FC2ブログ
昨日(12/2)、池袋のジュンク堂に本を買いに行った。

買ったのは、孫崎享(著)『転ばぬ先のツイ』(メディアパル、2012年)1400円(税別)、宋基昊(著)『恐怖の契約 米韓FTA』(農文教、2012年)800円、エマニュエル・トッド(著)『帝国以後』(藤原書店、2003年)2500円、同『デモクラシー以後』(藤原書店、2009年)3200円の4冊。

ところが、請求されたのが4935円だった。少なくないか?と思いつつ。おつりをもらったが、帰って見たら、いちばん高い『デモクラシー以後』がカウントされていなかった。

500円くらいなら、ラッキーって気分だが、3200円+消費税は多額すぎる。店側はきっと万引きにやられたと思うだろう。なんか気分が悪い。

どうしようか?と家族に相談したら、お金を払いに行け!と言われた。マジか! 正直すぎないか? 交通費と時間がかかる。向こうのマチガイなのに…。お金を取りに来てもらったら、往復の交通費+バイトの時給で、1000円以上かかるぞ。店も損しそう。振り込みになるのか? ますますメンドクサそう。

結局、今日(12/3)、妹が用事で池袋を通るので、代わりに払いに行ってもらうことになった。

さっき、妹が帰ってきたんだが、ジュンク堂から電話はあったのか?と聞かれた。なにやら、不手際の店員を特定するらしい。そこまでしなくても…。

で、正直者だったんでw、ジュンク堂のカフェのコーヒー券を2枚もらった。一枚は妹にあげた。まあ、当然だよね。

ただし、ジュンク堂のカフェのコーヒーはやたらと苦い。だから、あまりうれしくない。(爆)

2012.12.03 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |