FC2ブログ
押尾学の判決にギョウカイヘッドロックの人が激怒しています。

三流役者・押尾学の判決公判が17日午後、東京地裁で開かれ、押尾に懲役2年6月の実刑が言い渡された。求刑の6年でも短いのに、判決はその半分にも満たない2年半じゃ、お釈迦様でも納得しないだろう。有名人としては初めての裁判員裁判で注目された。果たして、真実はどうだったのかは分からないが、公判で明らかになったのは「自分勝手な行動に終始した」ということ。

その押尾だけに、裁判員は求刑の6年では納得出来ないと、「もしかしたら、求刑より長い8年の実刑判決を下すかもしれない」なんて思ったりもしたが、何てことはない、たった2年6月。「冷静で良識的な判断」なんて思う輩もいるのかもしれないが、僕に言わせればスジの悪い裁判員だった。

     (中略)

当然、押尾は田中さんを見殺しにしたわけだから「保護責任者遺棄致死」に問われなければいけない。ところが、公判を聴いた裁判員の面々は「保護責任者遺棄」までは認めたようだが「致死罪」とまではいかないと判断したようだ。確かに、密室での出来事だけに、救急車を呼んで助かったのかどうかは分からない。「助かった」かもしれないし、「助からなかった」かもしれない。が、今回の判決を見る限り「助からなかった可能性が大」と判断したようだ。しかし、これは、いくら論議しても判断がつかない。すなわち誰もが納得する判断でなくてはならないのだ。それは、どういうことかといったら、理由はどうであれ、救急車を呼ばなかったこと自体に問題アリと言う判断だ。救急車を呼んで結果的に「ダメだった」というのなら納得もできるが、そうでないなら「遺棄致死罪」の適用だろう。結局、裁判員も他人事なんだろう。

両親も不服だったに違いないが、押尾は即刻控訴した。押尾自身が「判決は短すぎる」と思ったのか? それだったら感心するが、押尾は「何が何でも無罪」だと思っているから仕方ない。と言うより、公判では明らかにすることはなかったが、押尾の本音は「冗談じゃない」だろう。要は「俺はやっていない」「何で俺が…」ということだ。つまり、突き詰めてみたら、他にも事件に絡んた人間がいるのかもしれない。

ま、控訴して、逆に第二審で「致死」が認められ、懲役が伸びる可能性は大だ。期待したい。

押尾学・裁判員裁判…「保護責任者遺棄致死」でない!?求刑6年に2年6月の大甘判決!!

ギョウカイヘッドロックの人は、被告側が控訴した場合、今より重い刑を科すことはできない、ということを知らないようだ。検察側も控訴しないと…。

一方、ヤメ検弁護士の落合洋司さんは…。

毎日新聞のサイトに出ていた判決要旨が比較的詳しかったので読んでみましたが、判決の特徴としては、

1 致死の点を除いて、検察官の主張を全面的に認定している

2 致死の点については、弁護人申請の救命救急医の証言も重視し、慎重に見て、因果関係を認めなかった

3 致死の点を認定しなかったことで、求刑に対し、刑期を抑えつつも被告人の悪性に厳しい目を向け実刑を選択した

という点が指摘できるのではないかと思います。なかなか手堅い判断で、上記の2の点については、報道されているような証拠関係では、検察官が控訴審で原判決の認定を覆らせることができるとして控訴するのはかなり困難と思われ、社会通念、常識に照らして考えた場合、生存に必要な保護を欠いたという判断にはうなずけるものがあって、高裁で、実刑という点を含め、この判断が覆る可能性は低いのではないかという印象を受けます。

押尾被告に実刑2年6ヵ月、致死罪は認めず―被告側控訴

控訴審でこの判断が覆る可能性は低いとのことです。

裁判制度を知らないシロウトと熟知したクロウト、あなたはどちらの判断を是としますか?

2010.09.18 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(3) |