FC2ブログ


黒駒勝蔵を主人公とした同名の時代劇の主題歌。歌っているのはジュリー(沢田研二)。勝蔵を演じているのはショーケン(萩原健一)。

黒駒勝蔵は、清水次郎長の敵なので、時代劇では悪役として描かれることが多かった。たとえば、竹脇無我が次郎長を演じた時代劇「清水次郎長」では、露口茂が黒駒勝蔵を演じていた。次郎長に味方することもあったが、つねに次郎長を陥れようとしていた。

ところが、このドラマでは、次郎長(米倉斉加年)の方が狡猾だった。実際、次郎長は、佐幕派だったにもかかわらず、幕末・維新期を生き抜いた。しかし、勝蔵は、討幕派に味方したのに、過去の罪で処刑されている。

オイラ的には、ドラマの中で勝蔵が自分の最期について語っているシーンが笑えた。

オレは果たし合いの最中にクソがしたくなる。

ふと見ると便所があり、そこに入って用を足す。

そのとき、敵が槍で便所の壁を貫き、オレは突き刺される。

それで、「クソー!」と叫んで死ぬ。

たしか、こんな内容だった。

それにしても、“激太り”する前のジュリーと、“不良中年”化する前のショーケンは、カッコよかったな。(爆)

2013.01.24 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |