FC2ブログ
赤西仁タソの復帰と結びつけてのネタのようですが…。

  かねて交際が伝えられる長瀬智也(28)と浜崎あゆみ(28)のビッグカップルにまたしても結婚情報が浮上している。早ければ10月に結婚が発表される予定で、2人のスケジュール調整が行われているという。

 「入籍は12月。すでにジャニーズ事務所とエイベックスの間で話がついていてどこのマスコミにリークするかという段階です」(芸能プロ関係者)

  長瀬と浜崎の交際が発覚してから6年。これまで2人の間には何度も結婚説が報じられたが、今回はこれまでと大きく事情が異なる。「先頃世間を騒がせた赤西仁(22)の『KAT―TUN』復帰と長瀬の結婚が密接に関係している」とはさる関係者だ。長瀬の結婚は“赤西復帰工作”に対する事務所のご褒美だという。

 「赤西復帰を巡ってはジャニーズで意見を二分するほど白熱した論議が行われました。所属タレントからも赤西復帰を疑問視する声やメンバーからも“わがままで休業した人間の復帰は簡単には認められない”といった声が上がった。長瀬はこうした反対派を根気よく説得して、最終的に赤西の復帰を納得させたそうです」(関係者=前出)

  今回はジャニーズの幹部候補生の東山紀之でさえ、復帰に関していい顔をしなかった。

 「役員候補の近藤真彦もこの件にはダンマリを決め込んでいる。そんな状況だから、長瀬の株は一気に上がったといわれている。ポスト東山という声もある」(事情通)

  今回、長瀬と浜崎の結婚が認められた背景には別の事情も囁かれる。

 「映画作りが苦手だったジャニーズは映画制作部門を立ち上げるエイベックスと組んで共同事業を起こす。長瀬と浜崎の結婚を認めることでエイベックスに大きな貸しをつくったといえるのではないか」(音楽関係者)

赤西仁の復帰を説得した長瀬智也へのご褒美

「二日酔い」ネタ、「口パク」ネタで出遅れたゲンダイさんが、こんなアクロバットを思いつくとは…。

「長瀬はこうした反対派を根気よく説得して、最終的に赤西の復帰を納得させたそうです」っていうのが、長瀬くんらしくないんだよねぇ。松岡くんならわかるんだけど…。

「映画作りが苦手だったジャニーズは映画制作部門を立ち上げるエイベックスと組んで共同事業を起こす。長瀬と浜崎の結婚を認めることでエイベックスに大きな貸しをつくったといえるのではないか」っていうのもねぇ。映画制作って、ビジネスでしょ。こんなことでビジネスって成り立つんですか???

  ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |  われわれだけしか思いつかないアクロバットなのさ…
  \_________  ____________
                 V
             /ヽ       /ヽ
            /  ヽ      /  ヽ
  ______ /     ヽ__/     ヽ
  | ____ / ゲンダイ上司 ::::::::::::::::\
  | |       /ヽ、_    __∠二、__,ィ:::::::::::::::|
  | | 赤西仁 |  ̄`ミl==r'´     /  ::::::::::::::|
  | |      ヽ、_____j  ヽ、_  -'   ::::::::::::|
  | | 長瀬智 |  (__人__丿   .....:::::::::::::::::::/
  | |_ __ ヽ      .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄       :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |            :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___       ::::::::::::::::::::::::|

2007.04.28 | Ayu(浜崎あゆみ) | トラックバック(0) | コメント(0) |

…の除幕式のニュースをさっきNHKが報じていました。

  渡良瀬橋で見る夕日を、あなたはとても好きだったわ――。森高千里さんが1993年、栃木県足利市中心部を流れる渡良瀬川に架かる橋の情景を歌ってヒットした「渡良瀬橋」の歌碑が、橋近くに完成した。

  28日の除幕式では、森高さんのメッセージも披露される。

  森高さんは89年に市内の足利工業大のイベントに出演したのをきっかけに、橋からの夕日の美しさなどを歌詞にした。「橋はどこにあるのか」という問い合わせも多く、ファンらが訪れる名所にしたいと市が330万円で整備した。

  歌碑の前に立つと、夕日が見える午後6時ごろまでは森高さんの歌声が流れる。市の担当者は「天候次第で、橋の向こうに沈む夕日が見え、歌と同じ風景が楽しめます」と話す。

(2007年4月21日19時41分 読売新聞)
ここが夕日の美しい場所…足利・渡良瀬橋に森高さん歌碑

さっそく、いくつかのサイトをのぞいて見ると、これにかんする記事がありました。

「渡良瀬橋」
「渡良瀬橋」の歌碑
「渡良瀬橋」歌碑除幕式、行ってきました。
帚木日記 諸葛亮孔明の異文化放浪

渡良瀬橋周辺情報
渡良瀬橋のある町 足利

しばらく行ってないから、また行こうかなっと…。w

2007.04.28 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |

オイラの出た高校の近くにゴローという登山靴を製造・販売する店がある。

goro

5年前にここで軽登山靴をつくってもらった。

今回はコレを注文した。

2.8ミリの分厚い皮製運動靴
雨天にもジャリ道でもラッシュに巻き込まれても大丈夫。通勤、通学、散策に、毎日歩く人のための強い運動靴です。

鉄人運動靴てつ


いま通勤用に履いている革靴がイマイチなのと、7年前に買ったトレッキング・シューズ(と言っても本格的なものではない)がダメになってきたからだ。


お店に行ったら中高年の客が4人いた。「これは待たされるな」と思っていたら、夫婦2組だったので、ホントの客は男女2人だった。

女性客は新しい靴を注文して帰ったが、男性客は「また後で来る」と言って帰ってしまった。オイオイ、注文しないのかよ。奥さんだって、いちいちつき合わされてたら、たいへんだろ。

で、オイラの番になった。5年前に軽登山靴をつくってもらった話をしたら、主人が以前の足の計測の記録を職人さんに持ってこさせた。

氏名で調べたら、同姓同名の人がいたので、住所を聞かれた。話すと

「そのあたり、うちの工場があるんだよね」

その話、5年前にもしましたよ。w

そして、新たに足を計測した。

「アレ、ずいぶん変わってるよ!」

と主人が驚いていた。4年前に捻挫したことを言ったら、

「捻挫で変わっちゃうんだ!」

と言って、計測の記録を持ってきた職人さんと顔を見合わせていた。

主人の話だと、足が小さくなっているらしい。捻挫したほうの足がより小さくなり、しないほうの足は幅が広がっているらしい。

オイラの足にだいたい合う大きさの靴を持ってきて履くように言った。

履いてみると、キツイはずの足のほうがゆるく感じ、ゆるいはずの足のほうがキツク感じた。その旨、話すと

「へぇ、脳で履いてるんだね。客観的なデータはまったく逆なんですよ」

と言われた。ふーん、そうなんだ。

キツク感じたほうは、ひとまわり大きいサイズを履いてみたけど、ぜんぜんゆるかったので、もってきたとおりの大きさにした。

内金を払って正式に注文したけど、できるのは6月14日(木)だそうだ。以前は1ヶ月でできたんだけど、仕事が立て込んでいるらしい。←以前も同じくらいかかっていた。

また、どこかの雑誌かテレビで紹介されたのかな?と思った。5年前も「出没!アド街ック天国」で紹介されて、大勢の客が押しかけて、たいへんだったと言っていた。オイラが以前注文したときは、そーゆー客が一段落したときだったそうだ。

続きを読む

2007.04.28 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(2) |

宮台真司さんのブログがありましたよ。w

MIYADAI.com Blog

オイラ的には「インチキ保守・インチキ右翼」発言で笑わせてもらいましたが、あいかわらず我田引水な論理を展開しております。wwwww

この人、容赦ない攻撃で論敵の自我を崩壊させてしまうので、すっかり討論番組に呼ばれなくなってしまいました。他人は平気で叩くけど、自分が叩かれるのは耐えられないというケツの穴の小さな人たち(保守・右翼に多い)が「宮台が出るなら、オレは出ない!」と言い張ったからなのです。w

10年くらい前、テレ朝の深夜の討論番組(「朝生」ではない)で、西部邁氏に容赦なく「日本がダメになったのは(アンタのような)知識人のせいだ」を執拗に繰り返し、ついに西部氏が逃げ出すというワンダホーな展開を見せてくれました。

これをいっしょに見ていた妹が「宮台って究極のイジメっ子だね」と言ってました。(爆)

人の弱点を捜すのがこんなにウマい人はいませんよ。wwwww

しかも、あの目で、あの口で、「インチキ」呼ばわりするんでしょうね。耐えられませんよ。フツー…。

普段から西部氏に叩かれていた佐高信さんが「なんであの程度のことで逃げちゃったんでしょうね」と言っていたのが印象的だった。(爆)



どうも最近、宮台さんは「真性右翼」と名乗っているらしい。だから「インチキ保守・インチキ右翼」が許せないのか???(爆)

2007.04.28 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

どちらも原告敗訴となったが、事実認定では強制連行、従軍慰安婦ともに事実を認めた。

第二小法廷はまず、原告らが強制連行され、同社が過酷な労働をさせて安全配慮義務を怠る不法行為があったとする二審の認定を支持した。

強制連行訴訟、中国人元労働者らの請求棄却 最高裁


訴えていたのは、山西省出身の郭喜翠さん(80)と故・侯巧蓮さんの遺族。一、二審とも軍が15歳の郭さんと13歳の侯さんを連行、監禁、強姦(ごうかん)した事実を認定したが、請求を棄却した。最高裁も、この事実認定自体は「適法に確定された」と認めた。

戦後補償裁判、4訴訟も請求権否定 最高裁で敗訴

これで、インチキ愛国者の「自己愛」は大いに傷ついただろうな。w

2007.04.28 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |