FC2ブログ
「壬生義士伝」は、以前、渡辺謙主演のドラマを見たことがあったが、今回は中井貴一主演の映画を見た。


明治の終わり、感冒にかかったと思われる孫を連れて、老人(佐藤浩市)が町医者に駆け込んでくる。町医者(村田雄浩)は新天地である満州に医院を移すため、引っ越しの最中であった。医者の夫人が孫を診察し、老人は待合室で一息つく。ふと老人の目に、古びた一枚の写真が映った。その写真に写った武士は、老人のよく知る人物であった。老人は町医者に問わず語り、昔を思い出して行く。老人は新撰組隊士・斎藤一であり、写真の武士は吉村貫一郎(中井貴一)であった。

吉村貫一郎は盛岡藩の下級藩士であった。大野次郎右衛門(三宅裕司)は、上士の庶子であったため不遇であり、貫一郎の親友となったが、嫡子の死去で跡取りとして迎えられた。その次郎右衛門は、百姓娘のしづ(夏川結衣)を妻にしようとしたが、親に妾とするように申しつけられる。しかし、しづは貫一郎に惹かれており、貫一郎も同じだった。妾に迎えられる途中、しづは逃げだし、貫一郎と結ばれる。

時は流れ、次郎右衛門は上士となったが、貫一郎は小禄のため家族が養えなかった。そこで、貫一郎は、脱藩し、新選組の隊士となった。次郎右衛門は、貫一郎の脱藩に怒りながら、道中手形を与えた。

貫一郎は、家族への仕送りのため、新選組でも金のため何でもやり、「守銭奴」「出稼ぎ浪人」などと呼ばれ軽蔑されていた。斎藤一は、貫一郎を憎み、斬り殺そうとするが、貫一郎は剣の使い手であったため、断念する。斎藤は、弟を近藤勇の養子とした谷三十郎が気に食わず、斬り殺すが、そのことを貫一郎に見抜かれ、口止め料を求められる。

斎藤には、ぬい(中谷美紀)という愛人がおり、貫一郎と同郷であった。伊東甲子太郎らが新撰組を脱退して御陵衛士(高台寺党)を結成すると、斎藤はスパイとしてこれに加わる。斎藤はぬいを通じて情報を貫一郎に伝えていた。斎藤が坂本龍馬を暗殺して姿を隠すと、ぬいは自害してしまう。その後、斎藤は新撰組に戻り、貫一郎とともに伊東らを暗殺する。

王政復古となり、鳥羽・伏見の戦いが起こる。戦況は不利となり、多くの藩兵が撤退するなか、貫一郎は、錦の御旗を掲げた薩長軍に向かって走り出し、勇ましく刀を抜き、斬り込んでいった。

斎藤の話はここで終わったが、町医者の話が続く。町医者は、貫一郎の親友・次郎右衛門の息子・千秋であった。

鳥羽・伏見の戦いが決着したとき、大坂の盛岡藩蔵屋敷に満身創痍の侍が紛れ込んできた。貫一郎であった。保護を求める貫一郎に対し、蔵屋敷差配役となっていた次郎右衛門は切腹を命じた。貫一郎は、次郎右衛門から与えられた刀を息子に渡すように書き残し、自らの刀で切腹して自害した。

その後、次郎右衛門は、新政府軍との戦いを強硬に主張して出兵、戦死した。貫一郎の息子・嘉一郎は、妹のみつを千秋(伊藤淳史)に託し、函館戦争に参戦して行方不明となった。ここで、孫の治療が終わり、町医者の夫人が現れる。夫人は、貫一郎の娘・みつ(夏川・二役)であった。

続きを読む

2013.04.05 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

「一方を追求すれば他方を犠牲にせざるを得ないという状態・関係のこと」。

  マンガ、アニメなど日本の文化を世界にアピールしようと開催された「クールジャパン推進会議」の席上で、議員の秋元康さん(54)が「クリエーターにノーギャラで働いてもらう」などと発言したとしてネットで批判が沸騰している。

  クールジャパン推進に関し、政府は500億円もの予算を捻出すると発表しているし、そもそも、日本のクリエーターの収入は低いため、まずは給料を上げるなどの対策が必要ではないかというものだ。

「超有名クリエーターに相場のギャラは支払えない」 秋元康の発言を「もしドラ」の岩崎夏海が弁護

フツーに働いていたら1時間に数十~数百万円の価値を産み出すクリエーターに、1時間数千円の謝金で政府の会議に出てもらうこと。

日本の未来を開くお仕事をしているクリエーターにも、ネットでムダに騒いでいるバカ(オイラも含まれる)にも、1日は平等に24時間しかない。w

2013.04.05 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |