FC2ブログ
NHKで8/14(土)に放送された「日本の、これから『ともに語ろう日韓の未来』」が話題になってるんだってね。

日本で活動している韓国の映画監督、崔洋一さん(61)が、NHKの討論番組で、韓国併合を肯定するなら歴史を語る資格はない、と別の発言者を批判して波紋を呼んでいる。番組は、未来志向の趣旨だったようだが、逆に日韓両国の溝の深さを浮き彫りにした。

「韓国併合肯定なら歴史語るな」崔洋一監督の「言論封殺」

オイラ、この部分、ばっちり見てたけど、崔さんが怒ったのもムリはないな、という感想ですよ。

だって、ウェブデザイナーの古屋って香具師、バカすぎるもん。w

この人、「歴史を研究してきた」なんて言ってたから、てっきりアカデミックな訓練を受けてきた人なのかな?と思ったけど、そのあと

韓国と日本は、同じ大日本帝国の一員だったとして、一緒に英米と戦った戦友だと主張した。韓国併合のときは、韓国人を虐殺したわけではなく、帝国主義の時代でやむを得ずにやっただけだともした。

だもんね。

日韓併合にかんする研究書はいっぱいあるから、読みなさいって感じの発言です。ここでいう研究書というのは、アカデミックな訓練を受けた研究者が、同じくアカデミックな訓練を受けた研究者から審査されて、それでOKが出て掲載された論文、あるいは、論文集って意味です。

そうでないと、誰でも書けちゃうからね。w


オモシロかったのは、このあと、京大准教授の小倉紀蔵の発言だった。

歴史にはどんな考え方もありうると指摘した。正さないといけないのは、間違った事実に基づいて自分の歴史観を構築したときだけだ、というのだ。

古屋の言ってることって、まさにそれなんだけど…。w

この人の経歴調べると、歴史学の訓練してないんだよね。語学系で研究者になった人によく見られるパターン。ちなみに、オイラの知り合い、このパターン多し。だから、あんまり言いたくないんだけど、厳密な実証とかスルーしてる可能性が高い。

だいたい、この人が呼ばれたのって、教育テレビのハングル講座に出てたからでしょ。w

この人の発言、そっくりそのまま、この人に返ってくる可能性高し!(爆)


この番組でいちばん笑えたのは、終わりの方で、元首相補佐官の岡本行夫が「日本人はもっと歴史を知るべきだ」と言ったこと。岡本って、ガチガチの保守じゃん。古屋は、バカだから気がつかないだろうけど、岡本にも呆れられてたってことを知るべし!(爆)


日本の、これから「ともに語ろう日韓の未来」-第1部-
日本の、これから「ともに語ろう日韓の未来」-第2部-

2010.08.18 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |