FC2ブログ
安倍晋三・自民党総裁の経済政策を、レーガン米大統領のレーガノミクスにかけて、そういうそうだ。

アベノミクスは、デフレ脱却のため金融緩和政策と財政拡大政策を行うそうだが、これって高校の「現代社会」や「政治・経済」で教えているアタリマエの経済政策じゃないか。w

今までの政権が、アタリマエじゃないことをやってきたから、景気がよくならなかったわけで、アタリマエのことをするってだけじゃないか。wwwww


レーガノミクスは、アタリマエではない、サプライサイド経済学の一種である。

マクロ経済学によると、マクロの経済活動は総需要と総供給の均衡によって決まる。総需要曲線と総供給曲線の交点で国民所得と物価水準が決定される(AD-AS分析)。そのとき、

  1.総供給曲線を右側にシフトさせると、国民所得が増加し、物価水準が低下する。
  2.総需要曲線を右側にシフトさせると、国民所得が増加し、物価水準が上昇する。

サプライサイド経済学は、総供給側に着目し、1.総供給曲線の右側へのシフト(供給力強化)のため、民間投資を増やす。その手段として、(1)企業減税、(2)家計減税、(3)規制緩和、(4)小さな政府化を行う。コイズミクス=構造改革も、サプライサイド経済学の一種であった。

しかし、(日本以外の)経済学者の間では、サプライサイド経済学は失敗したと言われている。実際は、短期的利益を追求する資本家(ヘッジファンド)が利益を投資に向けなかったので、供給力の増大は起こらなかった。コイズミクスも同じ道を辿ったわけだ。wwwww

レーガン政権下のアメリカ経済は、新冷戦で軍事費が増大したため、慢性的な財政赤字と貿易赤字のいわゆる「双子の赤字」に陥った。この結果、プラザ合意でドル安に誘導するため、アメリカ、日本、ECは円・マルク買い/ドル売りの協調介入を行った。この為替政策はドルにとって事実上の金融緩和となった。しかも、軍事費増大は事実上の財政拡大政策だったので、ポリシーミックスとなり、景気が上向いた。やっぱり、アタリマエの方が(・∀・)イイ!!んだよ。w

アベノミクスって、2.の経済政策でしょ。

ちなみに、安倍の悪口を言ってる連中(池田トンデモ信夫とかw)って、みんなサプライサイド経済学信奉者なんだよね。なぜか日本では、オワコンだという認識がない。不思議だ。(爆)

2012.12.23 | ├ 経済ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

♪空にそびえる黒鉄ヒロシ

この歌、ということは…。そうです。黒鉄ヒロシの「千思万考」です。w

今回のテーマは「始皇帝」。

しかし、彼が語った内容がすべてNHKスペシャル「中国文明の謎」の

第三集 始皇帝“中華”帝国への野望

と同じだった。wwwww

テレビで堂々とパクリを披露したわけだが…。オイラみたいに両方とも見てる人がいないと思ったのか。イタイな。イタすぎる。w

まあ、NHKスペシャルと同じ内容だから、マチガッテはいなかった。しかし、この流れから彼独自の主張が出てくるわけだが、それがマチガッテいた。w

現在の中国外交も「中華思想」だから、日本政府はそれに対応しなければならない。

オイオイ、今の中国外交は単なる「覇権主義」だろ。中華思想なら、尖閣諸島は中国固有の領土!なんて言わないもん。すべての国はおのずから中国の属国になりたがっているはず!なんだもん。wwwww

パクリの部分は正しくて、独自の主張がマチガッテいるところは、池田トンデモ信夫せんせいそっくりだな。(爆)

2012.12.23 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |