FC2ブログ
連日の猛暑に武田せんせもお困りのようです。w

  連日、名古屋では猛暑が続いている。最高気温は毎日、36℃あたりをウロウロしている。そういえばと思って、昔、よく夏を過ごしたパリの気温を見てみると、今週は、少しあがってきたが25℃程度だ。

  パリにいると、ギリギリだが冷房がいらない感じの夏を過ごす。もっともバカンスなどに出かけて人のいない家も多いから、その点でも日本の夏と少し雰囲気は違う。

  でも、名古屋とパリを比較すると、「緯度が違う」とお叱りを受けるので、少し南に下がって見ると、ローマの最高気温は30℃、アテネは31℃だ。どうもヨーロッパのどこにいっても名古屋よりかなり涼しい。

  それならと地中海を渡って、アフリカのチュニジア(チュニス)はと見ると、さすがアフリカで33℃から34℃ぐらいの最高気温になる。それでも名古屋よりは涼しい。

  ハンフリー・ボガードとイングリッド・バーグマンが主演した、あのロマンあふれた映画「カサブランカ」は白い壁の暑そうな街だったが、アフリカでもさすが保養地で25℃ぐらいしかあがっていない。

  ならば、アジアに飛んで赤道の近く、インドネシアのジョグジャカルタはどうだろうか?ここも私にとっては「暑かった記憶」のあるところだが、最高気温は33℃だ。

  ウーン?? 私は世界で一番、暑いところに住んでいるのか?日本は温帯では無かったのだろうか?? 

  マレーシアもずいぶん、何回も言ったけれど、クアラルンプールの最高気温が31℃というのも理解できる。そんなものだ。・・・あった!サウジアラビアのリアド。ここは砂漠に囲まれて緯度も低い。最高気温は42℃だ。

  良かった! 名古屋が世界でもっとも暑いところでなくて、何となくホッとした。暑気払いにロシアのサンクトペテルスブルグを見たら19℃、いや、涼しい。

すっかり平衡感覚がなくなった頭に

温帯の定義は、気候記号で有名なケッペンによると、最寒月(1年間でいちばん寒い月)の平均気温が、-3℃以上18℃未満の場所なんです。つまり、最暖月(1年間でいちばん暑い月)は関係ないんですよ。

熱帯の定義も、最寒月の平均気温が18℃以上なので、これまた最暖月は関係ないんです。

最暖月が関係するのは、寒い場所で、冷帯(亜寒帯)の定義は、最寒月の平均気温が-3℃未満で、最暖月の平均気温が10℃以上の場所となります。もっと寒い寒帯だと、最暖月の平均気温が10℃未満の場所となります。

暑さ寒さと関係ないのは乾燥帯で、こちらは乾燥限界(雨が少なくて木が生えない限界。ただし草は生える)よりも降水量が少ない場所ということになります。

ちなみに、武田せんせがあげた都市は、名古屋、パリ、ローマ、アテネ、チュニジア、カサブランカが温帯、ジョグジャカルタとクアラルンプールが熱帯、リアドが乾燥帯、サンクトペテルスブルグが冷帯です。

気候帯の下位概念である気候区分まであらわすと、つぎのとおりになります。

温帯
  名古屋:温暖湿潤気候
  パリ:西岸海洋性気候
  ローマ、アテネ、チュニジア、
  カサブランカ:地中海性気候

熱帯
  ジョグジャカルタ、クアラルンプール:熱帯雨林気候

乾燥帯
  リアド:砂漠気候

冷帯
  サンクトペテルスブルグ:冷帯湿潤気候

同じ温帯でも、温暖湿潤気候、西岸海洋性気候、地中海性気候、チンタオやホンコンなどの温暖冬季少雨気候は雨の降り方がかなりちがいます。

温暖冬季少雨気候は、夏雨型(冬乾燥型)で、最多雨月(1年間でいちばん雨の降る月)降水量が最少雨月(1年間でいちばん雨の降らない月)降水量の10倍以上と定義されています。大陸の東岸の温暖湿潤気候の周りに分布していて、モンスーン(季節風)の影響で、夏には海からの湿った気団の影響で雨が降り、冬には大陸からの乾燥した気団の影響で乾燥します。

地中海性気候は、大陸西岸の低緯度側に分布し、冬雨型(夏乾燥型)で、最多雨月降水量が最少雨月降水量の3倍以上と定義されています。夏には、中緯度高圧帯という南北回帰線あたりに砂漠をつくる高気圧帯の影響で、雨が降らず、乾燥します。冬には、偏西風の影響で、雨が降ります。

温暖湿潤気候と西岸海洋性気候は、年中多雨型で、年間通して降水量があります。したがって、最暖月の平均気温で区別し、22℃以上だと温暖湿潤気候、22℃未満だと西岸海洋性気候となります。

温暖湿潤気候は、大陸の東岸に分布し、最暖月と最寒月の平均気温の差(年較差という)が大きいです。モンスーンの影響で、夏には海からの湿った気団の影響で雨が降り、冬には大陸からの乾燥した気団の影響で乾燥します。ただし、温暖冬季少雨気候ほどではないので、年間通して雨が降ります。

西岸海洋性気候は、大陸の西岸の高緯度側に分布し、偏西風と海流(暖流)の影響で、最暖月と最寒月の平均気温の差(年較差)が小さく、年間通して雨が降ります。

なんか、地理の授業っぽくなってきたぞ。(爆)

2008.07.27 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

カール発売40周年のプレゼントだそうです。

明治製菓:カールおらが村

いくら金の価格が上がっているからって、純金カールとは…。

ちなみに、“ひょっとこ”に化けているのはオイラじゃありません。

2008.07.27 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(4) |