fc2ブログ
…してる人が2人。

一人は内田樹せんせです。

おかわいそうに、「入試部長」になられたそうで、もうブログは書けそうにないですね。

悲しい知らせがある。私にとって悲しい知らせであるばかりか、私と遊びたがっている友人のみなさんにとっても、私に仕事をさせたがっている編集者のみなさんにとっても悲しい知らせである。昨日、「恐怖の役職者選挙」があり、その結果、私は入試部長に選ばれてしまったのである。入試部長というのは入試事務全体を統括する仕事である。入試に関する全業務(はんぱな量じゃないんだよ)に直接、具体的にコミットしなければならない。

悲しい知らせ

ちなみに、この世には、役職に就きたい人と、就きたくない人がいます。そして、就きたくないと思っている人ほど、役職に就くようです。

オイラの大学・大学院時代の恩師は、某国立大学の文学部長・図書館長(事実上の副学長)を歴任し、退官後には「名誉教授」の称号を得ました。おそらく「勲章」ももらえるのでしょう。本人はもらいたくないと思っているのに…。wwwww

オイラの学校の副学長先生は、副学長をやるよりも、生徒に「日本史」を教えたい、と思っています。チャンス(講習などで人手が足りないとき)を見つけては、楽しそうにやってきます。wwwww

P.S. そんなこと言いながら、長い記事を書いてましたよ。この人…。w


そして、もう1人がSHさんこと菅原浩さんだ。

2004年3月以来、826件の記事を書いたこのブログですが、さすがに最近、エネルギーが停滞してきた感覚が出てきました。

まもなく新著も発刊されますので、この辺で、自分のエネルギーを一新したいという思いが強くなってまいりました。

長きにわたりましたが、この形態としては、これにて幕を下ろすことにしました。この記事をもって、更新を停止いたします。

長期にわたるご愛読、誠にありがとうございました。またどこかで、お会いすることもあるかもしれません。その時はまた、よろしく(^^)/

休止宣言

こっちは魔王★クラウザー(パラトラパ雅)さんがらみなんだよなぁ。w

魔王★クラウザーさんのブログ記事とコメントへのレスにはこんなことが書いてあった。

1.ある大学人を中心とするグループ:最近、中心人物がブログを閉鎖したようだ。「表」では休止したようだが、逆に「裏」が活発化するので、引き続き注視する。



でも、読み比べれば分かると思いますけど、ジャンルもアプローチも違うし、基本的に真逆なことを言っていると思いますが。

9月9日の記事「詮索から挑戦へ」と、9月21日の私の記事「挑戦者に告ぐ」の相手は、主にその大学人のグループに向けたメッセージです。

私は「売られた喧嘩は買わねばならぬ」のポリシーで行動します。しかし、こちらから仕掛けることはありません。

我が闘争(2)

なにやら、物騒な感じですねぇ。

いったい何があったかはわかりませんが、魔王★クラウザーさんの怒り方は尋常ではありません。

2008.11.03 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(5) |