FC2ブログ
最近は「空気、読めない」を“K.Y.”と言うそうだ。

で、オイラは、これに加えて、“B.Y.”というのを提唱したい。これは「文脈、読めない」の略である。


その例としてあげるのが、このブログ記事。

こらこら!鳥越は拉致事件をなげろいといってんのか?

いちいち読むのがメンドクサイ人のため、だいたいの内容を話すと、この人は鳥越俊太郎がキライだということ。

えっ、短すぎ。スマソ

鳥越俊太郎さんが、8月9日に「スーパーモーニング」で「金大中事件」をとりあげて、そこで政府批判をしたのが気に食わないらしい。

「金大中事件」とは、のちに韓国の大統領となる金大中が、滞在中の東京のホテルからKCIAに拉致され、殺されそうになった事件。日本政府は、主権侵害されたわけだから、韓国に抗議して原状回復(つまり金大中を日本に帰す)させなければならないのに、韓国政府と馴れ合って、なあなあに済ませてしまった。その後、金大中は、自宅軟禁され、光州事件が起きたときにはあわや処刑されるところだった。

これを人権問題として追求したのが、この番組なんだけど、その際、北朝鮮による拉致とこの事件を同じような人権問題としたところで、この人はカチンときたらしい。

大中氏も個人、拉致被害者も個人=大中氏は見殺しにして人権を尊重しなかったのに、拉致被害者の人権だけを尊重するのは変だ。

と鳥越さんが考えたと思ったらしい。w

この人は、他のブログ記事を読めばわかるように、オイラのキライな「インチキ愛国者」である。インチキ愛国者は、《日本政府を批判するのは売国奴》⇒《○○は日本政府を批判する》⇒だから《○○は売国奴》という論理を用いる。同じように、この人も《日本政府を批判するのは売国奴》⇒《鳥越俊太郎は日本政府を批判する》⇒だから《鳥越俊太郎は売国奴》と考えているんでしょうね。w

さて、鳥越さんはホントに売国奴なんでしょうか? オイラは、鳥越俊太郎を、世に隠れなき「親ばか」だとは思うが、売国奴だとは思えない。だって、日本中のどのマスコミも相手にしてなかった拉致事件を1990年代から取材してきたのが、鳥越俊太郎の「ザ・スクープ」(テレビ朝日)なんだもん。

ちなみに、「よど号事件」の犯人の妻たちが、ヨーロッパで日本人旅行者を騙して、北朝鮮に拉致していたのを最初に暴露したのは、この番組なんだよ。


さて、最初の議論に戻ると、あらゆる人間の発言はある文脈に沿ったものである、と言える。そして、その文脈から切り離されると、その人間の発言は異なった意味に取られることがある。

同じ「ねえ、座ってるよ。感じ悪いよね」も、お金を払って来てくれたお客さんが立ってるときに、最前列で座ったままでいる友だちに向けて言ったのと、車椅子に座った障害者に言ったのでは、おのずと意味がちがってくるわけですよ。w

同じ鳥越さんの政府批判でも、むかしから彼の番組を見ているオイラと、インチキ愛国者とではチガウってことなんですよね。

でもね。人を批判するなら、その人がどーゆー人なのか調べてから批判するのが、批判する人の最低限の礼儀じゃないですかね(オイラもこの人のハナクソ記事を読んだんだおorz)。その人を調べれば、その人がどーゆー文脈で生きているかがわかるわけで、そーすれば、その人の発言の真意も、ある程度、知ることもできるのですよ。

文脈を読むのはけっこうたいへんな作業なんで、だいたいパスしちゃうんだけど、そこをパスしちゃうと、“B.Y.”になっちゃうんだよね。(爆)

2007.09.02 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(2) |

例の本、売れすぎて、在庫がないそうです。w

一昨日来、「お前の本、売ってないぞ」という苦情が殺到しています。
新聞広告が載った日に、本が売っていないという、安倍官邸もびっくりの所業。
何度も書店に足を運んでくれた方、本当に申し訳ございません。

某出版社に代わって、筆者からお詫び申し上げます。

【お詫び&お知らせ】 「官邸崩壊」 在庫なしに関して 新潮社

オイラの妹も「あんなオモシロイ本、売れて当然!」と断言してます。(爆)

2007.09.02 | | トラックバック(0) | コメント(0) |

FC2ブログの「アクセス解析」を使って、これまでの月ごとのアクセス数を発表します。

UA数TA数UA数/日TA数/日累積UA数累積TA数
2005年11月7 8 0.2 0.3 7 8
2005年12月1,109 2,716 35.8 87.6 1,116 2,724
2006年1月1,619 3,958 52.2 127.7 2,735 6,682
2006年2月1,792 3,341 64.0 119.3 4,527 10,023
2006年3月1,988 4,582 64.1 147.8 6,515 14,605
2006年4月1,830 3,879 61.0 129.3 8,345 18,484
2006年5月1,915 3,852 61.8 124.3 10,260 22,336
2006年6月2,458 5,061 81.9 168.7 12,718 27,397
2006年7月5,948 9,873 191.9 318.5 18,666 37,270
2006年8月7,884 14,775 254.3 476.6 26,550 52,045
2006年9月3,992 7,517 133.1 250.6 30,542 59,562
2006年10月5,040 9,740 162.6 314.2 35,582 69,302
2006年11月6,290 10,660 209.7 355.3 41,872 79,962
2006年12月6,575 11,616 212.1 374.7 48,447 91,578
2007年1月8,876 14,230 286.3 459.0 57,323 105,808
2007年2月4,129 7,482 147.5 267.2 61,452 113,290
2007年3月4,321 8,226 139.4 265.4 65,773 121,516
2007年4月3,870 8,401 129.0 280.0 69,643 129,917
2007年5月4,116 7,924 132.8 255.6 73,759 137,841
2007年6月4,185 7,865 139.5 262.2 77,944 145,706
2007年7月4,159 8,463 134.2 273.0 82,103 154,169
2007年8月4,426 8,883 142.8 286.5 86,529 163,052

UAは、ユニークアクセスの略で、訪問者の重複アクセスを数えていない場合の測定結果。TAは、トータルアクセスの略で、訪問者の重複アクセスを数えている場合の測定結果。

2007.09.02 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |