FC2ブログ
政府軍の突入というニュースが流れたけど、人質解放とはほど遠い結果になりそうな予感。

 アルジェリアのガス・サイトで起こった、マグレブ・アルカーイダによる人質事件は、あっという間に終わった。その犠牲者数は数十人にも及んでいるようだが、真実の部分はこれで隠蔽されて、終わるのかもしれない。

 ある親しいジャーナリストが、意見を聞きたいと言ってきたので、自分の思っていることを話してみたのだが、今回の事件の場合、政府も深く掘り下げてみる必要が、あるのではないかと思われる。

 事件はガス・サイトの現場にある、住居部分を狙って行われ、当初、600人を超える従業員が、人質となったと発表された。一辺1キロメートル弱のコンパウンドは、相当大規模なものであり、高さ2・5メートルの塀が、それを取り囲んでいたということだ。

 関係者の語るところによれば、このコンパウンドはアルジェリアの軍人が、警護にあたっていたということであり、あのような事件が起こることは、全く想定していなかったということのようだ。

 多人数、高い塀、厳重な警護ということを考えると、この人質事件は襲撃した側が、相当周到な計画を立てた上で、実行したとしか思えない。そうでなければ、作戦は成功しなかったろう。

 加えて、襲撃した側の数も相当数に及んでいたのではないか。少なく見積もっても、人質の10~20パーセントの数が、作戦に参加していたのではないか、と思われる。つまり推測だが、60人から100人程度の襲撃部隊であったろう。

 誰が作戦を立てたのか、彼らはどうやってコンパウンドまで来たのか、誰が指揮していたのかということを考えると、、これはほとんどプロの軍隊並みの、作戦指揮能力があったと考えるべきではないのか。

 しかも、今回の場合、身代金の要求は聞こえてこず(情報を伏せている可能性もある)、犯人側の要求は、アルジェリアが拘束している、イスラミスト100人の釈放と、人質を伴って犯人たちが逃亡することを認めること、そしてマリでのフランス軍の作戦を中止すること、といった内容だったようだ。

 それにしても、多数の国々から来た人たちが、人質に取られている。そして、彼ら襲撃犯をアルジェリア軍が包囲したにもかかわらず、なぜ非常に早い段階で、武力突入という強硬な手段に出たのか。

 犯人と時間をかけて交渉することも、関係諸国との連絡をすることも、時間的に可能だったはずなのだが。それが無かったということは、何か急いで事件を解決させる必要が、あったということであろう。それが何なのかを考えなくては、日本政府が国家治安局を創設しても意味がなかろう。

NO・2441『あっという間に終わったアルジェリア人質事件』

コンパウンドとは中東特有の住居様式。くわしくは

コンパウンド

を見てほしい。これはドーハ(カタール)のものだが、アルジェリアのも似ていると思う。

60~100人も襲撃者がいたとしたら、政府軍が一気に殲滅なんてできっこない。戦闘となり、多くの人質が巻き込まれた可能性がある。キャメロン英首相が、憂慮すべき事態を覚悟しなければならない、と語ったそうだ。また、外国メディアと電話で話した日本人も、軍人に撃たれて、負傷したと言っていた(命には別状ないようだが)。作戦が終了したのに、アルジェリア政府が何も発表しないのも、なんかおかしい。

佐々木良昭さんが言うように、真実が隠蔽される可能性が高いのではないか。

2013.01.18 | ├ 政治ネタ | トラックバック(0) | コメント(2) |