FC2ブログ
昨年12月以来、おとなしくしていたフィガロ・ピート先生が、5月末から、蠢動してますね。w

モルス・ドルチェ(甘い死)

内容は、あいかわらず、なんですけど。w


ところで、こっちのサイトはやめちゃったんでしょうか?

朧千夜の鶯

「気功人気ブログランキング1位」と名乗っている割には、アクセスカウンターの累計が6,047しかない(2013年7月4日 17:30現在)のが不思議だったんですけど…。


そう言えば、オイラのアンチさんのブログも昨年11月以降更新なしですね。

おい!王子のきつね!

こちらのアクセスカウンターの累計は8,403(同上)なので、「気功人気ブログランキング1位」に勝ってますね。wwwww


アクセスカウンターの数字の後に日時を入れてるでしょ。アクセスカウンターの数字って時間が経つと増えるじゃないですか。「200しかないなw」って記事を書いても、何か月かすれば、増えて400になってますよね。そのとき、「400もあるのに、200しかないって書いてる! ウソツキだ!」って書くのはやめて欲しいですね。頭悪すぎる誹謗・中傷ってアレなんで…。それを防ぐための措置なんですよ。wwwww

最後に…。ピート先生の記事、楽しみにしてますよ。(爆)

2013.07.04 | 心霊 | トラックバック(0) | コメント(0) |

有名な建築家ル・コルビジェがデザインしたソファLC2(P3)のレプリカ製品を5万円で手に入れ、2階ホールに設置した。


本革仕様だと20万円弱するんだけど、お手入れが簡単な人工皮革だと、5万円弱になる。

で、座り心地は、ん…な感じ。orz

カリモクの食堂椅子(品番CT4300ZS)

カリモク・ショールーム

の方が座り心地が断然よい。

考えてみたら、食堂椅子1脚と同じ値段なんだからしょうがないか?

さて、ル・コルビジェといえば、モデュロールを考えた人。モデュロール(モデュール・ド・オール)とは、モジュール(寸法単位)と黄金(オール)比率の合成語で、ル・コルビジェは、モジュールを建築の視覚的側面、機能的側面、工業生産的な側面の3つの条件を統合するスケールとして提案したという。


(1)は初期の身長175cmモデル(当時のフランス人男性の平均)、
(3)は後期の身長183cmモデル(当時のイギリス人男性の平均)。


オイラ的にちょっと感動したのは、ソファーの座面の高さが、座ると、ちょうど43cmになったこと。

でも、モデュロールって、国際化させるために、当時のフランス人男性の平均身長175cmモデルから、当時のイギリス人男性の平均身長183cmモデルに変えちゃったんだよね。身長183cm、そんなデカい人、わが家にいません。

座り心地が、ん…な理由がわかった。(爆)

2013.07.04 | ├ 住宅・建築ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |