FC2ブログ
昨年末(12/31)に放送された「リアル美味しんぼ 朝日新聞VS読売新聞 究極と至高の対決」をご存じだろうか?

漫画「美味しんぼ」の連載30周年を記念し、朝日新聞と読売新聞が料理レシピを競う番組だ。長野県の「長生き料理」、岩手県の「わかめ料理」、福岡県の「鶏料理」で、それぞれの地域での一般投票に、著名人3人による投票を加えて、審査する。

結果は、下のリンクのとおり、1勝2分けで読売新聞が勝利した。

リアル美味しんぼ 朝日新聞VS読売新聞 究極と至高の対決|審査表

しかし、どう見ても、著名人の判定がインチキ臭かったので、逆にスゴイと思った。

そもそも朝日新聞と読売新聞の対決を日本テレビが放送するっていうのがオカシイ。TBSやフジやテレ東がやるのなら、わかるんだが…。とにかく、最初からバイアスがかかった番組なのだ。

そして、案の定、200人くらいが投票する一般投票では、3つとも朝日が圧勝したのに、著名人(オイラは高垣麗子さんを初めて知ったが)3人が、その結果をことごとくひっくり返して、読売を勝利させた。

こちらにレシピが出てるんだけど、

リアル美味しんぼ 朝日新聞VS読売新聞 究極と至高の対決

とくに、岩手県のわかめ対決での“わかめたっぷりの「15一会」カレー”は“三陸ワカメ香り蒸し”に勝つわけないと確信した。だって、カレー粉入れたら、ワカメの風味はカレーに殺されちゃんだもん。案の定、一般投票だと150対50くらいで、カレーが負けた。でも、それを著名人がひっくり返したんだから、大笑いである。さすがに、岸朝子さんは、同点にして、日テレの意向に抵抗していたようだった。しかも、判定表の朝日の90点になぜか○が…。w

市村正親さんは、お家で篠原涼子さんに「ねぇ、カレーおいしかったの?」と聴かれ、「あれは仕事だ!」と答えているんじゃないのかなぁ。(爆)

朝日新聞はよっぽどくやしかったのか(そのキモチは分かるw)、「一般投票では朝日新聞が3県いずれも制していた」と書いていた。wwwww

リアル美味しんぼ「朝日vs読売」 1勝2分け読売勝利

この手のインチキ番組は、一般投票に協力した人や視聴者を完全にバカにした番組なので(やってることは、今は亡き「ほこ×たて」と同じだから)、BPOに取り締まってもらいたいと心から思った。(爆)

2014.01.02 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |