学校で預かる「放課後子どもプラン」の来年度からの実施も盛り込む。会議は12月の集中審議で第1次報告案を詰める方針だ。

  素案の概要は、教育再生会議の野依座長や池田守男座長代理、義家弘介担当室長らが21日に開いた運営委員会でまとめ、文部科学省側にも伝えた。伊吹文部科学相は26日のNHK番組で「教師を信頼し、任せる代わりに教師の資質がしっかりしている裏付けが必要だ」と強調した。

  同会議は教員の質向上に向け、「ダメ教員の追放と優秀な教員の処遇改善」が不可欠だとしている。素案では、教員の質を精査し、能力に応じた処遇を求める方針を明記する。具体的には、保護者や生徒による教員評価の仕組みを設けるほか、不適格な教員の排除を視野に、教員免許更新制の実効性ある運用を求める。指導力不足教員の研修が成果を上げているかどうか検証する案も出ている。

  教育委員会の見直し策としては、各自治体の首長部局に教育委員会を監査する機関の設置、小規模教委の統合・広域化などを盛り込む方針だ。

  学力向上策の中核は「ゆとり教育」からの脱却だ。来年4月に実施する全国学力調査の結果を踏まえ、学力水準が著しく低い学校への早急な対策を打ち出す。

教委の監査機関設置、保護者が教員評価…教育再生会議(2006年11月27日3時6分 読売新聞)

もうすでにオイラの学校では、生徒による教員評価をやってるんだけどね…。だいたい成績のよい生徒の評価は高く、悪い生徒の評価は低いね。自分の成績が悪いのは、オイラのせいだと思ってるんだろうか??? まあ、前の学校でもそれは同じだった。

いっしょに世界史を教えているI先生の話だと、オイラを好きなクラスと、I先生を好きなクラスは明らかにちがうらしい。やっぱり相性ってあるんだよねぇ。

続きを読む

2006.11.27 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |