FC2ブログ
なんでアッチのファンになったのか、考えてみた。

どうも、「怨み屋本舗 REBOOT」第3話「地獄の姉弟」(後編)のこのシーンの怨み屋さんがカワイかったからじゃないのかな?w



このシーンは、依頼人・武藤誠に執拗に嫌がらせをする木経透子・薫に復讐するため、2人が近親相姦関係にあるという偽ブログを情報屋につくらせたが、ほんとうに近親相関関係だったことがわかって驚いている怨み屋本舗の面々というものだ。

ホントは怨み屋がカワイイというのは問題なんだが(マンガ原作者の栗原正尚さんによると、怨み屋は自分の最もキライな女性のタイプなんだそうだ)、まあしょうがないな。ホントにカワイイんだから…。(爆)

2010.02.02 | アッチ(木下あゆ美) | トラックバック(0) | コメント(0) |

「怨み屋」がいるんなら、「別れさせ屋」がいてもオカシクないよな。(爆)

昨夜のTBS「ハンチョウ~神南署安積班~」に笛木優子さんが出てましたね。


笛木さんというと、オイラ的にはNHK「陽炎の辻」シリーズの奈緒さんです。w

陽炎の辻 ~居眠り磐音 江戸双紙~
陽炎の辻2 ~居眠り磐音 江戸双紙~
陽炎の辻3 ~居眠り磐音 江戸双紙~


その彼女が「別れさせ屋」のエージェントとして「ハンチョウ」に登場するとは思いませんでした。wwwww

第4話 あらすじ

まあ、結局、彼女は犯人じゃないんですけどね。w それどころか、青田典子さんも犯人じゃなかった。犯人は鹿取洋子さんでした。(爆)

それ以上にオドロイタのは、塚地武雅さんに彼女がフラレルという展開でした。(爆)


そしたら、落合洋司弁護士のブログにこんな記事が…

探偵業者が離婚工作などを請け負う「別れさせ行為」について、業界団体の社団法人・日本調査業協会(東京)が調べた結果、非加盟の約270業者がインターネットで依頼を募っていることがわかった。「別れさせ屋」と呼ばれる業者には、人を陥れる手口に批判が強く、ネット検索サービス最大手「ヤフー」は2月から、別れさせ行為に関する広告の掲載中止を決めた。
ヤフーと言えば「放置」が得意技ですが、反社会性が明らかになり、さすがに放置できなくなったということでしょうか。日本調査業協会がいつから別れさせ行為を禁止したのかは、記事からは明らかではありませんが、そういった禁止対象になっているものを、野放しにして広告を垂れ流し、広告料金をちゃっかりとせしめていた、その広告審査の在り方も問題でしょう。

「別れさせ屋」野放し、ヤフーが広告掲載中止

「別れさせ屋」って社会問題化してるんだ。まあ、そーだろうけどね。

オイラは独身だから別にカンケーないんだけど、笛木さんとか、アッチとかに迫られたら、結婚しててもそーゆー関係になりそうだよね。(爆)

2010.02.02 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |