fc2ブログ
お塩先生といっしょにいて亡くなった女性が、なっちゃんでないことは確かなようです。

六本木ヒルズレジデンスで変死体で見つかった女性が東京・銀座のクラブ「J」で働くホステス麗城さん(源氏名)であることが分かった。新宿のキャバクラ「Z」から銀座のクラブにとらばーゆしてきたという。新宿の「Z」では「あげは」の名前で店に出ていたそうだ。

押尾学事件。六本木ヒルズレジデンスの変死体女性は東京・銀座のクラブ・ホステスだった!!

てか、なぜなっちゃんの名が出てきたのかがよくわからん。

しかし、「現場となったのはレジデンスB棟2307号室。部屋は、ピーチジョンの野口美佳だとされる」(同上)とあるように、お塩先生に部屋を貸していたのがみかじょんであること、こっちは事実のようです。


で、問題はそこから先で、お塩先生がお薬をたしなむのを知っていて貸していたのではないか、というウワサが流れています。

みかじょんとお塩先生はたいへん仲がよく(だから部屋を貸していたんだろうが)、お塩先生をほめる記事を書いていました。

どうも、事件発覚後、みかじょんがその記事をブログから消去したのが、火に油を注ぐことになったようです。

これは、ホリエモン騒動での経験をまったく学習していない、ということになります。

ホリエモン騒動とは、ホリエモンこと堀江貴文氏が経営するライブドアが2006年1月に東京地検特捜部によって捜査されたとき、堀江氏らとパラオ諸島に旅行した記事を削除したことで、騒ぎになった事件です。あと、逮捕直前の自身の誕生日に出席した堀江氏との写真が載った記事も削除していました。

もちろん、会社経営者という公人であり、このような事件で騒がれたくないのはわかります。オイラみたいに無名の人が匿名でカキコしているわけじゃないからね。

しかし、ネットの人は、このような記事の削除を隠蔽あるいは逃亡と見なすので、イナゴの出現を招くのです。

つまり、どうどうと放置しておくに限るのです。

まあ、本人はそれどころじゃなく、たいへんなんでしょうけどね。

2009.08.05 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(6) |