FC2ブログ
「妹から『夢がない』となじられ、かっとなって殺した」。こんな分かりやすい動機、誰が考えたんでしょうね。w

親子間・兄弟姉妹間の愛憎は複雑怪奇なものです。だから、こんな単純な動機で殺すはずがない。起訴のため、とりあえずこんなストーリーつくってみました、ってとこなんだろうなぁ。

ちなみに、自分で自分を殺す自殺の動機も、本来は複雑なもの。それを単純化して報道するから、「群発自殺」なんて現象がおこる。学習してないなぁ。w


以下は記事の引用

続きを読む

2007.01.04 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

ここで烏賀陽氏批判をしてみたけど、

入試に出ていたAyuタソ

これでは「片○落ち」なので、ジャニ批判もしてみるかな。w

…と言っても、ジャニ批判については、烏賀陽氏が訴えられる原因となった『サイゾー』の記事を読めば(゚∀゚)イイ!わけです。

■これがオリコンが烏賀陽を訴えた「サイゾー」の記事■

ジャニとオリコンの癒着が問題なわけですよ。w ジャニとマスコミとの癒着についてはすでに「ポチは見た。」でも語られています。

なぜSM●PがFMで天気予報をしてるの?
ポチは見た。マスコミにだまされないために、虚構に満ちたマスコミの嘘と裏を知ろう!

それにしても、ジャニがオリコンをつかって烏賀陽さんに圧力をかけているのは明白なわけですが、紀藤正樹弁護士によると、こうした企業が個人を高額で訴える裁判が増えているようです。

  マスコミ関連の訴訟に詳しい紀藤正樹弁護士はJ -CASTニュースの取材に対し、こうしたネタ元・記事を書いた「個人」に対する高額訴訟がここに来て増えているのだという。90年代までは報道を名誉棄損で訴える場合、100万円から200万円、高くて300万円くらいの賠償金で出版社と執筆者などをセットで訴えていた。しかし効果がなく、賠償金が 1,000万円と高額になってもさほど変わらなかった。

 「そこで02、03年ころから企業の新しい戦略として出てきたのがメディアにリークしたネタ元や、コメントをした人、記事を書いた人だけ訴える方法です。水道で言えば蛇口部分を締めることによって、情報の流出を止めようとするわけです」

  出版社などと切り離された「個人」は弱い。ネタ元や執筆者はそれで萎縮し、企業に都合の悪い情報が出にくくなる心配もある。紀藤弁護士はこういう訴訟が増え続けると報道、そして、自由な言論の機会が脅かされる危険がある、としている。

雑誌にコメントしたライター 5,000万円賠償請求される

だから、オイラがここでジャニ批判をするのも、じつは勇気がいるのですよ。w

まあ、オイラがやられる前に、ジャニの悪口言い放題のきっこ姉さんが血祭りにあげられるでしょうから、そしたら黙ることにします。wwwww

2007.01.04 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

別件で検索中にこんな記事を見つけた。

浜崎あゆみの美容整形疑惑に迫る(1) スッピン歌姫を見た美容外科医の“顔”分析
浜崎あゆみの美容整形疑惑に迫る(2) 女帝&歌姫&サイボーグの生きる道

浜崎あゆみさんが美容整形をしているかどうか。浜崎さんと直接、面識のある高梨院長は、「美容整形をしていない」と断言した。

…だそうです。w

My News Japan

2007.01.04 | Ayu(浜崎あゆみ) | トラックバック(0) | コメント(0) |

こーゆー本があるそうだ。

井上章一・著『パンツが見える。―羞恥心の現代史』(朝日新聞社、2002年)

パンツが見える。それを喜ぶのは男性で、見られて恥じらうのは女性。でも、つい50年ほど昔まで、たかがパンツごときでときめく男はいなかった。なぜなら、和服の女性はパンツを穿いていなかったから、ふとしたはずみでチラリと見えてしまうのは、パンツなんかじゃなかった…。「陰部を見られても、場合によっては仕方ない」、それが戦前の女性の感覚だったはず。だから、多くの女店員が裾の乱れを恥じて墜落死したという「白木屋ズロース伝説」は眉唾だ、と説き起こす。「パンツ」をめぐる感性の興亡を考証する、著者10年の思索の結実。(「BOOK」データベースより)

いまの常識でむかしの常識を語れない(というか、語ってはならない!)って本ですね。

これでコーフンする野郎はいても、

                  __________
                 |     ,.:~"~:.,    .|
                 |    /::ノ::ノ::ヾ::ヽ    |
                 |    彡::ノ::人::ヾ:::ヽ  ..|
 あゆたん           |   (:|℃) ℃) )::)::)......|
    ふともも     ..  |    人."∀""ノ::(::(   |
 見えない…      .... |   (::(::) (:::):::):::)   |
    見えない…   .... |     )::)  ⌒ヽ(:(    |
                 |   (,;',;',;',;';;,\/\  ....|
    ∩___∩      .|    ';,';,';,';,';,';;'\/\  .|
    | ノ      ヽ   ....|    |X / // / / ...|
   / /Wi     lWl.   .|    |X/ _((/ /  .....|
  ,;; / /( _●_).l  l.  ...|    |X ≧_巛》     .|
  (  イ /  |∪|  |  i  ...|     ;;';;';;'';,';,';;,';;,   .....|
   ヽ ノ  ヽノ  ヽ丿.  |   / ';;,';;,';;,;;',;;'     |
   |        ノ      |  /\/|―‐|     ...|
  |  / ヽ   / ヽ    | .(  / ..|  .|       .|
  |  |  |   |  |     .|  `、 `、 |  |       .|
  ヽ ( l l l)  ( l l l)     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これでコーフンする野郎はいないのではないかと思えるのだが…。

倖田來未パンモロ姿で気合十分! EXILEと初共演

しかし、このレヴューはワラタ。

階段やエスカレータの下から覗きみる女性の下着は、男子の一生をかけるに値する。

と、こう文章で書くと冗談にしか聞こえない。

しかし、有名タレントやら、大学教授やら、普通の人が望んでもなかなか手に入らないような立派な人生とパンチラを天秤にかけて、なんとパンチラをとってしまう人がいるのは確かなようである。

       _    _
     /;;;;;;;;;;;;`Y´;;;;;;;;\
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
    l;;;;;r'´ ̄ ̄~  ̄ ̄ヽ;;;;;!
     |;;;;;;|         |;;;;;|
     {;;;;r',;;'"゙`、  .,,;-ー、 ',:;}
    rゝl!. (●)│l (●), :l;jヽ
     〉),|   . ノ ヽ   :!ノ/
    ゝ_.l   ゝ- '   ,jノ
      l、  ___,  /!       __ ☆
       lヽ  ー‐'  ,/ !      |   |"
        /!、`ー─‐'" /ヽ     r~) // :|ワ
                   ノ |__|ワ

2007.01.04 | | トラックバック(0) | コメント(4) |