FC2ブログ
王子のきつね OnLine
EMERGENCY



最新の記事はこの下にあります。

2011.03.23 | 表紙 | トラックバック(-) | コメント(-) |

とうとう水道水からも放射性物質が検出されたのかよ。

 東京都水道局は23日、金町浄水場(葛飾区)から乳児の飲用に適さない濃度の放射性ヨウ素が検出されたと発表した。検出濃度は1リットル当たり210ベクレルで、厚生労働省が21日に示した乳児の飲用に関する指標値の100ベクレルを110ベクレル上回っていた。

 都は23区と武蔵野、町田、多摩、稲城、三鷹各市での乳児の飲用を控えるよう呼びかけている。ただ、「厚労省設定の数値は長期間飲用した場合の健康被害を考慮したもので、代替飲用水が確保できない場合は摂取しても差し支えない」としている。

都内の浄水場から放射性ヨウ素 乳児飲用に適さぬ濃度(2011年3月23日14時53分)

金町浄水場って、オイラの家の水道水はここから来るんだが…。

しかも、ここに書いてある安全基準は、3月17日、つまり原発事故のあとにつくられた基準なので、究極の「後出しじゃんけん」である。

   放射性ヨウ素(I-131) 300 Bq/kg
   放射性セシウム 200 Bq/kg

食安発0317第3号 放射能汚染された食品の取り扱いについて

それまでは、WHOの基準に準拠していた。それだと、

   ヨウ素(I)-131 10 Bq/リットル
   セシウム(Cs)-137 10 Bq/リットル

と定められている。

WHO飲料水水質ガイドライン 第3版 (第1巻) p.203

つまり、事故前の基準の21倍の放射性物質が検出されたのに、安全基準を30倍に弛めたんで安全ですと言いたいのか?

こーゆーことが不安を煽るんだけどな。(怒)



上記の『WHO飲料水水質ガイドライン 第3版 (第1巻)』を読んでわかったんだけど、WHOのガイダンスレベルは、このレベルの飲料水を1年間飲み続けると、0.1 mSvの放射線量を被爆したのと同じですよ、という数字だった。

ゆえに、210 Bq/Lだと、2.1 mSvの放射線被爆をしたのと同じ影響を受けるということだ。人間が1年間にあびてよい人工放射線量 1 mSvの倍の線量なんだよね。ほぼすべての人が白血病になる 400 mSvや、死亡する 1000 mSv=1 Svに比べたら少ないけど、あまり飲みたくないな。orz

2011.03.23 | └ 福島第一原発事故 | トラックバック(0) | コメント(0) |

 住民の被曝(ひばく)量や放射性物質が降る範囲の予測を国が公表していないため、研究者らから批判が出ている。文部科学省が委託した機関が1時間ごとに計算し原子力安全委員会に報告しているが、国は「データが粗く、十分な予測でないため」と説明している。

国、住民の被曝予測公表せず 研究者らが批判

「原発の位置、放射性物質の種類や量、放出される高さ、地形などを元に、最新の風向きや風速のデータを加えて計算。日本全域を250メートル四方に区切り、それぞれの場所にすむ人が吸入などで被曝する量を予測する」SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測)というシステムがあるそうだ。

原子力安全委員会事務局は「放射性物質の種類や量、放出時間などの推定が粗いので、避難などの判断材料としては使っていない。その状況なので軽々しく公表できない」と説明しているんだそうだ。w

公開すると、あまりに重大な事実を住民が知り、自分たちのいいかげんな仕事に批判が集中すると思ってるんじゃないのか。


リンクがキレてたら…

続きを読む

2011.03.23 | └ 福島第一原発事故 | トラックバック(0) | コメント(0) |