FC2ブログ
これから

「○○だってした(する)のにふざけんなよ!」

という題名の記事が登場すると思うが、元ネタはさしこ(指原莉乃)が別れをきり出した元カレに送ったとされるメール

「エッチだってしたのにふざけんなよ!」


からである。wwwww

これぞ、指原クオリティーな。(爆)

2012.07.07 | ├ HKT48 | トラックバック(0) | コメント(0) |

『週刊朝日』の記事が元ネタなんだけど、スゴイことが書いてあるな。

長女に「国民年金なんか払うな。俺は厚生省で年金のスペシャリストだったんだ」

  今週1番の注目記事は「週刊朝日」の「正妻が告発!『脱法重婚』で妻2人 元国税庁長官に脱税疑惑」だ。脱税疑惑を指摘されているのは大武健一郎(65)。財務省主税局と国税庁で一貫して税制改革に携わり、「税と社会保障の一体改革」と「国民総背番号制」を唱え、今の消費増税案の礎を築き上げ、国税庁長官にまで上り詰めた御仁で、告発したのはその妻・満里子(61)である。

  大武は2005年7月に国税庁長官を退官し、数々の天下りを経て、多くのメディアにも出ている財務省の大物OB。満里子はこう訴える。

「夫は退官後も公人です。公人の妻として、税金を払ってくださっている国民の皆さまに今、真実を知って頂くのは、私に与えられた責務だと思いました。手帳、通帳、確定申告などを調べた結果、官僚時代に給与外所得(講演料、原稿料等)を数百万円も過少申告し、『脱税』していました。さらに職権を乱用し、先輩である歴代の財務事務次官、国税長官の方々の年収を調べたり、愛人にせがまれるまま人事情報を漏洩したりし、公僕にあるまじき行為をしていたのです」

  妻が言うには、大武は結婚以来、預金通帳や給料明細を一切見せず、収入の一部を現金で手渡してきたという。長女が20歳になり、区役所から国民年金を納付するよう連絡が来たとき、大武は繰り返しこういったという。

「国民年金なんか払うな。将来は破綻してもらえないから損をする。俺は厚生省で年金のスペシャリストだったんだぞ」

  この発言だけで罪万死に値するはずだ。妻が退職後に公務員住宅を出て住む家を探そうとしたところ、預金が財形貯蓄の500万円しかなかったことがわかり、ローンの相談をしているとき、彼女に馬乗りになり首を絞めたという。そして07年1月以降は1度も帰宅しなくなってしまった。


愛人を父親の養女にして実家相続

  09年9月に満里子が夫の部屋を片付けているとき、12冊の黒い手帳を見つけた。そこには講演料、勉強会謝礼など給与外所得と思われる記述があった。それによると、92年から94年の3年間だけで1000万円近くの『脱税』をしていた疑いが濃厚だという。

  藤井裕久、安倍晋三、松本龍などの政治家からの金額も書いてあり、朝日が取材してみると、松本議員は事務所を通して「大武氏へ10万円を現金で払ったのは事実です。(中略)勉強会のお車代だと思います」とコメントした。ほかにも、主税局の有力な天下り先である税理士団体から「副収入」を得たかのような記述も並んでいた。この金を夫はA女という51歳の彼女に使っていたのだ。妻がこう語る。

「手帳を解読した結果、A女と夫との交際は86年以降、1700回以上も記され、A女に対し、11年間で計3800万円以上の飲食費、宿泊代などの出費があったと記されていました。(中略)夫の使途不明金の多くが彼女へ流れていたのです」

  夫は家を出てからA女と暮らしているのかと妻は思っていたが、父親が住んでいた実家で別の女性と暮らしていることがわかったという。それも07年4月には彼女を父親の養女にして、1年半後に父親が死ぬと実家を相続させていたのだ。妻はこれを「脱法的な重婚」だと難じている。離婚が成立していないために考え出したやり方なのだろう。自宅を訪ねた記者にその女性は「妻です」といい切ったそうだ。

  直撃した朝日に対して、大武は弁護士と現役国税職員を引き連れて取材に応じた。講演料などの雑所得と確定申告された額が数百万円も違うが、脱税ではないのかと問う記者にこう答える。

「僕は現役中はビタ一文、謝礼はもらっていない。でも、講演料がいくらか主催者に聞き、将来、講演で自活するための参考資料として手帳に書いた。すべて僕の妄想だ」

  車代だとお金を渡したことを認めた国会議員がいたがと聞くと、同席した国税職員が身を硬くしたそうだ。泣く子も黙る国税庁長官の実態が分かって、すこぶるおもしろい記事である。

妻が告発!消費増税仕掛人・元国税庁長官あまりに姑息な「脱税」「重婚」疑惑

この手の所得隠しの話はしばしば聞くが、国税庁長官がしてたって話は、正直、驚いた。愛人を父親の養子にした方は、おそらく相続税逃れあるいは引き下げを狙ってのことだろう。税の知識を悪用するってこのことだよな。


ぜんぜん関係ないが、オイラのまわりでも、母方の叔父Aが、大叔父の妻から多額の財産を相続した別の叔父B(子どもはいない)の養子にこっそりなり(叔父Bはそのことを認めていたが、他の兄弟姉妹には知らせなかった)、叔父Bの死後、全財産を独占するという事件wがあった。

そもそも叔父Bの財産は、母方の祖母が大叔父の妻の老後の面倒を看たため、その見返りとして叔父Bが代表して(養子となり)相続したものであった。これが原因で、叔父Aは他の兄弟姉妹(もちろんオイラの母親とも)と絶交してしまった。

先日、その叔父Aは、妻が亡くなったにもかかわらず、そのことを知らせず、他の兄弟姉妹は、ずっと後になって別人から知らされることになり、さらに関係を悪化させた。

叔父Aはたいへん頭がよい人なのだが、こんなことに知恵を使わないで欲しいなあ。

2012.07.07 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |