FC2ブログ
今夜(4/6)放送してたフジテレビの「新報道プレミアA」という番組を見ていたら、なんだかなーって内容だった。

日本の漁獲量が減っていて、代わりに外国から魚を輸入してるんだけど、たとえばマグロの代わりにアカマンボウ、スズキの代わりにナイルパーチを輸入しているように、アナゴの代わりにペルーから「ウミヘビ」を輸入しているって内容だった。

アナゴだと思って食べてたら、それがウミヘビだったら、ビックリしちゃうよね。

ところで、ペルーの漁師はそのでかいアナゴを「アンギーラ」って呼んでるんだけど、「アンギーラ」ってスペイン語で「ウナギ」のことなんだよね。ペルーの「アンギーラ」は、たしかに日本のウナギよりぜんぜんデカイんだけど(とくに頭が)、体から粘液を出しているところはウナギそのものだった。

なんかむりやりウナギを「ウミヘビ」と呼んで、ヘンなモノ食わされてるんだ!ってイメージを視聴者に持たせようとしていた。

たしかにウナギ目の下にはウミヘビ科っていうのがあって、ペルーの「アンギーラ」はそれに分類されてるんだけど、このウミヘビ科はいわゆるウミヘビ(爬虫類有鱗目のウミヘビ科)とはまったく別の生物なんだよね。

ゆえに、ウソをついているわけではないが、激しく勘ちがいさせる内容だった。こんなこと報道して(゚∀゚)イイ!んでしょうかねぇ。(爆)

2008.04.07 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(3) |