FC2ブログ
駅のホームからの転落防止のためのホームドアの設置が遅れているそうだ。

 国土交通省は25日、線路への転落を防止するホームドアについて、いつまでにどの程度設置するのか鉄道各社から計画を報告させることを決めた。大畠章宏国交相は同日の閣議後記者会見で、「目標値を提出させ、国として設置を促進したい」と述べた。

ホームドア設置計画求める=転落防止で鉄道会社に-国交省

でも、問題も多いみたい。

 国や自治体が補助金を出す制度はあるが、▽車両のドアの位置が編成により違い、技術的に難しい▽ホームの補強が必要で多額の費用が掛かる-などの理由で設置が進んでいない。

東京メトロ南北線なんて、最初からホームドア設置&ワンマン運行で計画していたから、問題ないけれど、そうでない場合、3ドア、4ドア、5ドアなんて車両があるからね。

菊池英博さんによると、アメリカのクリントン政権は、景気浮揚策として大規模な公共投資を行って、地下鉄の複々線化を進めたそうだ。

日本政府も、埋蔵金60兆円を20兆円ずつ3年間かけて、ホームドアの設置、鉄道の複々線化、学校の耐震化などに使えば、景気浮揚になるし、鹿や熊しか通らない道路建設とはちがって、国民生活に役立つと思うんだけど。

消費税増税はそのあとだろ。フツー。


リンクがキレてたら…

続きを読む

2011.01.25 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |