FC2ブログ
 環太平洋経済連携協定(TPP)への参加をめぐり、菅政権内の機運が急速にしぼんでいる。政府は26日、市民向けのシンポジウム「開国フォーラム」を開いたが、あいまいな説明に終始。反対派の民主党議員が、この日に集会をぶつけるなど、看板政策の失速が鮮明になってきた。

     (中略)

 だが、賛成派の勢いがあったのはここまで。一般参加者との質疑で、「農業以外でどういう影響があるのか」「中国や韓国が入らないTPPに参加して、アジアの成長を取り込めるのか」などと問われると、政府側の歯切れは途端に悪くなった。玄葉氏は「参加するかどうかは、まだ分からない。いまは交渉参加前の段階なので、本物の情報が得にくい」と、明確に答えることができなかった。

TPP機運に失速感 賛成派も説明歯切れ悪く

「本物の情報が得にくい」って、どーゆー内容なのか分からないってことじゃないか。なんでそんなワケの分からないものに参加するんだ。

政府やマスゴミは、TPPは農業問題に矮小化したがるが、ホントは24分野にわたってアメリカン・スタンダードを受け入れることになる。

医療では、いまは歯科でしか認められていない混合診療を全分野に導入し、金持ちはいくらでもよい医療を受けられるが、貧乏人は医療を受けられなくなる。なぜってアメリカがそうだから。w

司法では、アメリカの弁護士は日本で弁護活動ができるが、日本の弁護士はアメリカでは活動できないようにする。なぜってアメリカの弁護士資格がスタンダードになるから。

労働では、安い賃金で働く労働者が大挙してやって来て、賃金が下落し、労働条件は悪化する。日本の労働基準法も改悪されるんだろうね。だって、法律は条約の下位に位置づけられているんだもん(女子差別撤廃条約を批准したときに、男女雇用機会均等法が制定された)。

テレビの電波もオークションにかけられて売られてしまう。自分で自分の首を絞めるようなことに賛成しているマスゴミってマゾ?って思っている。

規制撤廃で世の中がよくなると頭から信じている人間は、正直、おめでたい。そーゆーおめでたい人との“おつきあい”でヒドイ生活をしたくないな。


リンクがキレてたら…。

続きを読む

2011.02.28 | ├ 政治ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |