FC2ブログ
町山智浩さんの

日本の漫画家たちは一斉に石原慎太郎都知事のレイプ小説「完全な遊戯」「処刑の部屋」などをマンガ化すればいい。慎太郎にはスナッフビデオ(女性を実際に強姦殺人してビデオに撮る)を作る小説もあるよ。

4:12 PM Mar 15th

という推薦があったので、さっそく『完全な遊戯』のあらすじをネットで調べてみました。

暇と金を持て余すボンボンの不良少年たちが主人公。

たまたまバス停で拾った女を「送ってやるよ」と車に乗せ、即輪姦する。

その女は精神を病んでいて、退院したばかりの身だと分かったのだが、そんな事お構いなしにさらに仲間を呼び二日二晩かけて女を全員で犯しまくり、挙句の果てには宿屋に売春婦として売り飛ばす。

だがその女は精神病のため情緒不安定で使い物にならないと、宿屋から追い出されることになった。

少年達は女を迎えに行き、崖から突き落として「この遊びは安く上がったな」と一件落着。

完全な遊戯 石原慎太郎

うわっ、鬼畜な内容だな。

さらに、『処刑の部屋』に至っては、

影響力ということだと、石原都知事の「処刑の部屋」のレイプ描写に影響されて実際に強姦事件が起こってる。当時は大問題になったんだよ。

4:18 PM Mar 15th


昭和32年(1957年)、無職T少年(16歳)ら7名が16歳の少女にカルモチン入りのジュースを飲ませて昏睡させ7人で暴行を働いたほか婦女暴行10件で逮捕。取調べでTは石原慎太郎原作の映画『処刑の部屋』を見て手口を覚え犯行を計画したと供述した。

4:30 PM Mar 15th

とのこと。

この事件は以下のページで確認できる。

昭和32年頃の性犯罪など その2昭和32年(1957年)5月30日

この事件をはじめ、当時、映画に影響されて、主人公が女を薬で眠らせて犯すシーンをマネた事件が連続して起きている。

 埼玉県熊谷市で、中学3年生(15)が隣家の米人宅に忍び込み、砂糖壺に睡眠薬を入れ、コーヒーにこの砂糖を入れて飲んだ主婦(23)が昏睡状態となった。

昭和31年(1956).7.28〔中3が映画をマネて睡眠薬混入〕


 東京都杉並区のアジトに、7.13にウェイトレス(21)を連れ込み、レイプしようとして翌日まで監禁した、無職(19)、中大3年生(20)、日大2年生(21)、明大4年生(21)、無職(20)の5人がこの日に逮捕された。会社重役、省庁の部課長、大学参事など裕福な家の息子で、小金井一家傘下の愚連隊の一員。

昭和31年(1956).8.10〔19歳ニートら5人が監禁レイプ〕


 東京都渋谷区の喫茶店で、高校3年生(18)5人組が女子高生5人とコーヒーを飲んでいたが、隙を見て高校3年生女子(18)のカップに睡眠薬を入れ、近くの旅館に連れ込んだが、友人の通報で無事保護された。

昭和34年(1959).2.25〔高3の5人組が少女暴行未遂〕

石原慎太郎の方がよっぽど有害じゃないのか?

2010.12.09 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

井上公造が海老蔵に苦言 & 赤星が海老蔵に絡まれた話




赤星が海老蔵に絡まれた話(事件以前の放送)

2010.12.09 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |