FC2ブログ
2011年12月2日、参議院復興特別委員会での宍戸隆子さん(雇用促進住宅桜台宿舎避難者自治組織「桜会」代表)の証言。「たとえば、鼻血なんですけども、そういうような症状を訴えていたお子さん、ひじょうに多かったです」と証言している。



2011年4月頃から「鼻血が出た」という“つぶやき”をオイラもよく目にしたけど、なんで事実を描いて『美味しんぼ』が叩かれているのか、よくわからん。

美味しんぼ:「がれき受け入れで鼻血」で抗議文 大阪
美味しんぼ:鼻血描写で福島県「風評被害助長で遺憾」

言えてるのは、『美味しんぼ』を叩いている連中は、このマンガがずっと福島の農産物の安全性を訴えてきたことを知らないってことだ。

『美味しんぼ』は“放射脳”ではない

火山学者の早川由紀夫さんも怒っているんだが、まったく同感だ。

福島を扱った美味しんぼを私はずっと読んできているが、意見が分かれる問題はいつも両論併記している。そういう配慮がある。鼻血問題も例にもれない。放射線被ばくとは関係ないとあの号で医師に語らせている。自分と異なる意見だけを取り上げて、偏った意見を書くなと指図する人こそが偏ってる。

12:51 - 2014年5月11日


美味しんぼの場合。福島県の農家はこんなに頑張ってると、さんざ紹介したあとに、取り上げた鼻血です。過去1年分の福島特集を読めばわかる。

15:41 - 2014年5月11日

早川さんは「放射線汚染分布地図」を自身のブログで発表した人。そのとき、早川さんは、福島県の農作物にもっと放射性物質が含まれると予想し、かなり過激な発言をしていたが、はずれた。ちなみに、『美味しんぼ』110巻にその理由が描かれている。

ぜんぜん関係ないが、調査しなかったり、その結果を隠して、事実がなかったかのように振る舞うのは、日本政府の得意技だな。「従軍慰安婦」問題でも、警察が持ってる資料を公開しないで、「河野談話」を見直そうとしていた。そして、なぜかそれを擁護する「エア御用」がいっぱいいる。どうなっているんだ。


リンクがキレてたら…

続きを読む

2014.05.12 | └ 福島第一原発事故 | トラックバック(0) | コメント(2) |

BSフジでドラマ「阿部一族」が放送された。内容は以下のとおり。

1641(寛永18)年、肥後藩主・細川忠利(中谷昇)の病状悪化に際し、側近たちは次々殉死を願い出た。阿部弥一右衛門(山崎努)も殉死を願ったが、忠利は「生きて新藩主(忠尚)を助けよ」と遺言して死去した。それゆえ、旧臣たちがつぎつぎと殉死してゆくなか、弥一右衛門は勤務していた。しかし、自分が命を惜しんでいるという評判が立ち、一族を集め、彼らの面前で切腹を遂げた。それが遺命に背いたこととなり、阿部家は知行を兄弟に分割されて家格を落とすこととなった。そのことで鬱憤をつのらせた世嗣・権兵衛(蟹江敬三)は、忠利の一周忌の席上で髻を切り、捕縛されて斬首された。このことに怒った弟・弥五兵衛(佐藤浩市)ら一族は、屋敷に立てこもり、藩のさし向けた討手との死闘の末に全滅した。

森鴎外の作品『阿部一族』のドラマ化だが、この作品自体、元ネタ「阿部茶事談」があるので、史実とは異なっている。『阿部一族』と「阿部茶事談」では、権兵衛は斬首ではなく、縛り首で処刑された。また、史実では、権兵衛の処刑は阿部一族の立てこもり事件の後であった。

それ以上にちがっているのが、弥一右衛門の殉死と権兵衛の髻を切った事件とはそもそも関係がないことだ。弥一右衛門は、他の殉死者と同日に殉死しているので、命を惜しんだと言われるのが嫌で殉死したわけではない。「阿部茶事談」と『阿部一族』の創作なのだ。

当時、熊本藩は、財政難から「人へらし」や、家臣の収入の1/10を差し出させる「差出」など、リストラに着手していた。その過程で、権兵衛が代官職を罷免され、知行を兄弟に分割されたようなのだ。権兵衛は、髻を切った際、訴状を提出しており、これが新藩主への批判と見なされ、誅伐されたと考えられている。

これら一連の「仕打ち」を新藩主に献策した林外記(石橋蓮司)と、林の腰巾着で阿部一族を討つ段になって腰抜けぶりを曝した畑十太夫(六平直政)が、醜悪に描かれていた。

逆に、柄本(正しくは栖本)又七郎(真田広之)が、阿部一族に同情しつつも、弥五兵衛を討ち取り、カッコよく描かれていた。ちなみに、又七郎がドラマの最後で新藩主に言った「元亀天正のころは、城攻め野合せが朝夕の飯同様であった、阿部一族討ち取りなぞは茶の子の茶の子の朝茶の子じゃ」が「阿部茶事談」の表題の元になっている。

でもね。大きな戦いがなくなってしまい、林のような「能吏」が活躍し、「槍一筋」の阿部一族や又七郎が「お荷物」になっていくのは、時代の趨勢なんだよね。

2014.05.12 | ├ 歴史ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |