FC2ブログ
なんか、コレ(゚∀゚)イイ!ぞ。w



てか、特徴つかんでるよ。(爆)

2008.04.22 | Ayu(浜崎あゆみ) | トラックバック(0) | コメント(2) |

この判決について、今日はいろんな人が記事を書いてるんだろうな。

最高裁が交際に差し戻した段階で、この結果は予測できたから、あまり驚かなかった。午前10時ごろ、主文が後回しにされた、との情報が入ったので、さらにそれは確信に変わった。

だけど、この裁判、問題だらけだ。

今回の裁判では、一審・二審で罪を認めていた被告が一転して否認したことが問題になっている。世間的には、トンデモ弁護士の教唆で被告が否認に転じた、と伝えられているようだ。

しかし、一・二審では、警察と検察が書いたシナリオにしたがって、弁護人が馴れ合いの弁護をして、裁判官がテキトーな判決を出してしまった、というのがホントのところだったのであろう。

 主任弁護人の安田好弘弁護士は「専ら捜査段階の供述に信用性を置き、客観的証拠や(鑑定などの)専門的知識による供述の見直しが行われることは一切なかった」と判決を批判。

「不当判決で厳罰化加速」弁護団が批判 光市母子殺害

調書に書かれていることと被害者の状態がちがっていたら、フツーは弁護人はその点を突くものなのだが、なぜか一・二審ではスルーされている。馴れ合い弁護だったんだねぇ。

で、そのことを問題にすると、突然、外野が騒ぎ出す。こんどの弁護士はトンデモだ!と…。で、裁判官はこの点についてシカトして死刑判決を出す。…という裁判だったわけだ。

オイラは、べつにこの少年を死刑にするな!と言ってるわけではない。死刑にするなら、事実に基いた裁判を行って、それで死刑にすれば(゚∀゚)イイ!と思っているのだ。

ちなみに、被害者遺族の本村さんも今回の判決をすなおに喜べないようなのだが、そのことについてほとんどのマスコミはスルーしている(とくに太字の部分が伝えられていない)。

 本村さんはこの日の会見で「法廷での新供述が耐え難かったのは事実。それが被告の言葉か、弁護団と相談して作ったものか疑問は残る」と指摘。一方で「裁判とは、検察と弁護側が意見を述べて真実に近づける場。弁護士に脅迫状が届く事態は私の本意ではない。この差し戻し審が何だったのかを司法や社会に考えてもらえれば、遺族の苦しみも報われる」と訴えた。

山口・光の母子殺害:本村さん「遺族が望む判決を」 差し戻し控訴審、22日言い渡し

リンクがキレてたら…

続きを読む

2008.04.22 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(3) |

  歌手の浜崎あゆみさんが2008年4月21日に更新したブログで、「喉がつぶれてしまいまひたぁぁぁ…>_<…」と書いている。活動 10周年を記念した全国ツアー「ayumi hamasaki ASIA TOUR 2008」の最中で、全27公演を行う予定だ。

浜崎あゆみ「喉がつぶれてしまいまひたぁぁぁ…>_<…」

ブログじゃねぇだろ!

つーか、TAの規約違反じゃないのかい!…と。

2008.04.22 | Ayu(浜崎あゆみ) | トラックバック(0) | コメント(0) |