FC2ブログ
というのは、誰かのファンだったら、やり切れないもんだ。

  元モーニング娘。の加護亜依(19)が謹慎中の喫煙行為を認め、所属事務所から契約解除された問題が波紋を広げている。一夜明けた27日、加護の大手ファンサイト「AI am…」が今月末の閉鎖を決定。「一連の件は自業自得」などと見放されており、ファン離れが急速に進んでいる。加護と1泊旅行に出掛けた37歳レストラン経営者が経営する都内レストランでは、従業員が「本人が店に顔を出す予定はございませんし、対応もできません」と話すにとどまった。

[2007年3月28日7時37分 紙面から]

加護サイト閉鎖ファンも見放す

コレがそのファンサイトなんだけど…

加護亜衣ファンサイト Ai am...

スポーツ紙は《「一連の件は自業自得」などと見放されており》とだけしか報じていないけれど、管理人の複雑な気持ちがこの文章を通じて伝わってくるようだ。

2007年3月27日
No.267「スキャンダル+今後について」

ご存知かと思われますが、3月26日発売の「週刊現代」にて、再び喫煙スキャンダルが発覚し、結果として加護亜依ちゃんは解雇という形となりました。

管理人の俺といたしましては、正直な所、所属事務所の下した結論は、最も妥当な処分だと感じております。

未成年の喫煙というのは、ご存知の通り、法に触れる行為であり、亜依ちゃんは元々は歌手なわけで、喉を大事にしなければならないと思うだけに、プロ意識に欠ける行動だ…というのが、俺の正直な感想であり、これは許されざる行為だと重く受け止めております。

結局の所、先月発売された「フライデー」のインタビューで「歌いたい」という発言があったけれど、プロとしての自覚が無いのに「歌いたい」なんて無責任な事を言わないで欲しかった…これが正直な考えです。

結論を言うと、一連の件に関しては「自業自得」だと俺は感じている。

けれど、亜依ちゃんのファンを始めてから5年と2ヶ月間、永遠の片想いの気持ちで亜依ちゃんを応援するのは、凄く楽しかった。

相手はアイドル及び歌手だから、最も近づく(プライベートなど)ということが無理なのは、あらかじめ理解していた…けれど、彼女の歌声を聴いたり、彼女の数々の活躍を見ているのが、俺的に凄く楽しかったし、凄く生きがいに感じてました。

最後に…亜依ちゃん、いままでありがとう。。。

【最後のお知らせ】

誠に勝手ながら、当サイトは3月31日を持ちまして閉鎖と致します。

当サイトは、「亜依ちゃんの素晴らしさを知ってもらう」をモットーに運営してまいりましたが、ファンとしてこれ以上のことは無いと判断したため、閉鎖という結論を下しました。

当サイトを通じての数々の出会いに、本当に感謝しております。

本当に最後になりますが、管理人・オカヤンも3月31日を持ちまして、ハロー!プロジェクトファン、及びアイドルファンから撤退します。

こんなことを書かなければならないのは、ファンとしては辛いことだ。

実際、その前の記事にはこんなことが書いてあった。

2007年2月7日
No.265「生誕19周年」


亜依ちゃんへ…

19歳の誕生日おめでとう!

2月のあの日から1年間、亜依ちゃんの姿が見られなかったけれど、亜依ちゃんは、この1年で「将来の夢」や「なりたい自分」、そして「目標」を見つけられましたか?それに向かって、「今」努力してますか?

夢や目標を持ち、それに向かって日々努力することは、やがて自分自身を成長させることが出来ると思っている。だけれど、何も考えずにただ頑張るだけではダメ。何事にも広い視野を持ち、その道のトップクラスを行く人物を見て、その良さを吸収し、「いつか越えてやる」くらいの気持ちを持つことが大事だと俺は思う。

だから、俺は亜依ちゃんのこれからを応援していくし、これからの亜依ちゃんの成長と発展を願ってる。

最後になるけれど、去年は、確かに亜依ちゃんは大きな過ちを犯してしまったけれど、これからはどんな道に進もうとも、一日一日を大切にし、後悔の無い人生を歩んで欲しい。ささやかではあるけれど、それが俺からの願いです。

そして、亜依ちゃんにとって思い出に残る良い1年でありますよう、心からお祈り申し上げます。

AI am...Webmaster @ オカヤン


背負うっていうことは、こーゆー思いも背負いこむのであって、生半可なことじゃない。彼女は背負いきれなかったんだね。

2007.03.28 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) |

オイラ、共産党支持者でも、共産党関係者でも、ましてや共産党員じゃないけど、最近、スゴク気になるのがこの人…


参議院議員小池 晃



なんか、将軍さまにもやや似てて、
   ブタって感じがとっても(゚∀゚)イイ!

共産党のことアカなんていう香具師は最近めっきり減ったけど、

   紅の豚

と呼ばせてもらいますよ。wwwww

                 ,へ--―ン⌒ヽ.      無能なデブは
                 |      r  |
                 |      し  |       ただの豚だ
           , -――/二二二二二二λ―――-、
   ____  \_____________ノ
 ̄/       \     (巡丿/\(巡_) / ̄ ̄ ̄| 
 / | ̄ ̄ ̄ ̄      , ′┗( 0 0 )┛ /′    |__// ̄ ̄――
 | |   (v)      人  / ̄ ̄ ̄V′   __// ̄
 \\(ト) (」)   ,へ弌 ̄ ̄ヽ`ヽ  ̄ ̄ __// ̄
  \\     / ̄  \    ___// ̄
    \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ,/

2007.03.28 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

かの福山雅治さんも「やられた」というエリカ様のふとももが見られます。

ペプシのCM

《こっち「おいしい」篇》と《こっち「かわいがる」篇》です。

生意気フェロモン出てますね。wwwww


エリカ様がどれくらい生意気かというと、映画『パッチギ!』のオーディションのとき、井筒和幸監督に微笑みながら「日本の映画はつまらないですよね」「日本の映画を変えたい」と言い放ったそうだ。

ちなみに、昨日、「1リットルの涙」の最終回だけ見ちゃった。w

うまかったよ。演技…。大口叩くだけのことはあるって感じ…。


公式プロフィール

この人、4月8日生まれなんだね。お釈迦さまといっしょ…。ふ~ん。だから、唯我独尊なのね。(爆)

2007.03.28 | エリカ様(沢尻エリカ) | トラックバック(0) | コメント(0) |

月光仮面ではない。(爆)

Wikipediaに載っているこの話

本作は川内康範原作の月光仮面のパロディである。作者の永井豪は月光仮面の大ファンで連載前に川内康範にパロディ作品を作る許可をもらいに行ったところ、快く許してくれたという。

をしたら、妹がレンタルビデオ屋から借りてきた。

う~ん、森進一は許さんが、永井豪は許したんだ。wwwww

オイラ、いちばん最初の作品を千葉県の海の家においてあった雑誌で見て、それで知ったんじゃないかな。w

けっこう仮面についてはコチラのサイトがおススメ。

けっこう仮面ファンサイト"Mask the Kekkou"

ちなみに、妹が借りてきたのは、実写版のコレ。

けっこう仮面 RETURNS

* 監督:長嶺高文

* キャスト
o けっこう仮面:愛と正義の人
o 若月香織(美人教師):未向
o 高浜まゆみ(カナヅチ水泳部員):ほしのあき
o 浪川大次郎(校長先生):坂本あきら
o 磯野彩菜(水泳部キャプテン):芳野友美
o 平野洋子(水泳部副キャプテン):宇佐美なな
o 水田真理(まゆみの友だち):内田ゆみ
o イヤ~ン・ソープ(仕事達人スケベコーチ):山田太一
o 小田島(カエル先生):大島信一
o 熱田海(コーチ):小宮隆児
o 水城成人:石丸謙二郎

正直、くだらなかったですよ。くだらないものを見て怒る人はぜったいに見てはいけません。wwwwwww

主役の未向(みさき)さんをWikipediaで調べると…

3歳からモダンバレエを倣い、5歳で児童劇団に入団。その後ミュージカルなどの脇役で活動していたが2001年、映画『くノ一忍法伝 魔物の館 ~女淫兄妹抄~』でトップレスのヌードシーンと引き換えに準主役をつかむ。同作では契約どおり、初めて乳首を衆目に晒したが、このイメージからその後の出演作全てがヌード系になってしまった感は否めない。

うはっ、この人も「くノ一忍法帖」系の人なのね…(「…伝」だけど)。

ちなみに、未向さんは1981年生まれで、ほしのあきタソは1977年生まれ。それなのに、オマケのインタビューで未向さんに「ほしのさんってホントにカワイイですねぇ」って言われてたな。

あと、石丸謙二郎さん、「“車窓から”のイメージが強くって」だって…。(爆)

オイラ的には、カエル先生最高だな!

Wilipediaには、

ちなみに毎回登場する悪役は既存の有名作品のパロディで、けっこう仮面に倒される時にはモデルとなった作品の作者に対して「○○先生ごめんなさい」と言い残して力尽きるのがお約束だった。

とあるのに、この作品にはそのお約束がなかった。orz



ちなみに、オイラ、昨日は某サイトにうpされてた「1リットルの涙」の最終回→NHK「プロフェッショナル」(宮崎 駿)→「けっこう仮面 RETURNS」の順で見たんだよね。

感動・涙モノ→知的好奇心モノ→痴的好奇心モノって感じですか。(爆)

2007.03.28 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

昨日、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見た。

映画を創る ~宮崎 駿・創作の秘密~

なんで、見たくなったかというと、切込隊長のこの記事を読んだから…。

宮崎駿さんは真性のアレであるなあ

オイラ的には、宮崎アニメは、見たり、見なかったり、なんでね。どーやってつくってんのか知りたかった。

オイラ的には、駿さんがストーリーをつくるよりも前に絵を描いているのに驚いた。やっぱり、この人、ただ者じゃないよね。

「人間は論理だもん。これはしっぽをすぐ捕まれてしまうんです。しっぽを捕まれるとつまんないんですよ。『あ、分かった。おれそうじゃないかと思ってたんだ』とか言われてしまうし。できたら、ぼう然とするようなものにしたいよね。『わかんないけどおもしろい』ってのが一番いいなと。人間の心の中に相当、五感と六感ってのがあるから、理屈と違う部分があるんだと思うんだよね。だから謎解きなんだよ。謎解きっていうのは、要するに論理で作ってんじゃないんですよ、ストーリーっていつも。例えば言葉で説明したっていっても、せりふだとか、そういうことで分かったことにならないですよ。」

「私の言語の境界が、私の世界の境界を意味する」っていうウィトゲンシュタインの言葉を思い出すなぁ。w

つまり、脳内で考えたことでは、自分を一歩も出られないから、脳で考えるよりも実際に描いてみる。身体をつかってやることは、しばしば脳内で考えることを超えるってわけですね。ホントは、身体でやることも脳がやってるんだけど、意識がやってることを超えた無意識の仕事を取り込むためなんでしょうね。w

どうも息子さんの映画は脳内っぽそうだから…。あっ、見てないのに決めつけはいかんなぁ。w

オイラ的にワラタのは、駿さんについていったディレクターの発言。映画のストーリーをつくるのに「孤独な時間て必要なんですか?」って聴いたよね。この人、ディレクターなのに、創造的な仕事をしたことないのかなぁってオモタ。w それとも、駿さんを怒らせるために、ワザと言ったのかね。wwwww

だとしたら、このディレクターもただ者ではないよね。(爆)

そこから見える景色はどんなかって
名もなき人が興味深く尋ねる
君が思う通りのもんだろうって
答える

だって説明するだけムダさ

浜崎あゆみ“Humming 7/4”

2007.03.28 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |