FC2ブログ
さすがケガレシアさま、ぜんぶひらがなでおじゃる。

みんなだいじょうぶでおじゃるか?こわいしふあんでいっぱいだとおもう。でもだいじょうぶ!なかないで。ひとりじゃないから。こんなにたくさんのなかまがついてるでおじゃるよ!まえをむいてきぼうをしんじて。ごーおん!でおじゃる @ゴーオンジャーのともだちケガレシア役/及川奈央

約6時間前

しかし、ひらがなばかりだと、とてもよみにくいでおじゃる。(ばく)

2011.03.17 | 从^.ゝ^从姫(及川奈央) | トラックバック(0) | コメント(0) |

この画像がなぜか人気。(爆)



枝野さん仮眠中。 #edano_Nero

クマちゃんをダッコしているのが、とてもシュールで(・∀・)イイ!!

2011.03.17 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(4) |

と、こちらの方がツイートしたら…

@nobuogohara 前略失礼、政府関係者へ提案願い。海水を大量に投入するならばコンクリートポンプを提案します。最大吐出量130立米40 m級のリモコンブーム有りhttp://www.kyokuto.com/product/kensetu/pump/index.shtml

約4時間前

こちらの方がリツィートして…

RT @nobutomorino: 拡散希望 原発関係者に届くまで。海水を大量に放出したいならばコンクリートポンプ車を使ってください。海水ならば最大吐出量130立米は送り出せますし37mのリモコンブーム有りhttp://t.co/eOaFfwr

約3時間前

郷原信郎さんのもとに。そして…

コンクリートポンプ車の件、今、対策本部副本部長の片山総務大臣に直接報告しました。消防庁長官に至急検討させるとのこと。 貴重な情報有難うございましたRT @d8works @nobutomorino: 原発関係者に届くまで。海水を大量に放出したいならばコンクリートポンプ車

約2時間前

はたしてこの案は採用されるんでしょうか?




スーパーロングブーム (52mの巨大なブームをスピーディ&コンパクトに展長・格納)

2011.03.17 | └ 福島第一原発事故 | トラックバック(0) | コメント(5) |

池田トンデモ信夫に「流言蜚語」の輩と名指しされた武田邦彦教授が、政府とマスゴミのゴマカシに騙されるなと書いています。

政府とマスコミがごまかしを始めた。これはどうしてもすぐ多くの人が気がついて理解しておかなければならない。

それは「1時間あたりの放射線」と「そこに住んでいる子供が受ける放射線」の問題だ。実に危険なごまかしを始めた。

放射線の強さを「シーベルト」で示すが、これには「年間にあびるシーベルト」、「1時間あたりのシーベルト」、「白血病になるシーベルト」、「瞬時にあびるシーベルト」と4つある.

この複雑なことを利用して、昨日から政府とマスコミは歩調を合わせてごまかし始めた。子供をもつ親はその責任から、絶対に次のことを理解して欲しい。

     (中略)

政府やマスコミは「福島原発から20キロのところの放射線は、330マイクロシーベルトだから、胃のレントゲンの2分の1」という言い方をしている。だから安全という.

しかしそれは「そこに1時間しかいない人」の事であり、住んでいる人ではない。だから、1ヶ月あまり住む人は330ミリシーベルトを浴びることになり、子供も親も白血病になるだろう.

すぐ待避しなければならない。決して「安全な放射線」ではないのだ。

原発 緊急情報(10) 政府・マスコミ、ごまかし。危ない?!

武田教授が「1ヶ月あまり」といっているのは42日間のこと。24時間×42日=1008時間で、1時間あたり330マイクロシーベルトの放射線量を42日間浴び続けると330ミリシーベルトになる。ちなみに、400ミリシーベルトで人は白血病になる。

一昨日あたりからテレビに御用学者が総出演し、今の放射線量なら安全と主張している。でも、ホントは危険きわまりない状態にあり、とくに子どもは避難しなければならないのだ。

2011.03.17 | └ 福島第一原発事故 | トラックバック(0) | コメント(0) |

池田トンデモ信夫に「流言蜚語」の輩(やから)とレッテルを貼られた武田邦彦教授が原子力安全・保安院について書いています。

【なぜ、保安院の人は謝らずに威張っているのか?】

日本の原子力行政は、原子力委員会が推進、原子力安全委員会が抑制ということになっていたが、政府がいつの間にか、原子力安全・保安院というのを作り、「抑制機関無しの原子力行政」を始めた。

そのため、安全を考えて抑制する立場だった「原子力安全委員会」は国民に代わって、直接、原子力の安全を守ることができなくなった。

原子力安全・保安院は全権を持ち、電力会社や原子力安全委員会などに強い影響を持つようになった。これがテレビで見た保安院の人の傲慢な態度にあらわれていた。

保安院は常に原発に口を出し、俺の言うことを聞かなければ認可しないぞと言い、そして現場を知らないという状態で推移していた。

このことが「地震で破壊する原発」を作ってきた原因であり、さらに「震度6など想定していなかった」とか「地震対策はしてきたが、津波が起こるとは知らなかった」などという奇妙な言い訳を作り出す原因にもなっている.

原発 少し落ち着いたので・・・「保安院という化け物」

ちょっと補足すると、原子力委員会も原子力安全委員会も、行政委員会といって、政府から独立して中立的に原子力行政を担当するために導入された組織です。これは、戦後改革で導入されもので、官僚にすべて任せていたら戦争になっちゃったんで、民間人を委員に任命して民主的な統制を行うのが目的だったのです。

ところが、原子力安全・保安院がつくられたため、とくに原子力安全委員会の権限がなくなってしまった。つまり、官僚が民間から権限を奪還するためにつくったのが原子力安全・保安院という理解で
(・∀・)イイ!!と思います。

これも、民主的な統制に無関心だった国民が払わされるツケなんですね。

2011.03.17 | └ 福島第一原発事故 | トラックバック(0) | コメント(0) |

記者会見からフリー・ジャーナリストと海外メディアを排除した日本政府。

2010年03月15日(火) ジャーナリスト・上杉隆さん

米軍の援助申し出を断っていたそうだ。人命よりもメンツ? クソだな。

2011.03.17 | └ 福島第一原発事故 | トラックバック(0) | コメント(2) |

震災の影響でコンサートやイベントが中止になっているそうだ。

  東日本大震災の影響で、首都圏で開かれる予定だったコンサートやイベントが軒並み中止に追い込まれている。ネットのチケット販売サイトを見ると、代金の払い戻しの告知が並んでいる。これで暫くは外出する機会が減ったと嘆く人も多いが、探してみるとコンサートや演劇、イベントなどがあったりもする。

コンサートや演劇、イベント 震災の後でも開催している所ある

そんななか、妹が出るオペラは予定どおりやるそうだ。

しかし、その理由が哀しい。会場のキャンセル料が多額であり、チケットの払い戻しがメンドウクサイから…。orz

今日、やるか、やめるか、決めたんだけど、主催者は、奥さんの親類2人を今度の震災で亡くしたそうだ。その奥さんから、自分を置き去りにして、練習に行くの?と言われたらしい。

さらに、妹の友だちは「死んでもやりたい」と言ったそうだ。

スゴイですね。妻も生命も犠牲にして賭けてるんですね。舞台に…。

でも、ホントの理由は20うん万円のキャンセル料を払いたくないから…。

妹は、ホントに死んでもやりたい人は「死んでもやりたい」なんて言わない、と呆れぎみに聞いていたそうだ。その人、オイラも知ってるけど、そーゆーキャラじゃないし…。

あっ、震災チャリティーじゃありませんよ。念のため…。

2011.03.17 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

昨日、

誰かこいつ物理的に止めろ

で原発に対する無知を曝した信夫が、武田教授を罵倒していたことが分かった。w

原子爆弾というのは核反応を瞬時に連鎖的に起こして大きなエネルギーを出すものだが、原子炉は核反応を制御棒でコントロールしてゆっくり起こすものだ。今回の事故では緊急停止で制御棒が入ったので連鎖反応は止まっており、核爆発は絶対に起こらない。武田邦彦氏が「核爆発の可能性がある」と書いているが、これも流言蜚語である。

原発についての誤解

信夫が叩いていたのはこの記事。

原発 緊急情報(3)

の3)メルトダウンした核燃料が再び固まり、臨界状態に達して「原爆のようなこと」になるとした部分。

核燃料に制御棒が刺さっているから、核分裂反応を起こさないのであって、溶けちゃったら制御棒が抜けたのと同じになり、それが再び固まったら臨界状態になって核分裂をはじめる。それを「原爆のようなこと」と表現しているのだ。

信夫にはそれが理解できないらしい。

この馬鹿は分類すると「原発マニアの自称経済学者」程度の存在なので、こいつに原発のことを聞いても意味が無い。

鉄オタが鉄道事故の解説をしてたとしてその情報を鵜呑みにするか? しないだろ?

こんな原発マニアの言うことなんか無視して「専門家」の話を聴くべき。

その「専門家」のなかにも「御用学者」がいるんで、気をつけないとね。w

まあ、信夫は「御用学者」にもなれなかった人だから…。(爆)

2011.03.17 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(4) |