FC2ブログ
地震は、(1)周期的に起こり、(2)前兆がある。信じるか信じないかは、あなたしだいです。w

  きのうの地震調査委員会の説明は「広い意味での阪神淡路の余震」「今回のは未知の断層らしい」ということだったが、博物館として保存されている野島断層は全く動いていなかった。調査委員会は否定的だが、南海トラフ地震の予兆だとする見方もある。

  東海大学地震予知研究センターの長尾年恭・センター長は「この地震そのものがシグナルではないが、地震の様相が変わってきていることは確か」という。西日本で起ったM6.3以上の地震発生数を阪神淡路以前と以後で比べると、前の25年間には5回しかないが、以後の18年間には14回も起っている。昭和の東南海地震でも江戸時代の地震でも、南海トラフの大地震の前の10~20年には、内陸の地震が増えたことがわかっている。「南海トラフ地震へのステップが上がったと見ることもできる」と長尾はいう。

  前田典子(モデル)「近い将来とはいつごろのことなんですか」

  長尾「10年単位なんです。関東も関西も(海地震が長いことないので)、人間でいうと80歳の状態。20年後かもしれないし、明日かもしれない」

  羽鳥「シグナルと前兆は違うのでしょうか」

  長尾「基本的には同じですが、いまはまだこれが起きたらこうだというものは見つかっていません」

  石原良純(タレント)「もう、起ったらどうするかと話し合っていくしかない」

  長尾「地震予知は難しいが、災害を減らすことはできます。それが大事です」

  結局、いまもってそのレベルなのだ。

南海トラフ大地震近づいた!発生前に内陸地震「淡路島震度6」前兆の可能性

ゲストの長尾年恭さんは、「人間でいうと80歳の状態」と言っているように、周期的に起きると信じており、「(シグナルと前兆は)基本的には同じです」と言っているように、前兆があると信じているようだ。

東大のロバート・ゲラー教授は、地震は、(1)周期的に起きるわけでも、(2)前兆があるわけでもないので、予知できないと主張している。

東海・東南海・南海地震が同時に起きる(と言われている)「南海トラフ巨大地震」は、江戸時代の宝永地震(1707年)と安政東海・南海地震(1854年)の2回しか記録がないので、周期的に起きるかどうか本当は分かっていない。

また、木材に力をかけて曲げていくと、前兆なく突然割れる。地震も、同じように、プレートに力が加わって、それが跳ね上がったり(プレート境界地震)、亀裂が走ったりして(断層地震)起きるので、前兆があるというのも怪しい。

ゲラー教授も指摘しているように、予知よりも、防災の方が重要なのだ。

2013.04.16 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |