FC2ブログ
TBS「ATARU SP ニューヨークからの挑戦状!!」に出ていたぱるる(島崎遥香)が、



「美魔女」ではなく、ハイヒール・モモコに見えた。wwwww

どーでも(・∀・)イイ!!けど、



演出が「マジすか3」を意識しすぎててワラタ。

ぱるるの演技は、「マジすか3」に比べたら、レベル・アップしていた。ただ、「あたしのマジに触るんじゃねぇ!(棒)」が“下の下”だったんで、ようやく“下の上”になったって感じ。

前作での、今は亡きミッツ(光宗薫)vsキモメガネ(田中哲司)がオモシロかっただけに…



ミッツ、戻ってきてくれ!(爆)

2013.01.08 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |



南 沙織 / 17才

初代アイドル(中森明夫説)南 沙織のデビュー曲。ここからアイドルは始まったわけだな。(爆)




ちぃ様(森高千里)の「17才」。驚異的な足の長さと頭の小ささ。オイラと7歳しか違わないとは思えない。wwwww

2013.01.08 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) |

こちらの方が《アイドル=歌手》なので、バラエティに出ることは「歌手としてのプライドを捨てた」ことだと言っています。

その昔、アイドルはプライドのあるスーパースターだった

まあ、山瀬まみや井森美幸、松本明子、森口博子あたりは、歌手として売れなかったから、バラエティに出ること(バラドル)になったわけだけど…。

しかし、《アイドル=歌手》とは限らない。薬師丸ひろ子や原田知世は(歌もうたっているけど)角川映画で有名になったわけだし、後藤久美子は「続・たけしくん、ハイ!」でたけしが一目惚れした転校生で病弱の少女役だったし、宮沢りえは「三井のリハウス」のCMだし、上戸彩は「3年B組金八先生」の性同一性障害の鶴本直だったし、新垣結衣はポッキーのCMだった。

この人たちは、トップ・アイドルだったけど、歌手として有名になったわけではない。《アイドル=歌手》という図式は、バラドルの登場以前に、薬師丸ひろ子の登場ですでに壊れてしまった。じつは、薬師丸の登場した70年代末は、キャンディーズ解散、ピンクレディの人気低迷で、松田聖子の登場まで「アイドル(歌手)冬の時代」だった。w

考えてみたら、オイラの好きだったw相本久美子は「TVジョッキー」のマスコット・ガールだったし、香坂みゆきも「欽ドン(欽ちゃんのトンとやってみよう!)」出身だから、70年代半ばからアイドル歌手じゃないアイドルはいたんだよな(2人とも歌をうたってたけど)。w

グラドル(グラビア・アイドル)も1975年のアグネス・ラムが起源で、1980年代になるとクラリオンガールなどキャンペーンガール出身のアイドルが登場する。オイラ的には、ANAのキャンペーンガールだった鷲尾いさ子、松本孝美(この人を知っているのは、かなりの“通”w)、石田ゆり子が印象的だったが…。w


ぜんぜん関係ないけど、アイドルとアーティストのちがいは何でしょうか? 答えは、CDの売り上げが、アイドルは《シングル>アルバム》だけど、アーティストは《アルバム>シングル》だってこと。ジャニーズも、48グループも、そうなっています(AKBはシングルに握手券が付いているからではないw)。

さて、つぎに問題です。シングルもアルバムも両方とも売れた歌手は誰でしょう? 答えはAyu(浜崎あゆみ)です。Ayuはアイドルでアーティストだった唯一の歌手なのです。ただ、エーベックスは、浜崎あゆみをアーティストとして売りたかったから、いちばん売れてたときにシングルを限定販売(30万枚・40万枚)してしまったので、数字の上ではアルバム>シングルになってます。w


(握手券を売っている某グループや、複数枚購入がアタリマエの某事務所を除きw)音楽ソフトがぜんぜん売れなくなった現状を考えると、アイドルが歌手だけやっているのは危険すぎる。バラエティだって、グラビアだって、女優だって、何でもやらないと、芸能界では生き残れません。

蛇足だけど、音楽ソフトが売れないのは世界的現象で、世界でいちばん音楽ソフトが売れているのは、ナ、ナ、ナント、アメリカではなくて、日本なのだ。2011年の世界の音楽ソフトの売り上げの27%は日本なのですよ。

だから、音楽産業は世界的規模で“斜陽”産業になりつつあるのだ。アイドルのみなさん、歌手やってたら、生きていけませんよ。(爆)

2013.01.08 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |

2012年12月26~27日に根切り・掘削が行われた。

続きを読む

2013.01.08 | ├ 住宅・建築ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

このネタ、ニュースになってるんだ。w

  社会学者の宮台真司氏(53)が、AKB48のファンに「宣戦布告」した。

  AKBファンには「処女厨(ちゅう)」が多いとして、「クソ」「馬鹿」「頭が悪すぎ」とののしった。「正論だ」と言っているファンもいるが、「よく知りもせずに…」「馬鹿すぎ」といった宮台氏を批判する意見が大勢だ。

「女の子が処女じゃないと気が済まない馬鹿」 宮台真司がAKBファンに「宣戦布告」

AKBヲタに「処女厨」は多いよ。去年の「米騒動」以来の“恋愛発覚→ヲタの糾弾→運営動く→活動辞退”を見れば、一目瞭然でしょ。

  もっともAKB48では過去にスキャンダルが報じられた指原莉乃さんや秋元才加さんらもいまだ高い人気を集めているため、「むしろ処女厨は少ない」と見る向きもある。

この2人は例外だろ。オカロ(秋元才加)は知らんが、さしこ(指原莉乃)のヲタは、オジさんが多い(本人談)ので、もともと「処女厨」は少ない。妻子がいるのに「処女厨」だったら、行動が矛盾しまくってるからね。

あんまり有名じゃないけど、宮台せんせの理論に「性愛におけるオジさん優位論」てぇのがある。内容は、「たくさんのことを経験し、何もかも相対化できるように思えた段階で、なおかつ生きることへの絶対的意欲を持つこと者だけが人を感染させる」と同じで、女の子との関係において、経験値が高いオジさんに若い男の子は勝てないって話だった。w

男は所有したがり、女は関係したがる、っていう斎藤環さんの理論に従えば、「処女厨」は所有論としてもダメなのだ。女性から見たら、キズモノを愛でることはできません!って「処女厨」より、キズのあるところに趣があるんだよ!って言うオジさんの方が、関係しやすいから。

宮台せんせは、口は悪いが、意外と(・∀・)イイ!!人ってオイラは評価してるんだけどね。ヲタには理解できないんだよね。wwwww

2013.01.08 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |