FC2ブログ
「ナチュラル・ウーマン2010」に「女性にしかワカラナイ別れがある」ってキャッチコピーがあったな。w

映画「劔岳 点の記」にも、山屋にしかわからないメッセージがあった。wwwww

明治39年、参謀本部陸地測量部の測量官・柴崎芳太郎(浅野忠信)に未踏峰とされてきた剱岳への登頂と測量の命令が下った。それは日本地図最後の空白地帯を埋めるという重要かつ困難を極める任務であった。山麓の山案内人とともに測量に挑んだ男たちは山岳信仰から剱岳を畏怖する地元住民の反発、ガレ場だらけの切り立った尾根と悪天候・雪崩などの厳しい自然環境、日本山岳会との登頂争い、未発達な測量技術と登山装備など様々な困難と戦いながら測量を行うが…。

ネタバレになるけど、測量隊が初登頂に成功すると、山頂で錫杖が見つかり、平安時代にすでに修験者が登頂していたことが明らかになる。そしたら、「味方」であるはずの陸軍首脳部は、手のひらを返すように、柴崎らの業績を無視するんだよね。それに対して、「敵」であったはずの日本山岳会の小島烏水(仲村トオル)が、測量隊の功績を誰よりも理解し、最大級の敬意と賛辞を表するのだ。

この映画には、山屋にしかわからないメッセージがあるんですよ。それは「山屋の功績を本当に理解し、山屋に敬意と賛辞を示すのは、山屋だけ」というメッセージだ。そして、そのメッセージを読み取れるのも山屋だけ!(爆)

この映画を見た多くの山屋が、このメッセージに気づき、感動したことだろう。wwwww


てか、監督の木村大作さんがカメラマンとして参加した「八甲田山」も同じ構造になっていた。

八甲田の雪中行軍に、成功した弘前第31連隊の徳島大尉(高倉健)と、遭難して死んだ青森歩兵第5連隊の神田大尉(北大路欣也)は、ライバルだが、互いを尊敬し合い、八甲田での再会を誓っていた。そして、徳島大尉は責任をとって自決した神田大尉の遺体と賽の河原で再会する。しかし、そのとき、神田大尉の遺体はすでに収容されていたのだ。神田大尉は霊となっても徳島大尉との再会を願っていたのだ。

ねっ、同じでしょ。(爆)


あと、マンガ「岳 みんなの山」も同じなんだよね。

主人公の島崎三歩(さんぽ)は、山を愛し、遭難者もまた山を愛する同志であるから、遭難者を決して責めず、仮に救助対象者が遺体であったとしても「よくがんばった」と労わりの声をかける。

これじゃ、山屋さん、たまらんでしょ。wwwww


この感覚がわからないと山岳映画は理解できないんだよね。この点では、ライムスター宇多丸もダメなんだよな。(爆)

2010.09.20 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) |

クビレといえば、マンナンライフの蒟蒻畑のCMに出ているカレンさんだな。w



ブラジル人とのハーフで年齢は18歳だとか。

2010.09.20 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

じつは半笑いで書いてる。w


 歌手・浜崎あゆみ(31)が、女性ファッション誌「ViVi」(22日発売、講談社刊)の11月号でセミヌードを披露していることが19日、分かった。浜崎は2000年からエッセー「Ayuのデジデジ日記」を同誌で連載中。節目となる50枚目のシングル「L」を29日にリリースするにあたり、10~12月号に連続で記念特集が掲載されている。今回は第2弾企画として、浜崎本人が「アニバーサリーにふさわしいものを!」と発案。衝撃の“手ブラ”ショットが実現したという。

あゆ、セミヌード初挑戦!手ブラショット

いまのAyuって、ウェストがいまいちクビレてないんで、どーなんでしょう?と思うオイラなんだが…。


リンクがキレてたら…

続きを読む

2010.09.20 | Ayu(浜崎あゆみ) | トラックバック(1) | コメント(2) |

9/17(金)に TOKYO MX テレビで「松嶋・町山の未公開テレビを観るTV」で「カジノ・ジャック」(前編)を見た。

アメリカ最悪のロビイストであるジャック・エイブラモフが起こした事件をあつかったノンフィクション映画である。しかし、この映画ほど、内容を説明するのに、インチキ、詐欺、ペテンなどの言葉を多用する映画もないだろう。


いきなりギングリッジ下院議長(共和党)が出てきたんで、思わず笑ってしまった。だって、ギングリッジってアメリカを代表するインチキ保守・インチキ右翼なんだもん。w

ギングリッジは、高校生のとき、教師だった前夫人に一目惚れ、激しくアタックした結果、前夫人をモノにした。なんとも保守派らしくない行為。しかも、自分が議員になると、年上の妻は自分に相応しくないとの理由で一方的に離婚してしまった。酷い奴なのだ。

インチキ保守・インチキ右翼って連中は、ホントは保守でも右翼でもないんだけど、世の中がたまたま保守・右翼の力が強いので、そっちにつくって意味でインチキなんだよな。

ちなみに、今年の夏、NHKのBS2で「スター・ウォーズ」特集をやってたけど、著名人が語るスター・ウォーズってところで、ギングリッジが偉そうにアメリカの民主主義について語っていたので、これまた笑ってしまった。オマエが民主主義を語るのか?って感じで…。w


さて、本題に戻るけど、ジャック・エイブラモフは、学生時代、保守的な学生委員会で活動をしていた。ちょうど、レーガン政権が成立したころで、強いアメリカとか言って反共政策に邁進しているころのことだ。のちに共和党の下院院内総務として活躍し、エイブラモフの盟友となる(そしてともに凋落するw)トム・ディレイと知り合ったのもこのころだそうだ。

中米ニカラグアで革命が起き、社会主義のサンディニスタ政権が成立した。もちろん、エイブラモフらは革命をつぶすために活動するのだが、オイラなんか、サンディニスタを応援してたからね。オイラの敵だったんだ。wwwww

さて、その後、エイブラモフは政治の舞台から姿を消す。この間、何をやってきたのかは来週(後編)で明らかになるんだけど、まあ、詐欺の技をみがいてたと思ってください。


さて、戻ってきたエイブラモフはロビイストになるんだけど、ロビイストって何でしょうか。ロビイストとは、アメリカで議会や政府に働きかけて、ある人びとの特殊利益を守る役割をしている人びとのこと。登録制になっている。議会は多数決なので、少数派の人たちの利益はなかなか守られない。そこで、政治家に働きかけて、自分たちの利益を守ってもらおうとするんだけど、ツテがない。で、そのツテを提供するのがロビイストなわけだ。

政治家に働きかけるんだから、当然、見返りが必要。でも、少数派だから、票はあまり役にたたない。そこで金ですよ。少数派から金を集めて、それを政治家に提供して、自分たちの利益を守ってもらおうというわけ。アメリカだと、会計さえ明瞭であれば、政治資金を政治家個人に渡すこと自体は犯罪ではない。

ところが、エイブラモフはその金を着服していた。つまり、ペテン師だったわけ。w だから、捕まっちゃうんだけど、つねにそうしていたわけではない。集めた金を盟友のディレイに渡し、ディレイが仲間の共和党の議員に分配するって形で政治を裏から操っていたわけだ。


彼のやったことの中で、前編で取り上げられていたのは、北マリアナ諸島での労働者のあつかいだった。北マリアナ諸島(サイパンなど)は、保護領(コモンウェルス)と呼ばれ、アメリカの国内法をそのまま適用するのか、しないのか、微妙な場所だった。

そこで、金の亡者たちがここにアパレル工場を建設し、アジアから安い労働力を入れ、経営した。でも、それが思いっきり脱法行為なんだよね。つまり、アメリカの労働法や最低賃金法、移民法を無視して、18時間労働とか、労働者が逃げないように閉じ込めるとか、女性をつれてきて売春するように仕向けるなど、やりたい放題。

そのことが問題になって議員団が視察に来ると、ここでエイブラモフらの出番となる。彼らに金を握らせ、視察とは名ばかりの遊興に誘う。昼はゴルフ、夜はパーティーって感じで…。議員たちはいい加減な視察をして問題なしって報告をするわけだ。

でも、中にはマジメな議員がいて、この人だけが労働者から話を聴く。すると、通訳がいきなり泣き出した。議員に訴えてきた中国系の労働者は、自分は中国に帰りたいけれど、金がないので、腎臓を片方売りたいと言ったそうだ。酷い話。

でも、その議員は少数派だから、議会では無視され、北マリアナ諸島での奴隷労働や人身売買は放置されることとなった。


まあ、これが前編の「あらすじ」なんだけど、あまりに酷い話なんで、逆に笑ってしまった。

次回は、エイブラモフが若いころにやったペテンと、題名になっている「カジノ・ジャック」について語られる。お楽しみに。

2010.09.20 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |