FC2ブログ
本日(9/29)のNHK土曜ドラマスペシャル「負けて、勝つ ~戦後を創った男・吉田茂~」の第4回は1949年2月の第3次吉田内閣の成立から、1950年10月の朝鮮戦争への中国義勇軍の参戦までをあつかっていた。

負けて、勝つ ~戦後を創った男・吉田茂~ | NHK土曜ドラマスペシャル

この時期、GHQっていうか、アメリカの占領政策が大きく転換し、民主化から経済復興へと向かうことになる。それとともに、連合国との講話が大きな問題になってきた。

第3次吉田内閣に対して、GHQは経済安定9原則を提示するんだけど、この話、ぜんぜん出てこなかった。この下でデトロイト銀行総裁のドッジが来日し、いわゆる「ドッジ・ライン」をはじめる。

(前回ぜんぜん出てこなかったw)「傾斜生産方式」は、政府が復興債を発行し、それを日銀が引き受けて(日銀引き受け)、大量の通貨が刷られた。その資金は、石炭と鉄鋼に優先的に投入され、景気は好転した。しかし、戦争で生産設備の1/4が失われていたため、通貨に対して物資が極端に不足し、ハイパー・インフレが発生した。

このインフレを収束するため、ドッジは、復興債の発行を停止し、日銀引き受けを禁止した。その結果、インフレは収束したが、こんどは不景気に陥ってしまう。首切りと、それに反対する労働組合が労働争議を起こし、世の中が騒然とするなか、下山事件、三鷹事件、松川事件が起きる。

どうも、NHKは暗い話がキライなのか、こうした事件はまったくドラマに登場しない。まあ、息子で英文学者の健一が乞食をしていた話(これ事実なのか?)で、それを表現したのかな?

このあたりから講和の議論がはじまり、吉田は池田勇人蔵相と宮澤喜一秘書官を渡米させ、アメリカ政府と交渉をはじめる。で、ダレス国務長官顧問の来日となる。

講和については、アメリカなど西側諸国だけと講和する「単独(片面)講和」と、ソ連など東側諸国を含めて講和する「全面講和」が対立する。吉田は「単独講和」を主張するが、野党の社会党や知識人がつくった「平和問題談話会」などは「全面講和」を主張した。吉田が、「全面講和」論者の東大総長・南原繁を「曲学阿世の徒」と罵ったんだけど、その話も出てこないな。

ダレス来日中に朝鮮戦争が勃発し、GHQは警察予備隊(自衛隊の前身)の設立を政府に命じる。警察予備隊の幕僚長になろうとした服部卓四郎(吉田栄作)が出てきたけど、この人、ガダルカナルで2万人を戦病死(ほとんどが餓死)させた話が出てきたけど、ノモンハンでも日本軍の敗北に大いに貢献した人らしい。

朝鮮戦争は、北朝鮮軍の奇襲で韓国軍が総崩れになってしまい、釜山(プサン)周辺まで追い詰められる。そこで、米軍(国連軍w)が参戦し、仁川(インチョン)上陸作戦でこんどは北朝鮮軍が中国国境まで追い詰められてしまう。そして、中国義勇軍が参戦し、戦闘は一進一退に…。

初音映莉子が演じている「パンパン」は、性病で死にかけてるところを永井大演じる幼なじみで官僚の柴田達彦に助けられたくせに、日本が再軍備するかもしれない(あくまでも「かもしれない」)という新聞記事を読んだだけで、「嘘つき」って書いて出て行き、米兵とできちゃってたのにはワラタ。で、その米兵が、本国に妻と子どもがいて、しかも朝鮮戦争で戦死。で、米兵の子を妊娠してて、ざまぁぁぁあああ!って思ったけど、予告編だと、柴田とちゃっかり結婚するようだ。戦災孤児で、「日本の婦女子の操を守るための性の防波堤」にさせられちゃったのには、ちょと同情するが、なんかイマイチ共感できないんだよね。

あと1回しかないから、講和条約と安保条約の調印あたりで終わりそうだな。この後の吉田vs鳩山一郎の権力闘争がオモシロイんだけど、「バカヤロウ!」しかやりそうもないな。じつに残念。(爆)

2012.09.29 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

『週刊文春』やっちまったな。「大沢樹生(元・光GENJI)・喜多嶋舞 長男(15歳)が虐待告白(母にはハイヒールで殴られ、父には日本刀を喉に突きつけられ…)『僕はパパに殺されます』」って記事。

 人気アイドルグループ「光GENJI」の中心メンバーだった大沢樹生(43)と女優・喜多嶋舞(40)の長男(15)が、両親から虐待を受けていたことを週刊文春に語った。

 長男によれば、喜多嶋にビンタされたり、後頭部の髪をつかんで風呂に沈められるなどの虐待を日常的に受けていたが、小学3年生の時、ハイヒールで殴られ出血したことで、大沢と喜多嶋は殴り合いのケンカになり、喜多嶋は家を出たという。

 2005年に両親は離婚し、長男は大沢に引き取られた。だが、長男は大沢からも殴られたり、「お前がいると家族が壊れる」と暴言を浴びせられるなどの虐待を受けるようになった。今年9月16日、日本刀を喉に突きつけられ「これを引いたら死ぬぞ」と脅されたことをきっかけに家出したという。

 長男は、「家に戻ったら、僕がパパに殺されるか、今はかないませんが、僕がパパを殺すのか。このままでは僕も自分の子供ができた時に虐待してしまいそうで、それが怖いです。パパには、理由もなく人を殴ったり脅かしたりしたらいけないんだということを分かって欲しい」と話している。

 大沢は「模造刀の日本刀を突きつけたのは事実で行き過ぎだったと反省しています。ただ、それ以外の虐待は事実ではありません」と回答した。喜多嶋も「虐待の事実はない」と否定している。

元・光GENJI大沢樹生・喜多嶋舞 長男が両親からの虐待を告白

大沢樹生がヒドイ虐待オヤジって書かれてるんだけど、この長男のブログに寄せられたコメントによると、事実はぜんぜんちがうようだ。

記事「んーーー(*^^*)(*^^*)」のコメント

長男と同じ中学に通っていた(いる)生徒やその親、近隣の住民のカキコだと、この長男はかなりの問題行動(授業ができないレベル)をしていて、精神年齢が低く(遠まわしな表現だなw)、また虚言がヒドイ。大沢と継母は、長男が問題を起こすたびに、学校に来て謝っていた。そして、高校進学はムリだったのを、大沢と担任が苦労して行ける算段をつけたのだが、結局、本人の努力不足でダメだった。そのあとは、プータローになって、遊び歩いている。「虐待」の虚言も有名で、児童相談所や警察からも相手にされていない。なお、大沢のブログだと、長男は「心療内科で診察を受け、通院加療中」だったんだそうだ。

読者の皆様、そしてファンの皆様へ

長男は、ショーガイがある(難聴の方じゃないよ)から、仕方ないが、それを利用して大沢を貶めるクソ記事書いたのは許されないよな。

『週刊文春』は、AKBのスキャンダルでも書いていれば(・∀・)イイ!!のであって、障害者につけ込むのは絶対にやめろ!(怒)

2012.09.29 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |