FC2ブログ
4/18(木)放送のNHK「クローズアップ現代」の「進む都市の“木造化”~林業再生への挑戦~」で紹介されていた山形県の企業の集成材・金物構法は、KES構法だった。

進む都市の“木造化”~林業再生への挑戦~(クローズアップ現代)

番組に出てきた宮城県栗原市栗駒総合支所は、KES構法で建てられ、2008年に起きた岩手宮城内陸地震で災害対策本部として利用された。



KES構法については、株式会社シェルターのサイトの「KES構法について」を見てください。

株式会社シェルター KESシステム本部|大規模木造建築

SE構法と同じ集成材・金物構法であるが、コチラの方が歴史が古く、阪神大震災でも、近隣の鉄筋コンクリート造の建物が倒壊したのに、KES構法の建物は倒壊しなかったそうだ。

2013.04.19 | ├ 住宅・建築ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |