FC2ブログ
J-CASTニュースがこんな記事を書いた。

  いち早く「脱原発」に舵を切ったドイツで、太陽光発電が急速に萎んでいる。

  ドイツはCO2削減を目的に2000年に再生可能エネルギー法を施行し、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーの「全量固定価格買い取り制度」(FIT)を導入。いわば、日本が「お手本」としている国だ。そのドイツがいま、電気料金の高騰に苦しんでいる。

日本の「お手本」ドイツで太陽光発電大きく後退 家庭用中心に電気料金高騰、供給に対する不安も

これって、原発事故の直後にオイラが言ってたことなんだけど、今さら報じるのか?

原発の「潤沢で安いエネルギー」とは、政府の補助金と賠償の肩代わりによって成立している完全なフィクションなんだけどね。しかも、これには核廃棄物の最終処理費用は入っていない。

ヨーロッパでは、そのフィクションを自然エネルギーでやっている。だから、太陽光発電と風力発電がペイできてるんだけどね。このことを飯田哲也さんは言わない。だから、オイラは問題ありだと思っている。

儲けは市場の内側に、損害は外側に

上記の発言をツイートしたら、知り合いに「自然エネルギーに反対するおまえは原発推進派と同じ」的なことを言われ、絶交状態になった。w

オイラは、住宅の高気密・高断熱化とパッシブデザイン、エネルギー効率の高度化によって、電力を含むエネルギー消費量を減らすのがいちばん現実的だと思っている。くわしくは、

おうち建て替えブログ

を見てね。

2012.09.09 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

NHKが土曜ドラマスペシャルってことで「負けて、勝つ ~戦後を創った男・吉田茂~」ってのを放送してた。

負けて、勝つ ~戦後を創った男・吉田茂~ | NHK土曜ドラマスペシャル

だいたい吉田茂を渡辺謙がやってること自体がマチガイで、もっとブサイクな俳優を使うべき。w これは篠井英介の芦田均にも言える。

さて、ドラマ中、ひじょうに気になったのが「一億総懺悔」という言葉。

東久邇宮内閣が言い出し、《戦争に負けたのは「一億国民」の努力が足りなかったからで、天皇に対してみんなで「懺悔」しなくてはならない》ということ。つまり、悪いのは国民で、天皇はすこしも悪くない(むしろ被害者)という意味。

なんか逆の意味(指導層が戦争を防げなくて国民にすまない)で使ってなかったか?

吉田茂がそう思っていたってことなのだろうか?

それにしても、7歳の細川護煕とか、5歳の麻生太郎とかが出てて、ワラタ。てか、太郎ちゃん、ソファーの上で飛び跳ねちゃダメだろう。wwwww

2012.09.09 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

女児バッグ詰め事件が騒がれてるようですね。

  女児をバックに詰め込んでいたずらしようとしたとされる成城大男子学生(20)が女児アニメ好きと報じられたことを巡り、ネット上で激論になっている。犯行との因果関係は果たしてあるのか、といったことだ。

  論議の導火線になったのは、日刊スポーツの2012年9月6日付記事だ。「小6カバン監禁男はプリキュア好き」などと大見出しを打ったことで、アニメ愛好者らからの強い反発の声がネット上に渦巻いた。

女児アニメと性犯罪との因果関係巡りネット上で大激論

この記事で取り上げられてる「少年犯罪データベース」は、オイラもちょくちょく見ているサイトです。

少年犯罪データベース

で、そこの「幼女レイプ被害者統計」を見ると、一目瞭然。

幼女レイプ被害者統計

被害者は激減しています。

「強制猥褻被害者数」は増えているが、これは痴漢やセクハラの取り締まりが強化されたせいでしょう。

さて、このサイトの運営者が書いた本があります。

管賀江留郎(著)『戦前の少年犯罪』(築地書館、2007年)

管賀江留郎(かんがえるろう)なんてペンネームにはワラタ。

さて、この本に引用されている昭和初期の「幼女レイプ殺人」をいくつか紹介しましょう。

昭和2年(1927).1.13〔17歳僧侶が幼女レイプ殺人〕
 香川県仲多度郡の寺で、僧侶(満17歳)が近所の女の子(9)を誘い込みレイプしようとしたが抵抗されたため首を絞めて頭を臼に打ち付け血だらけにして失神させてからレイプ、ヒモで絞殺して死体を近所の溝に捨て、1.16に逮捕された。小学生の時は成績優秀の模範生だったが、母親が死んでからグレ出し、窃盗で中学を中退、父親の跡を継ぐためよその寺で小僧になったが、長続きせず実家の寺に戻った。父親は法事のため家を空けることが多く、放任されていた。高松地裁は懲役13年の判決。

昭和3年(1928).12.1〔少年が幼女レイプ殺人して性器に泥を詰める〕
 東京府南葛飾郡亀戸町(現江東区)の路上で、17~18歳の学帽、マント姿の少年が、同級生や妹と遊んでいた小学1年生の女の子(7)を連れ出し、深夜に吾嬬町(現墨田区)の路上でレイプして絞殺、全裸にして性器に泥を詰めて、首には奇麗な帯を二重に結びつけたまま、百メートル離れた池まで引きずって投げ捨てた。翌日、死体発見。

昭和7年(1932).4.7〔16歳(満14~15歳)が幼女惨殺 美智子殺し〕
 大阪府大阪市船場の荒物商宅で、従業員(16)が主人の長女の小学2年生(8)を殺害、その日の夜に自白した。せがまれて「幼年倶楽部」を読んでやっているうちに強制猥褻をしようとしたが、「おかあさんにいってやる」と云われたためカッとなって首を絞め、暴れたので傍の火鉢で真っ赤に焼けていた火箸で喉を刺して絶命させたが、生き返ると困るので女の子の母親が脱ぎ捨てていた割烹着でさらに首を絞め、もう1本の火箸を胸に突き刺してから、火鉢で熱していたコテで頭を滅多打ちにしたもの。侵入者がいたと見せかけるために窓ガラスを割り、何喰わぬ顔で他の従業員と事件に驚くふりをして、新聞記者のインタビューにも答えていた。長女とは日頃から仲がよかった。

昭和8年(1933).5.11〔17歳(満15~16歳)が幼女レイプ殺人〕
 東京市品川区で、油売り(17)が、女の子(6)に「ナイフをあげる」と空き家に誘い込みレイプしようとして騒がれたので絞殺、トイレの便器に捨てて逃走、7.10に死体が発見され、8.4に逮捕された。茨城県多賀郡生まれで、3年前に小卒で上京、叔父の経営する油屋に住み込んで町中で油の行商をしており、昨年8月にも女の子(8)に「鏡をあげる」とこの空き家に誘い込むなど、顔見知りになった幼女に次々いたずらをしていた。無口で大人しく商売は下手だった。懲役10~15年が求刑されたが、東京地裁は5~10年の不定期刑判決を出した。

幼女レイプ殺人を犯す者たち

これはほんの一部です。

当時の犯罪は、件数が多いだけでなく、手口が残酷です。これは、「幼女レイプ殺人」だけでなく、他の事件(殺人など)でも同じです。

このころの少年は、欲望が押さえられず、すぐにキレ、破壊的な暴力を振るい、しかも残酷、人の生命なんて屁とも思わない、といった感じです。

この本に出てくる「殺人小学生」たちは、いま生きていれば、80代です。その人たちが「最近の若い連中は…」って言ってるんですから、笑いがとまりません。
目次

*1.戦前は小学生が人を殺す時代
*2.戦前は脳の壊れた異常犯罪の時代
*3.戦前は親殺しの時代
*4.戦前は老人殺しの時代
*5.戦前は主殺しの時代
*6.戦前はいじめの時代
*7.戦前は桃色交遊の時代
*8.戦前は幼女レイプ殺人事件の時代
*9.戦前は体罰禁止の時代
10.戦前は教師を殴る時代
11.戦前はニートの時代
12.戦前は女学生最強の時代
13.戦前はキレやすい少年の時代
14.戦前は心中ブームの時代
15.戦前は教師が犯罪を重ねる時代
16.戦前は旧制高校生という史上最低の若者たちの時代

2012.09.09 | | トラックバック(0) | コメント(0) |

 元AKB48の平嶋夏海(20)が本格的に芸能活動を再開することが7日、分かった。10月24日に始まる舞台「GO,JET!GO!GO!~I LOVE YOUが言えなくて~」(東京・新宿SPACE107、~同28日)に出演するもので、平嶋は「稽古が始まるのが楽しみです」と気合が入っている。

 平嶋は今年1月に男性との交際を連想させるプライベート写真が流出した問題が発覚し、グループから離れた。所属事務所との契約は続いたが活動を休止。4月から大学に通い始めるなど、学業に専念していた。もともと「学校好き」を公言し、AKB48に在籍中も学業を優先。大学進学後は、海外留学も視野に英語の勉強も始めた。趣味の料理教室にも通って、自らのレベルアップに励んでいる。

 一方で、同じ事務所に所属する渡辺麻友(18)が7月に発売したソロシングルの特典映像で渡辺と対談。約半年ぶりに芸能活動を行った。そして、本格的な活動再開第1弾になる同舞台では、AKB48の初期メンバー同士で、同じ事務所に所属する親友の浦野一美(26)と共演する。平嶋は「シンディ(浦野)と共演できるのが、とてもうれしいです。久しぶりの舞台にワクワクしています。精いっぱい頑張ります」と話している。【今西孝江】

 [2012年9月8日6時58分 紙面から]

元AKB平嶋夏海が芸能活動再開

なっちゃん(平嶋夏海)は、頭が(・∀・)イイ!!んだけど、タレントとしてはどうなんでしょうね。w

2012.09.09 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |